【説例の前提条件】 被相続人Aの不動産は下記のとおりです。相続人は妻Bと長男Cです。土地甲は妻B、土地乙は長男C、それ以外の財産は法定相続割合で分割することになっています。土地甲は居住用宅地等として、土地乙は貸付事業用として、それぞれ小規模宅地等の特例の適用を受けることができます。 (不動産) (不動産以外の財産) 相続税評価額 1億円 1. 小規模宅地等の特例の概要 ……

記事を見る