2017年 3月 の投稿一覧

広大地評価における「公共公益的施設用地」とは?

広大地評価における「公共公益的施設用地」とは?

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 相続した土地が著しく広い場合、広大地として評価される要件の一つに、「公共公益的施設用地の負担の必要性」があります。公共的公益的施設用地とは何か、また、認められるケースや認められないケースについて、解説していきます。 1.広大地評価における「公共公益的施設用地……

記事を見る

小規模宅地等の特例の限度面積を徹底解説

小規模宅地等の特例の限度面積を徹底解説

小規模宅地等の特例の限度面積は、その土地の利用目的によって異なり、減額割合も違ってきます。実際にどれくらい相続税が減額されるのか、最も一般的な住宅用の土地を相続した場合でその計算方法を解説します。また、複数の土地を相続する場合の限度面積や限度額の求め方についても例を挙げてみてみます。 1.小規模宅地等の特例における限度面積の算式を理解する 定められた限度面積まで相続税が一定の割合で減額される小……

記事を見る

小規模宅地等の特例を併用する場合の計算方法とパターン

小規模宅地等の特例を併用する場合の計算方法とパターン

小規模宅地等の特例は併用して利用することができます。併用する際はどの宅地を優先させるかで限度面積の計算方法に違いがあり、場合によっては相続税の減額割合にも大きな差が生じるため注意が必要です。小規模宅地等の特例の併用パターンによる計算方法の具体例を挙げて解説します。 1.小規模宅地等の特例を併用する場合の限度面積の計算方法 小規模宅地等の特例とは、相続開始の直前まで被相続人等の事業用または居住用……

記事を見る

雑種地相続税評価の具体的な方法を税理士が解説

雑種地相続税評価の具体的な方法を税理士が解説

雑種地は、付近の似ている土地の評価を基に評価する近傍地批准価額方式で評価を行います。その雑種地がどの地域にあるかで評価額が大きく異なるため、評価が難しい地目でもあります。ここでは、雑種地の相続税評価について詳しくご説明します。 1.相続税上の雑種地の定義 財産評価の指針では雑種地は、「地、田、畑、山林、原野、牧場、池沼、鉱泉地のどれにも当てはまらない土地」と定義されています。雑種地という名前の……

記事を見る

増改築(リフォーム等)をした場合の相続税評価について

増改築(リフォーム等)をした場合の相続税評価について

相続によって取得する家屋が、最近リフォームやリノベーションを含む増改築がおこなわれているものであれば、相続税評価の際に注意が必要です。どのような点を確認しておくべきかを含め、増改築を実施した家屋等の相続税評価について解説していきましょう。 1.増改築(リフォーム等)をした場合の相続税評価について 1-1.家屋の相続税評価における原則 相続税評価において、家屋の財産評価額は、固定資産税評価額を……

記事を見る

仮装隠蔽があった場合には配偶者の税額軽減が適用できない

仮装隠蔽があった場合には配偶者の税額軽減が適用できない

本来申告しなければならない額よりも少なく見積もって申告を行った場合、事実が明らかになれば過少申告加算税などの税金が加算される場合があります。相続税の場合は、税金によるペナルティだけでなく、配偶者の税額軽減が適用できないということもあります。 1.仮装隠蔽があった場合には配偶者の税額軽減が適用できない 相続税の計算では、被相続人、つまり亡くなった人の配偶者に限り、配偶者の税額軽減を適用することが……

記事を見る

生命保険金(死亡保険金)の相続税非課税額の具体的計算方法

生命保険金(死亡保険金)の相続税非課税額の具体的計算方法

被相続人の死亡によって生命保険などの死亡保険金を受け取った場合は相続税の対象となります。しかし、全額が相続税として課税されるわけではありません。生命保険の場合、非課税限度額が設けられています。非課税限度額が適用されるのはどのような場合か、どのように計算するのかを見ていきましょう。 1.生命保険金(死亡保険金)は”500万円×相続人の数”まで非課税 生命保険や損害保険など、被相続人が亡くなること……

記事を見る

未分割(遺産分割が整わない状態)での相続税申告の注意点

未分割(遺産分割が整わない状態)での相続税申告の注意点

誰がどのくらい相続するかという相続の問題はトラブルに発展しやすい事項です。遺書によって円滑に相続が行われれば問題ありませんが、相続税の申告時期になっても分割が完了していないというケースもあります。未分割で相続税を申告する場合の注意点について確認してみましょう。 1.未分割(遺産分割が整わない状態)でも、相続税申告は必要 相続税の申告期限は、被相続人が亡くなったことを知った日の翌日より10か月で……

