2017年 2月 の投稿一覧

定期借家契約をしている建物の相続税評価

定期借家契約をしている建物の相続税評価

一般的な借家の契約では、特段の期間の定めを設けずに契約を締結することになりますが、そこに期間などの制約が加わるのが定期借家契約です。定期借家契約を行った場合、相続税の評価はどのように行われるのか確認してみましょう。 1.「定期借家契約」とは? 通常の賃貸物件の場合、2年ごとに更新していくというパターンが多いかと思います。この更新していく形の賃貸契約は一般的な借家契約であって、貸主の正当な理由が……

記事を見る

公開空地のある宅地の相続税評価方法

公開空地のある宅地の相続税評価方法

ビルやマンションの敷地内にある誰もが自由に使えるスペース、それが公開空地です。所有者以外が自由に利用できるのだから、相続税でしんしゃくの対象になるのではないかと考える人もいらっしゃることでしょう。公開空地の定義やその確認方法、相続税における評価についてご紹介していきます。 1.公開空地とは? 公開空地とは、ビルやマンションの中にある私有地の一部でありながら、近隣住民も自由に出入りすることのでき……

記事を見る

広大地評価における「マンション適地」の判断基準

広大地評価における「マンション適地」の判断基準

相続した土地がその地域の一般的な宅地よりも著しく広いとき、広大地と評価されると相続税が軽減されます。広大地評価を受けるためには、「マンション適地」に該当しないことも要件の一つです。「マンション適地」とは何か、また、「マンション適地」とみなされるケースの判断基準について解説していきます。 1.広大地評価における「マンション適地」とは? 広大地の評価での除外要件の一つに、「中高層の集合住宅等の敷地……

記事を見る

私道の相続税評価で貸宅地評価が可能な場合

私道の相続税評価で貸宅地評価が可能な場合

宅地の中を通る私道部分は、相続税評価の軽減が受けられます。また、貸宅地や貸家建付地としての評価と併用することが可能です。そこで、私道の相続税評価で、貸宅地や貸家建付地が適用されるケースなどの計算方法について解説していきます。 1.貸宅地内にある私道は貸宅地評価が可能 私道の相続税の評価額は、路線価方式又は倍率方式などで算出した私道でない場合の評価額の3割です。ただし、公道と公道、あるいは公道と……

記事を見る

受取人がすでに死亡している死亡保険は誰が受け取ることになるのか!?

生命保険

死亡保険は、遺された遺族の生活を支える大切な財産です。しかし、もし受取人も死亡してしまっている場合は、保険金はいったい誰が受け取ることになるのでしょうか。このページでは、受取人が被保険者より先に死亡してしまった場合の対処法や、受取人を変更しないまま支払事由が起こってしまった場合のデメリットなどについてご紹介します。 1.受取人が死亡した場合、通常は受取人変更の手続きを行う はじめに、受取人が被……

記事を見る

「容積率の異なる2以上の~」は基準容積率と指定容積率の小さい方を適用

容積率には基準容積率と指定容積率があります。容積率の異なる2つ以上の地域にまたがっている宅地の場合、基準容積率と指定容積率のどちらを使えばよいのか、また、基準容積率と指定容積率の違いと算定方法についても解説します。 1.容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地の評価 容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地の評価は、以下の算式で求めた割合を使って計算を行います。   ……

記事を見る

外貨預金の相続税評価は為替換算をTTBで行う

海外財産

国内の預金では利子による利益が望めないために、外貨預金を行っているという方も少なくないでしょう。所持して売却する分にはさほど問題はありませんが、注意しておかなくてはならないのが、相続が発生したときです。外国預金ですと、相続税評価を行う際に、一度円に換算しなくてはなりません。円への換算の手順について解説していきます。 1.外貨預金の相続税評価は為替換算をTTBで行う 相続税の申告にあたって、外貨……

記事を見る

上場と非上場の評価の違いは?外国株式の相続税評価について

投資を行っている方の場合、外国株式を保有しているということも少なくありません。基本的に外国株式であっても相続税評価は国内と同様ですが、気をつけなければならない点もあります。外国株式の相続税評価について、国内との違いと注意点を確認してみましょう。 1.外国株式(上場株式・非上場株式)の相続税評価 原則的には、外国株式であっても取り扱いは国内株式と同様になります。つまりは、相続税評価のベースは基本……

