2018年 8月 の投稿一覧

事例で解説!セットバック(SB)を必要とする宅地の評価

 評価対象地Aは建築基準法第42条2項に規定されている道路(道路幅員2m)に接道しています。また評価対象地Bについてはすでにセットバックが完了しています。 1. セットバックを必要とする宅地の評価方法の概要  建築基準法第42条2項に規定する道路に面しており、将来、建物の建替え時等に同法の規定に基づき道路敷きとして提供しなければならない部分を有する宅地の価額は、その宅地について……

記事を見る

第17回相続実務セミナー開催のお知らせ

2018/9/26(水)に第17回相続実務セミナーを開催いたします。 詳細は下記になります。 【 第17回相続実務セミナー 】 【基礎編】相続税の土地評価⑦ ~ゼロから学ぶ初心者向け土地評価~ 相続税の土地評価業務は 相続税業務で最も重要な一つです。 相続案件をするならば避けて通れません。 しかしながら土地の形状や権利関係は多種多様で、 評価する税理士……

記事を見る

金融資産の申告漏れは何故起きるのか?

相続税の税務調査が行われると約8割の方が申告漏れを指摘され、そのうち半分が金融資産の申告漏れとなっています。 その金融資産の申告漏れの原因は「名義預金・名義株」と呼ばれる財産の存在です。 本DVDは、このような名義預金・名義株が被相続人に帰属するのか、名義人に帰属するのかの判断基準をこれまでの経験や裁判例・裁決例を通じて明らかにし、実務(申告書を作成する、及び、税務調査時に対応する)を……

記事を見る

聞きたくても聞けない税務署の裏事情

裏情報ともいえる税務署の判断方法は 直接税務署の内部の方に聞くしかありません。 ただ、彼らは守秘義務がありますので 外部の税理士が税務署内部の情報を手に入れることは困難 周りに税務署に精通した知り合いがいない。 アポを取ろうにもどこにお話をもっていったらいいのかわからない。 このようにお悩みの先生のために、税理士法人チェスター代表荒巻が国税OBの松林先生から……

記事を見る

農用地区域内又は市街化調整区域内に在する農業用施設用地の評価

 評価対象地Aは農用地区域内に所在しており農業用施設用地として利用されています。評価対象地周辺は開発行為や建築物の建築等による土地の利用が制限されており、その用途が農業用に限定されています。 付近の農地の1㎡当たりの固定資産税評価額 200円 農地としての評価倍率 30倍 宅地転用に要する1㎡当たりの宅地造成費 1,800円 地積 5……

記事を見る

埋蔵文化財包蔵地の土地

所有する土地は、古墳が点在する地域にあります。 1. 埋蔵文化財包蔵地の土地の評価方法の概要 文化財保護法第93条では、以下のように規定されています。 土木工事その他埋蔵文化財の調査以外の目的で、貝づか、古墳その他埋蔵文化財を包蔵する土地として周知されている土地(以下「周知の埋蔵文化財包蔵地」という。)を発掘しようとする場合には、文部科学省令の定める事項を記載……

記事を見る

認知症対策に法人化を提案してみませんか

認知症が社会的な問題となっており、土地を持つお客様がどのような問題点を抱えることになるかお考えになったことはございますか。 認知症対策を含む相続税の節税のため、どのような対策を行えばよいか、相続の専門家である木下勇人講師にご解説頂いたDVD「不動産法人化スキームの疑問を解説!」の一部をご紹介いたします。 1.認知症における問題点 お客様が突然、認知症となってしまい、前日のことを覚えて……

記事を見る

第17回相続実務セミナー

第17回相続実務セミナー 【基礎編】相続税の土地評価⑦ ~ゼロから学ぶ初心者向け土地評価~ 今すぐにセミナーに参加する 相続税の土地評価業務は相続税業務で最も重要な一つです。 相続案件をするならば避けて通れません。 しかしながら土地の形状や権利関係は多種多様で、 評価する税理士によって……

記事を見る

文化財建造物である家屋又は構築物の敷地の用に供されている土地の評価

 評価対象地には、文化財保護法に規定する登録有形文化財に指定されている建物が存在します。当該法令指定後は、所有者の意思で建造物の現状を変更することはできません。それに従い、その建造物の敷地も利用が制約されます。 1. 文化財建造物の敷地の用に供されている土地の評価方法の概要  文化財建造物は、地方公共団体や各教育委員会が文化庁長官から委任を受けて、文化財建造物についての事務管理……

記事を見る

【基礎編】 相続税の土地評価④ ~ゼロから学ぶ初心者向け土地評価~

「土地評価は、税理士10人が計算すると10通りの計算結果が出る!??」 相続業務において、土地の評価は非常に複雑で難易度の高い業務と言われています。 路線価や財産評価基本通達などを用いて土地の評価を行うため、 理論上は誰がやっても同じ評価額になるはずです。 一方で、現地調査の有無、土地の定義、計算手法などによって、評価する人に……

記事を見る

チェスターが社内研修で使用する相続実務相談事例集 Vol.1

相続税の専門家集団チェスター職員でも判断に迷った難解事例その解決策をお伝えします ~税理士法人チェスター審査部監修 チェスターが社内研修で使用する相続実務相談事例集~ 税理士法人チェスターでは、相続税専門の税理士法人として、開業以来10年間で 3,200件超(平成29年12月時点)の相続税申告のお手伝いをさせていただいており……

記事を見る

相続税専門のスタッフでも迷ってしまう難解事例

税理士法人チェスターでは、相続税専門の税理士法人として、開業以来10年間で 3,200件超(平成29年12月時点)の相続税申告のお手伝いをさせていただいており、 相続税専門スタッフとして経験を積んだ熟練のスタッフも多数在籍しております。 しかし、そのような熟練したスタッフでも判断に迷う事例は多数あります。 税理士法人チェスターには、 そのような事例を専門的に取り扱う「審査部」とい……

記事を見る

広大地の評価パーフェクトガイド

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※  評価対象地は周辺の土地に比べて著しく地積が大きく、課税時期において駐車場用地として利用しています。また、近年この周辺は一戸建て住宅の開発が多く見受けられます。 1. 広大地の評価方法の概要  広大地の評価については、財……

記事を見る