記事を見る

退職手当金にかかる相続税は”500万円×相続人数”まで非課税

退職手当金にかかる相続税は”500万円×相続人数”まで非課税

相続をする場合、退職手当金を受け取るケースもあるでしょう。退職手当金等に該当する場合は、相続財産にカウントされますが、全てに対して課税される訳ではありません。退職手当等には非課税枠が設けられています。非課税枠の考え方について、例を交えながら確認してみましょう。 1.相続財産とみなされる退職手当金等 被相続人が受け取る権利のあった退職手当等は相続財産とみなされます。ここで注目したいのが退職手当等……

記事を見る

大規模工場用地の相続税評価

大規模工場用地の相続税評価

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 大規模工場用地とは、一団の工場用地で地積が5万㎡以上の土地のこと。5万㎡といえば200m×250m、東京ドームに換算すると約1.06個分なので、ほぼ同じ大きさになります。今回は大規模工場用地の評価の方法について見ていきましょう。 1.大規模工場用地とは? ……

記事を見る

相続税の物納を分かりやすく解説

相続税の物納を分かりやすく解説

相続税は金銭で支払うものと思っている人も多いかもしれません。原則としてはその通りですが、状況によっては物納も認められています。物納が可能となる4つの要件や、物納が可能な資産についてご紹介していきましょう。 1.相続税の物納とは 物納とは、金銭の代わりに国債や不動産など、金銭以外の資産で相続税を納付する方法のことです。相続税は原則として金銭で納めるものですし、納付期限までに納められない場合には延……

記事を見る

相続税の課税対象となる「名義株式」の確認方法

相続税の課税対象となる「名義株式」の確認方法

「名義株式」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。株主の名前と実際に出資した人が異なる株式のことで、相続税の対象となります。なぜ相続税の対象となるのか、名義株式であるかどうかの確認方法や対処方法についてご説明しましょう。 1.「名義株式」とは? 名義株式とは、名義上の株主と、金銭を出して株式を購入した人が異なる状態のことです。通常、金銭を出して株式を購入した人が株式の名義人となり、株主名義に……

記事を見る

オーナー貸付金の相続税評価

オーナー貸付金の相続税評価

会社のオーナーである社長が自身の会社に貸し付けた金銭をオーナー貸付金と言います。注意したいのが、オーナー貸付金がある状態のまま、相続が起きた場合です。相続では、貸付金の金額がそのまま評価の対象になってしまうためです。 1.オーナー貸付金の相続税評価方法 国税庁の財産評価基本通達によりますと、貸付金の評価においては、被相続人が貸したお金に加え、被相続人が亡くなるまでに受け取るはずだった分も含めた……

記事を見る

「類似業種比準価額方式」による非上場株式の相続税評価方法

「類似業種比準価額方式」による非上場株式の相続税評価方法

非上場株式の相続税評価を行う場合、市場価格がないため、別途株価評価を行わなければなりません。その評価方法のひとつが類似業種比準価額方式で、同族株主の場合に用いられる方法です。類似業種比準価額方式による非上場株式の相続税評価方法および平成29年より改正されたポイントについて解説します。 1.「類似業種比準価額方式」とは 類似業種比準価額方式とは、取引相場のない非上場株式の評価額を算出するために、……

記事を見る

相続税申告書提出の際に必要な添付資料一覧

相続税申告書提出の際に必要な添付資料一覧

財産を相続した際、受け取った財産の合計額が基礎控除額を超えるような場合には、相続税を納めなければなりません。もし、期限内に支払うことができない、添付資料に不足があって納税額に修正が必要になる、といった場合には重いペナルティが課されます。そこで今回は、相続税申告書に必要な添付資料について見ていきましょう。 1.相続税申告書提出の際に必要な添付資料一覧 1-1.一般の場合に必要な書類 ここでいう……

記事を見る

文化財建造物である家屋の相続税評価

文化財建造物である家屋の相続税評価

相続する家屋が文化財建造物である場合、相続税の評価はどのようになるのでしょうか。固定資産税評価額の有無によっても計算方法は異なります。文化財建造物の定義から具体的な計算方法まで、順番にご紹介しましょう。 1.文化財建造物である家屋の相続税評価 1-1.文化財建造物である家屋とは 文化財建造物である家屋とは、文部科学省や地方自治体によって「文化財建造物である」と指定された家屋のことです。歴史的……

