2017年 10月 の投稿一覧

香典は相続財産ではない分割対象外かつ相続税の計算対象外

通夜や葬儀の際に、参列者の方が包む香典。亡くなった人の霊前に供えることもあり、「香典は故人本人のものなのか」「そうであれば、相続財産として扱うのか」というような疑問を持つ場合もあるでしょう。 ただでさえ揉め事になりやすい相続の問題ですから、しっかりと把握しておきたいところです。 この記事では ・香典が誰のものなのか ・どのような取り扱いをすれば良いのか を解説し、香典に……

記事を見る

「中心的な同族株主」の範囲

上場していない株式会社の場合、中心的な同族株主がいるかいないかで、株式の評価方式は大きく異なります。そのため、まずは自社が中心的な同族株主のいる会社なのかどうかを判断する必要があります。 そこで今回は、中心的な同族株主とその範囲についてご紹介します。 1.「中心的な同族株主」とは 中心的な同族株主は、同族株主がいる会社かどうかで意味合いが変わります。 同族株主がいるかどうかは、……

記事を見る

相続税が払えない場合の4つの対応方法

「父が急に亡くなって相続税が必要になったが、現金がなくて払えない…」 そんなとき、あなたはどう対処しますか? そんな状況を切り抜けるために、4つの対応方法をご紹介します。 相続税の大前提や知っておきたい注意点もまとめていますので、ぜひ参考にしてください。 1.相続税の納付は10カ月以内に現金一括納付が原則 相続税は相続発生を知った翌日から10カ月以内に現金一括納付することが原則とされ……

記事を見る

死亡退職金は相続税の課税対象!死亡退職金の範囲と判断方法について

退職時に退職金を支払う制度のある企業の場合、在職中に亡くなった従業員に死亡退職金を支払うことがあります。 本来受け取る従業員は亡くなっていますので、遺族が受け取る形となりますが、この死亡退職金は生命保険等と同様にみなし相続財産となり、相続税の課税対象となります。 死亡退職金と相続税の関係や、死亡退職金の範囲や判断基準などについてご説明します。 1.死亡退職金と相続税 1-1.みなし……

記事を見る

雇用主が負担している生命保険に係る税金の種類とは

法人契約の生命保険を遺族が受け取った場合、その保険金は相続税の課税対象なのでしょうか? 相続の定義は「死亡による個人から個人への財産の無償移転」、贈与は「生前における個人から個人への税産の無償移転」です。 つまり、個人間での無償移転に関して相続税や贈与税が課税されるということになります。 個人契約の生命保険であれば、個人間という判断をすることができますが、法人契約の場合、法人(雇用主……

記事を見る

弔慰金の非課税規定で使用する「業務上の死亡」の判定基準

弔慰金とは、亡くなった人を弔い、遺された遺族を慰める意味で遺族に渡される金銭を言います。 遺族に渡されるお金なので、そもそも相続財産ではありません。 しかし、会社などから受け取った弔慰金はその金額などによっては死亡退職金と判断されるケースがあります。 弔慰金であれば相続税の課税対象とはなりませんが、死亡退職金と判断された場合には、みなし相続財産となり相続税の課税対象となります。 今回は……

記事を見る

相続税法における「扶養義務者」

扶養義務者とは、対象となる被扶養者の扶養義務をもつ人を言います。 扶養とは、ご自身で生活していくことが難しい状態にある人を援助する行為を言い、所得税の扶養控除などは身近な言葉ではないでしょうか? しかし、相続税・所得税・社会保険とおなじ「扶養」という言葉でも、意味や範囲が異なることはご存知ですか? 今回は、相続税における扶養義務者の範囲についてご紹介します。 1.相続税法における「扶養……

記事を見る

相続税法における「住所」とは「生活の本拠」

相続税法では、住所により納税義務の範囲や納税地に関してなど、とても重要な意味を持っています。 住所と一概に言われても、本籍地なのか、住民票に記載されている住所なのか、現在住んでいる場所なのか判断が迷う場合もあります。 そこで今回は、相続税法における住所の定義をご説明します。 1.相続税法における「住所」とは「生活の本拠」 相続税法上の「住所」に含まれるもので、最も重要視される点は納税義……

記事を見る

相続税の計算で控除できる4つの葬式費用

被相続人が亡くなると、当然、お葬式を行います。このお葬式に係る費用には、相続税の控除対象となる費用があります。 今回の記事では、葬式費用として控除の対象となるもの、控除の対象とならないものについてご紹介させていただきます。 1.相続税の計算で「葬式費用」は控除可能 葬式費用は被相続人の死亡によって発生する費用となり、相続財産から支払われるものとなります。そのため、相続税の計算をする際には……

記事を見る

契約者貸付を利用している場合の生命保険の課税対象価額は?

生命保険には保険の種類によっては、解約返戻金の一部を貸付する契約者貸付という制度があるものがあります。 急にお金が必要になった時に、生命保険を解約せずに解約返戻金の一定額までであれば借りることができる制度となり、利用を検討される方も多いのではないでしょうか? 契約者貸付は保険会社からの借入という扱いになりますので、当然、返済の必要があります。 相続税では債務も相続財産に含まれます。 では、……

記事を見る

生命保険の剰余金や前納保険料は相続税の課税対象となるか

被相続人が亡くなったことによって発生する保険金はみなし相続財産として相続税の課税対象となります。 この保険金を受取る際に、剰余金や前納保険料を受け取るケースがあります。 剰余金や前納保険料を受け取った場合、それらはすべて相続税の課税対象となるのでしょうか? 1.剰余金とは 生命保険等の保険料は、予定死亡率・予定利率・予定事業費率という3種類の予定率を元に計算されます。 予定率というく……

記事を見る

相続人が重国籍の場合の相続税の納税義務の範囲について

亡くなった人(被相続人)の財産を受け継いだ場合、その財産には相続税が課税されます。 相続税の課税対象となる財産の範囲は、亡くなった人や財産を受け継ぐ相続人の国籍や住所によってその範囲が異なります。 もし、相続人が日本国籍と外国国籍を所有している重国籍の場合、相続税の納税義務の範囲はどのようになるのでしょうか?平成30年度税制改正を踏まえた相続税法規定の相続税(贈与税)の納税義務者についてご説明……

記事を見る

自社株式の相続税評価の方法を解説

上場株式と違い、非上場の自社株式は時価が存在しないため、税務上、自社株式の相続税評価の方法が決められています。自己株式の評価方法は、会社規模などによって違いがあります。そこで、自社株式の相続税評価の方法をまとめました。 1.自社株式の相続税評価の方法は大きく3つ 引用:国税庁HP 会社規模によって、自社株式の相続税評価の評価方法が異なります。従業員数が70人を超えるか、純資産価額や直……

記事を見る

貸宅地・貸家建付地・自用地へ通ずる私道の相続税評価

下図のように、自用地や貸家建付地や貸宅地に通ずる私道の相続税評価を行う際には、自用地が使っている私道部分と貸家建付地が使っている私道部分と貸宅地が使っている私道部分にそれぞれ地積按分を行い、借地権割合及び借家権割合を考慮します。 【計算式】 以下の➀~➂の合計額が私道の相続税評価額となります。 ➀ 私道評価額 × 貸宅地地積(B+……

記事を見る