記事を見る

個人向け国債の相続税評価はシミュレーションサイトで自動計算

個人向け国債は1年の据置後中途換金が可能ですので、相続財産の中に個人向け国債が含まれていた場合の相続税評価は、その時点(相続開始時点)で中途解約した場合の金額となります。個人向け国債の中途換金額は、財務省の個人向け国債のサイトで計算シミュレーションを行うことができます。 1.個人向け国債とは 個人向け国債とは、1万円単位で購入でき購入後1年経てば中途換金も可能な、国が発行する債券です。償還日(……

記事を見る

ワラント債(新株予約権付社債)の相続税評価

ワラント債は、株式に転換できる特典の付いた社債のことを指します。金融商品のリスクなどを考慮して被相続人が保有していたケースというのもあるでしょう。ワラント債を相続する場合、どのような基準を持って評価を行うのが正しいのでしょうか。ワラント債と相続について解説していきます。 1.ワラント債(新株予約権付社債)とは? ワラント債は、新株予約権付社債とも言われる金融商品の一種です。呼称に「社債」と付く……

記事を見る

500㎡以下でも適用可!広大地評価における「ミニ開発分譲」とは?

土地開発、造成

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 広大地の評価の基準のひとつの目安となるのが500㎡です。ただし、500㎡以上であれば広大地かというと難しいところ。逆もしかりで、500㎡以下であっても広大地として認められ節税できる可能性があります。そのひとつが、ミニ開発分譲に該当する場合です。ミニ開発分譲と広……

記事を見る

広大地評価において「その地域における標準的な宅地」とは?

土地用途

広い宅地は広大地評価が認められると、相続税が大幅に軽減されます。広大地として評価をするには、「その地域における標準的な宅地の地積」よりも著しく広いことが要件のひとつです。「その地域」や「標準的な宅地の地積」とはどういったものか、また判断基準などについて解説していきます。 1.広大地評価において「その地域における標準的な宅地の地積」とは? 広大地評価における「その地域」とは、さまざまな観点から鑑……

記事を見る

広大地評価における「最有効使用」とは?

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 相続税の広大地評価において注意したいのが最有効使用の考え方についてです。最有効使用は、不動産鑑定と相続税上の評価では異なりますし、判断を誤ってしまうと納税額をも誤ってしまうことがあります。今一度、最有効使用の考え方について確認してみましょう。 1.広大地評価……

記事を見る

近傍宅地の評価額の調査方法

近傍宅地の評価額の調査方法

主に倍率地域になっている土地の相続税評価額を決定するのに使われるのが、近傍宅地というものです。これは、評価対象地と類似する近隣の宅地のこと。近傍宅地を使う場合や、近傍宅地の評価額を調査する方法などについて知っておきましょう。 1.近傍宅地(近傍標準宅地)とは? 近傍宅地(きんぼうたくち)とは、公示路線価による評価額が決まっていない評価対象地に近接する、評価対象地とほぼ同じ種類の土地のことです。……

記事を見る

市街化調整区域内にある土地の相続税評価

市街化調整区域内にある土地の評価方法は、市街化区域内にある土地とは異なります。評価対象になる土地と類似の土地の価額をもとに、近隣の状況に応じてしんしゃく割合を使って算定しなければなりません。個別判定が必要になる場合も多い市街化調整区域内の土地の相続税評価について解説します。 1.市街化調整区域とは? 市街化調整区域とは、市街化するのを抑制するべきとして定められた区域のこと。都道府県や市町村など……

記事を見る

生産緑地に関わる「主たる従事者」とは

生産緑地に関わる「主たる従事者」とは

生産緑地を相続した場合の評価は、誰が「主たる従事者」となっているかによっても異なります。「主たる従事者」とはどのような人をさすのか、また、生産緑地の相続税評価の計算方法とそのポイントを順番にご紹介しましょう。 1.生産緑地に関わる「主たる従事者」とは 生産緑地とは、都市計画の中で定められた地区で、農地などとして管理する必要のある農地のことです。つまり、生産緑地に関わる「主たる従事者」とは、生産……

記事を見る

生産緑地の相続税評価方法

さまざまな規制がある代わりに固定資産税などが低く抑えられる、市街化区域内の生産緑地。生産緑地として指定された土地の相続税評価は、買取りの申出ができるかどうか、また、買取りの申出ができない場合はできるようになるまでの期間がどれくらいあるのかによって相続税評価額の減額割合が変わってきます。 1.生産緑地とは? 生産緑地とは、農地として管理する代わりに固定資産税が軽減され相続税の猶予が受けられる、市……

記事を見る

特定路線価の申請手続き

土地計算

土地の相続税評価の算定のもととなるのが路線価です。しかし、中には路線価が設定されていない道路に面した宅地もあり、こちらからの申請により特定路線価を設定する必要があります。特定路線価が適用される土地のチェック方法と申請手続き、特定路線価を申請しないで評価を行う場合について解説します。 1.特定路線価の申請手続きとは 宅地の相続または贈与を受ける際、その宅地の接している道路が路線価の設定されていな……