記事を見る

「医療法人の出資持分」の相続税評価

「医療法人の出資持分」の相続税評価

医療法人の出資持分については、持分が定款で定められている場合、相続税評価の対象です。基本的には取引相場のない株式と同様に評価が行われますが、医療法人には配当が認められていないという点で細かい点で評価方法が異なります。医療法人の出資持分の評価方法について解説します。 1.「医療法人の出資持分」の種類とその相続税評価方法について 医療法人は、複数の人の出資により設立される「社団医療法人」と個人や法……

記事を見る

縄延び・縄縮みがある土地の相続税評価方法

土地の相続税評価で「縄延び」・「縄縮み」という言葉を聞いたことがありますか?「縄延び」・「縄縮み」とは、どういう土地の状態を指しているのでしょうか?今回は「縄延び」・「縄縮み」の意味と「縄延び」・「縄縮み」している土地の相続税評価方法について解説します。 1.「縄延び」・「縄縮み」とは? 登記簿に記載されている土地の表示についての登記事項のなかにある「地積」は、公募面積を表しています。この公募……

記事を見る

相続税評価における「一団の雑種地」の判断基準

相続税評価における「一団の雑種地」の判断基準

正しい土地価格を算定するには、評価単位を正しく判定することが不可欠です。原則、宅地、田などの地目の区分に応じて評価しますが、実際には様々なケースが存在します。そこで、今回は雑種地を評価する際の単位である「一団の雑種地」について解説します。「一団の雑種地」には、どのような判定基準があるのでしょうか。 1.「一団の雑種地」とは? 雑種地とは、不動産登記上で区分されている宅地、田、畑などのどの地目に……

記事を見る

広大地の相続税評価において「三大都市圏」とは

広大地の相続税評価において「三大都市圏」とは

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 広大地と判定された土地は相続税が減税されるなど、節税効果が大きくなります。ただ、広大地が適用される面積は、その土地が三大都市圏にあるかどうかによって変わってきます。ここでは、それぞれの都市圏で広大地評価の面積基準が500㎡以上になる地域を挙げておくので、判定の……

記事を見る

広大地の相続税評価において「著しく地積が広大」とは

広大地の相続税評価において「著しく地積が広大」とは

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 評価対象の土地が広大地に当てはまるかどうかは、目安となる地積が示されていますが、たとえこの基準面積より小さくても、周辺の標準的な住宅に比べ「著しく地積が広大」なら広大地が適用されます。今回は「著しく地積が広大」と判断するための具体的な判断基準について見ていきま……

記事を見る

広大地の相続税評価における「その地域」とは

広大地の相続税評価における「その地域」とは

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 広大地とは、その地域における標準的な宅地の地積に比べて著しく地積が広大な宅地のことです。評価の際にその地域の標準的な宅地面積と比較をしますが、「その地域」とは、どのあたりまでを含むのでしょうか?広大地の定義にある「その地域」について見ていきましょう。 1.広……

記事を見る

公開途上にある株式の相続税評価方法

公開途上にある株式の相続税評価方法

株式を証券取引所などに新しく上場することを株式の公開と言いますが、株式を公開する途中で被相続人が亡くなった場合相続税はどのように評価すべきなのでしょうか。公募又は売り出しが行われる場合と行われない場合に分けて評価方法を確認してみましょう。 1.公開途上にある株式の相続税評価(公募又は売り出しが行われる場合) 公募とは新しく株を発行して一般で購入してもらい会社の資金を増やすことです。一方、売り出……

記事を見る

相続税で使用する基準年利率について解説

相続税で使用する基準年利率について解説

相続税の評価において、市場での評価が難しい財産では、客観的な判断のため、基準年利率を割り出したうえで、評価に必要となる複利年金原価率などを確認することがあります。それでは、そもそも基準年利率とはなんなのか。基準年利率の考え方と実際に評価で利用されるケースについて解説していきます。 1.基準年利率とは? 基準年利率は、相続税の計算などで基準となる利率のことです。日本証券業協会によって公表されてい……

記事を見る

転借権の意味と相続税評価の方法

転借権の意味と相続税評価の方法

人から借りた物を第三者に貸す、いわゆる「また貸し」のことを転貸借といいます。転借権とは、また貸しされた人の権利のこと。たとえば自分が住んでいる土地がまた貸し状態で、自分名義でなくても、土地を長く利用しているというその権利に対し相続税が発生するのです。今回はこうした転借権と、その相続税評価について見ていきましょう。 1.転借権とは? 1-1.転貸借、転借権とは? 元の持ち主AからBが借りた土地……

