2018年 9月 の投稿一覧

生産緑地の相続税評価方法と農地等の納税猶予制度について

被相続人が所有している市街地農地は、生産緑地の指定がされていました。生産緑地である場合、一般的な宅地と比較して、その取扱いや評価方法に注意すべき点は何ですか。 1.評価の方法の概要 市街化区域内にある農地が生産緑地に指定されると、告示の日から30年間は原則として建築物の建築、宅地の造成等はできないとされています(生産緑地法8)。 このような生産緑地の価額は、行為制限の解除の前提となってい……

記事を見る

【基礎編】 相続税の土地評価⑤ ~ゼロから学ぶ初心者向け土地評価~

「土地評価は、税理士10人が計算すると10通りの計算結果が出る!??」 相続業務において、土地の評価は非常に複雑で難易度の高い業務と言われています。 路線価や財産評価基本通達などを用いて土地の評価を行うため、 理論上は誰がやっても同じ評価額になるはずです。 一方で、現地調査の有無、土地の定義、計算手法などによって、評価する人に……

記事を見る

財産評価基本通達によらず不動産鑑定評価で申告できる場合

 所有している自宅敷地の後ろ半分が急傾斜地となっており市場流通性が著しく低い状態です。路線価方式に基づいて評価すると、そのがけ地についての補正率は「0.73」となっていますが、専門業者による査定額よりも相続税評価額の方が高いと考えられます。 1. 不動産鑑定士の鑑定による評価の方法の概要  国税庁の財産評価基本通達においては、路線価方式や倍率方式といった評価方法が定められていま……

記事を見る

元・国税審判官が語る国税不服審判所とは

本記事では、国税不服審判所のHPに掲載されているパンフレット「審判所ってどんなところ? 国税不服審判所の扱う審査請求のあらまし」(平成29年8月)に記載されている内容について、税理士法人チェスター審査部部長 大橋 誠一が、国税審判官を経験し感じたことを解説いたします。 1.国税不服審判所の役割 国税不服審判所は税務行政部内における公正な第三者的機関として、適正かつ迅速な事件処理を通じて……

記事を見る

精度の高い申告書を作る方法とは?

相続申告業務は法人税や所得税と違って、亡くなった方の総決算となり、たった1度の申告となりますのでチェックする項目は多くなります。 それを会計事務所側が漏らしてしまうと、クライアントから損害賠償の請求や税務調査で指摘をされて、お客様がペナルティを受けてしまうといったリスクが発生する可能性があります。 そういったリスクを避けるには、担当者が作成した申告書であっても論点を網羅的に漏らさず確認……

記事を見る

市街地農地・市街地山林・市街地原野の相続税評価

 評価対象地は市街化区域にある農地や山林、そして原野です。路線価が付された道路よりも低い位置に所在しています。この場合の土地の評価方法はどうなりますか。 1. 市街地農地等の評価方法の概要  市街化区域にある農地、山林、原野(以下、あわせて「市街地農地等」といいます)の評価は、宅地比準方式により評価します。  宅地比準方式とは、その農地等が宅地であるとした場合の価額からその農……

記事を見る

第18回相続実務セミナー

第18回相続実務セミナー 国際相続 ~知っていれば怖くない国際相続の基礎知識~ 今すぐにセミナーに参加する 国際相続は、近年の海外投資、海外赴任、 国際結婚などの増加により身近な問題となっているほか、 税務当局の調査においても注視されてきています。 本セミナーでは、税理士が、国際相続に関する相談に……

記事を見る

都市計画道路予定地の区域内にある宅地の評価

 評価対象地Aは、甲市が新設道路の開設を計画している都市計画道路予定地の区域内に所在しています。課税時期において、この新設道路計画はすでに都市計画の事業決定が終了している段階です。 1. 都市計画道路予定地の区域内となる部分を有する宅地の評価方法の概要  都市計画道路予定地の区域内となる部分を有する宅地の価額は、その宅地のうち都市計画道路予定地の区域内となる部分が都市計画道路予定地……

記事を見る