記事を見る

セットバックが必要な土地の相続税評価方法

セットバックが必要な土地の相続税評価方法

建築基準法第42条2項によるいわゆる「2項道路」に該当した場合、セットバックが必要になる可能性があります。セットバックが必要な土地の相続税評価は、セットバックを考慮した減価が可能です。ここではセットバックの考え方とセットバックが必要な土地の具体的な相続税評価方法をご説明します。 1.セットバックとは? 建築基準法第42条2項では、「建築基準法が施工された際、現に建築物が立ち並んでいる幅員4m未……

記事を見る

「相続税法22条」における時価とは

「相続税法22条」における時価とは

相続税法22条では、相続における評価について、時価によって判断するということが明記されています。相続税法における時価の考え方というのは、どのようなものなのでしょうか。条文をもとに、時価についてと、時価が適用されない場合について見ていきましょう。 1.「相続税法22条」における“時価”とは 第二二条 この章で特別の定めのあるものを除くほか、相続、遺贈又は贈与により取得した財産の価額は、当該財産の……

記事を見る

「総則6項」で相続税の悪質な節税対策は封じられる

「総則6項」で相続税の悪質な節税対策は封じられる

より多くの財産を後継者に残すためには、相続税の節税対策が欠かせません。しかし、悪質な節税対策は国税庁の「総則6項」によって封じられる可能性があります。このページでは、総則6項の概要や、総則6項が存在する理由などについてご紹介しましょう。 1.「総則6項」(財産評価基本通達 第1章総則6項)とは? 「総則6項」の総則とは、国税庁「財産評価基本通達」第1章の総則を指します。 まずは「財産評価基本……

記事を見る

相続税の時効は原則5年(悪質な場合は7年)

相続税の支払いには時効があることをご存知ですか?時効を越えると、たとえ申告漏れや計上・計算ミスがあったとしても、納税する必要がなくなります。今回は相続税の時効とその計算方法、時効を迎えることはあるのかなどについてご紹介します。 1.相続税の時効は原則5年(悪質な場合は7年) 遺産などを相続する場合、相続税を納めなければなりません。しかし、申請をせずにある一定の期間が経つと、相続税の納税義務その……

記事を見る

贈与税の時効は原則6年(悪質な場合は7年)

時効

贈与税や相続税などは、国が永年、国民から徴収する権利がある訳ではありません。いずれも、時効が定められており、ある期間を過ぎるとその国の権利は消滅してしまいます。中でも贈与税の時効は、原則6年です。6年とは何を意味するのか、適用対象外になることはないのか、贈与税の時効について確認していきましょう。 1.贈与税の時効は申告期限から原則6年(悪質な場合は7年) 贈与税とは年間110万円を超える贈与が……

記事を見る

株式保有特定会社の判定方法

株式保有特定会社の判定方法

取引相場のない株式の相続税評価にあたって、株式保有特定会社は類似業種批准方式で評価するのは合理的でないと判断されるため、純資産価額方式で評価を行います。ここでは、株式保有特定会社の判定方法や株式保有特定会社の相続税評価の方法をご説明します。 1.株式保有特定会社とは? 株式保有特定会社とは、保有している株式の価額が総資産価額に対して一定以上の割合を占める会社のことです。 一般的な取引相場のな……

記事を見る

保安林の相続税評価方法

保安林の相続税評価方法

山林を所有している人の中には、その山林が保安林に指定されている人もいます。保安林とは、水源の確保や防災といった機能のために保持される山林のこと。農林水産大臣や都道府県知事から指定を受け、開発などに制限がかかる保安林ですが、個人の持ち物です。この保安林に対する相続税の評価はどうなるのでしょうか? 1.保安林とは? 1-1.保安林とはどんなもの? 保安林とは、水源の確保や土砂災害の防止、防風、水……

記事を見る

土地保有特定会社の判定方法

土地保有特定会社の判定方法

取引相場のない株式の相続税評価にあたって、土地保有特定会社は類似業種批准方式による評価は合理的でないと考えられるため、純資産価額方式で評価を行います。ここでは、土地保有特定会社の定義や土地保有特定会社を判定する際の方法などをご説明します。 1.土地保有特定会社とは? 土地保有特定会社とは、課税時期における土地保有割合が一定以上の会社のことです。土地保有割合とは、総資産価額に対する土地の価額の割……