記事を見る

転貸借地権の意味と相続税評価の方法

転貸借地権の意味と相続税評価の方法

借地権をさらに他の人に賃借した場合の評価方法はどうなるのでしょうか。地主、借地権者間だけでなく、第三者と人物が増えてくると、だれがどの権利を有しているか、また、それぞれの権利の評価方法をしっかりと確認しておく必要があります。今回は、転貸借地権と転貸借地権の相続制評価の方法について解説します。 1.転貸借地権とは? 転貸借地権とは、例を挙げると、地主Aさんから土地を借りた借地権者Bさんが建物を建……

記事を見る

高低差がある土地の相続税評価を10%減額する判断

高低差がある土地の相続税評価を10%減額する判断

相続の対象となる土地に著しく高低差がある場合には、その相続税評価額を減額することができます。本ルールを適用できるのはどのような場合なのか、その根拠となる事項や、適否の判断を下す際に参考とできる判決事例を紹介していきましょう。 1.土地に高低差がある場合に相続税評価を減額する根拠 著しく高低差がある土地の評価方法について、国税庁のホームページ内にある「タックスアンサー」のNo.4617で、その根……

記事を見る

税務署が相続発生の事実を知っている理由は相続税法58条にあり

税務署が相続発生の事実を知っている理由は相続税法58条にあり

所轄税務署が、特定の人が亡くなったことにより、遺産相続が発生する事実を速やかに知りえている背景には、明確な法的根拠があります。具体的に相続税法における該当条文の内容を確認しながら、関連する注意事項についても併せて紹介していきましょう。 1.市区町村役場が税務署に相続の情報を知らせる義務が相続税法58条 相続税法の第七章「雑則」において、第58条として「市町村長等の通知」といった項目があります。……

記事を見る

相続税の非課税財産(相続税法12条)について解説

相続税の非課税財産(相続税法12条)について解説

相続税では、すべての財産が課税の対象となる訳ではありません。一部課税の対象外として認められている財産があります。非課税財産となるのは、相続税法12条に定められた6つの財産。それぞれの財産の内容や注意点を確認してみましょう。 1.相続税法12条には6つの非課税財産がある 相続税法12条では、相続税の非課税財産ということで、6つの財産が記載されています。該当する財産は、皇位継承で皇嗣が受けたもの、……

記事を見る

書面によらない贈与について知っておきたいこと

書面によらない贈与について知っておきたいこと

贈与を行う場合、将来のトラブルを避けるために書面を作成するというのが一般的かと考えられます。しかし、必ずしも書面によって契約を行う必要はなく、贈与では書面によらないものも認められています。書面によらない贈与の考え方と、法的な解釈を見ていきましょう。 1.書面によらない贈与とは? 贈与とは基本的に、贈与をする側、贈与をされる側が生きているうちに、無償で財産の受け渡しがあることです。贈与では、給与……

記事を見る

相続税から控除できる確実と認められる債務を解説

相続税から控除できる確実と認められる債務を解説

相続税の計算では、遺産総額から直接差し引くことが認められているものがあります。遺産総額から控除可能なものは、「葬式費用」と「債務」の2つです。しかしながら、「債務」については明確な提示がないのが現状。相続税の計算における「債務」はなにを指すのか、具体例を交えながら解説していきます。 1.確実と認められる債務とは? 相続税の計算では、遺産総額から葬式費用と「債務」の控除を行えるとされていますが、……

記事を見る

遺言執行費用は相続税からも遺留分からも債務控除できない

遺言執行費用は相続税からも遺留分からも債務控除できない

遺言執行費用の取り扱いについて、相続税の計算上、相続財産からの債務控除ができるかどうか、遺留分との関係はどうなるのかといった点について確認していきます。関連条文も合わせて紹介していきますので、条文内容を確認・理解することで、遺言執行費用の取り扱いに関する疑問点を整理していきましょう。 1.遺言執行費用は相続税から債務控除できない 遺言執行費用には、相続財産の管理費用や相続財産目録の作成にかかる……

記事を見る

無限責任社員の借金等は債務控除できる

無限責任社員の借金等は債務控除できる

債務超過に陥っている合名会社および合資会社の無限責任社員が亡くなった場合、本来、その社員が負担すべきであった債務は、相続時にどのように扱ったらよいのでしょうか。国税庁の公式ホームページ上にある事例を含めて紹介していきましょう。 1.無限責任社員の借金等は債務控除できる 相続税法第13条第1項に基づき、相続開始時に被相続人の債務が存在していれば、相続の対象となる財産価額から控除することができます……

記事を見る

前受家賃は相続税の債務控除の対象とはならない

前受家賃は相続税の債務控除の対象とはならない

被相続人が賃貸物件を経営していた場合、前月に当月家賃を振り込むよう賃借人と契約を結ぶことは少なくありません。これを前受家賃といいますが、万一家賃を受け取った後、対象月になる前に死亡した場合、相続人は前受家賃をもらった状態で相続することになります。この場合、前受家賃は債務控除の対象となるのでしょうか。 1.前受家賃は相続税の債務控除の対象とはならない たとえ前受家賃を受け取っていたとしても、相続……

記事を見る

破産者がいる場合の相続手続きで知っておきたいこと

破産者がいる場合の相続手続きで知っておきたいこと

相続手続きには、相続人間で遺産分割協議をしてから遺産分割協議書を作るという面倒ですが重要な手続きがあります。万が一、相続人のなかに破産者がいる場合は、この手続きがさらに複雑化する可能性があるため注意が必要です。ここでは破産者がいる場合の相続手続きについて知っておきたいポイントをご説明します。 1.破産者がいる場合の相続手続きで知っておきたいこと 破産者にも遺産を相続する権利はあります。ただし、……

記事を見る

相続で知っておきたい特別縁故者の基礎知識

相続で知っておきたい特別縁故者の基礎知識

法定相続人がいない場合には、財産は国庫へ納められることになります。相続権がなくても、被相続人と特別に密接な関係にあった人は、特別縁故者として認められると、財産を相続することができます。特別縁故者の条件や手続き方法などについてまとめました。 1.特別縁故者になることができる条件は3種類 相続人がいない場合には、家庭裁判所への請求が認められると、被相続人と特別な関係にあった人が特別縁故者として、遺……

記事を見る

「生計を一にする」の定義(所得税・相続税)

「生計を一にする」の定義(所得税・相続税)

税法では、「生計を一にする」という言葉が使われることがありますが、どういった意味で用いられているのでしょうか。また、所得税や相続税において、「生計を一にする」が使われるケースについて、解説していきます。 1.「生計を一にする」という言葉の税法上の意味 税法上、生計を一にするとは、納税者と生計を同一にしていることをいい、必ずしも同居は要件ではありません。 就業や就学、療養上の都合で、日常的……

記事を見る

団体信用生命保険がある場合の相続税の注意論点

団体信用生命保険がある場合の相続税の注意論点

マイホームを購入するとき、住宅ローンを借り入れる場合には、団体信用生命保険に加入することが一般的です。住宅ローンの借り入れ期間中に債務者が亡くなったら、相続税はどうなるのでしょうか。団体信用生命保険の保険金は相続税の対象となるのか、あるいは、住宅ローンは債務控除できるのか、解説していきます。 1.団体信用生命保険がある場合の相続税の注意論点 1-1.相続税の対象にはなりません 住宅ローンを借……

記事を見る

相続開始前3年以内に取得した土地建物がある場合の自社株評価の注意点

相続開始前3年以内に取得した土地建物がある場合の自社株評価の注意点

非上場株式の自社株の相続税評価で、純資産価額方式を採用する際には、相続開始前3年以内に取得した土地建物の扱いは不利になります。自社株の評価に関わる相続開始前3年以内に取得した不動産の評価について、貸付地や貸家建付地の場合を含めて解説していきます。 1.相続開始前3年以内に取得した土地建物は純資産価額方式で時価評価されてしまう 1-1.純資産価額方式での土地や建物の評価方法とは 取引相場のない……

記事を見る

構築物の相続税評価を条文で確認しながら解説

構築物の相続税評価を条文で確認しながら解説

土地の上に作られた有形固定資産には「建物」「建物付属設備」「構築物」などがあります。そのうち「構築物」は建物以外の工作物のことをいい、具体的には塀や庭園、広告塔、舗装路面などを指します。今回は「小規模宅地の特例」にも絡んでくる構築物について見ていきましょう。 1.構築物の相続税評価を示した条文 1-1.構築物とは? 会計用語としての構築物は、「土地の上に建てられた建物以外の工作物」で「建物に……

記事を見る