記事を見る

立木の相続税評価の実務

立木の相続税評価の実務

土地を相続する際は、その土地の価額を相続税評価するだけでなく、土地に立っている樹木についても評価する必要があります。樹木は税法上、「果樹」と「立木(竹)」に分類されますが、ここでは立木(竹)の相続税評価についてご説明します。 1.立木の相続税評価方法(森林にある場合) 立木を相続税評価する場合、その立木が森林にある立木か庭園にある立木かによって評価の方法が異なります。まずは森林にある立木の評価……

記事を見る

相続税申告における税務代理権限証書の記載方法

相続税申告における税務代理権限証書の記載方法

相続税の税務代理権限証書とは、税理士が相続税の申告に携わった場合、申告書に添付する必要のある書類です。これは、相続税に限らず、税理士が法人や個人の申告に関わった場合に必要な書類になります。相続税の税務代理権限証書の添付が必要な場合、どのように記載していくのか手順を確認していきましょう。 1.税務代理権限証書とは? 税務代理権限証書とは、税理士が申告者の代わりに税務を行った証拠として各申告書とと……

記事を見る

合名会社の出資の相続税評価の方法

従業員

会社の形態は株式会社だけでなく、合資会社、合名会社、合同会社などがあります。ここでは、無限責任社員から構成される合名会社に出資していた人が亡くなった場合の相続税評価について、3つのパターンに分けて詳しくご説明します。 1.合名会社と株式会社の違い 会社形態には株式会社だけでなく、合資会社、合名会社、合同会社などがあります。株式会社以外は持分会社と総称されます。持分会社のひとつである合名会社は、……

記事を見る

小規模宅地等の特例の老人ホーム論点の4パターン

小規模宅地等の特例の老人ホーム論点の4パターン

小規模宅地等の特例とは、被相続人が事業または居住で使用していた宅地において、一定の面積についての部分を減額できるというものですが、被相続人が老人ホームに居て、家を離れていた場合は適用となるのでしょうか。結論としては、要件を満たせば適用することが可能です。適用における注意点とパターン別の解説をしていきます。 1.被相続人が老人ホームに入居していても特例適用できる要件と注意点 被相続人が家で暮らす……

記事を見る

広大地評価を行う際の三大都市圏とはどの地域のことか?

広大地

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 土地評価の際、その土地が広大地かどうかで評価方法が大きく変わります。結果として評価額が通常よりも下がるため、土地が広大地として判定されるかどうかは大きな焦点になるのです。この広大地の範囲は「三大都市圏」とそれ以外の地域で、認められる最低面積について2倍の差があ……

記事を見る

相続分不存在証明書(特別受益証明書)は遺産分割協議書の代わりになる

相続分不存在証明書(特別受益証明書)は遺産分割協議書の代わりになる

遺産分割協議書を作るだけでも、親族でもめてしまうことは珍しくありません。しかし、相続分不存在証明書(特別受益証明書)があれば、遺産分割協議書の代わりにすることができます。このように便利な相続分不存在証明書ですが、問題点も見逃せませんのでここで正しく理解をしてください。 1.相続分不存在証明書(特別受益証明書)とは? 相続分不存在証明書とは、相続するものが存在しないことを証明するための書類です。……

記事を見る

相続税の2割加算について税理士が徹底解説

相続税の2割加算について税理士が徹底解説

被相続人から財産を相続すると、相続税の課税対象になりますが、相続税は誰が相続しても同じ税額を払うものではなく、2割加算の対象となる人もいます。相続税の2割加算では、特に孫の扱いに注意が必要です。そこで、相続税の2割加算とは何か、また、2割加算の対象となる人の範囲について解説していきます。 1.相続税の2割加算とは? 相続税の2割加算とは、相続する人が配偶者や1親等の血族以外の場合には、代襲相続……

記事を見る

生命保険金で代償金を支払う際の贈与税課税の注意点

生命保険

生命保険を使った代償分割は、遺産分割をスムーズに行うために効果的な方法ですが、やり方を間違ってしまうと、代償金として支払った金額が贈与税の課税対象になってしまうこともあります。ここでは、具体的なケースから上手な代償分割の方法をご説明します。 1.生命保険金で代償金を支払っても贈与税が課税されないケース 代償分割とは共同相続人のうち特定の相続人が相続財産を取得し、代償としてその相続人が自己の固有……

記事を見る

外国保険会社からの死亡保険金もみなし相続財産の対象に

海外財産

父親が亡くなったことで受け取る生命保険金は、相続税の課税対象です。もし父親が外国の生命保険に入っていたら、その保険金はどのような税金の課税対象になるのでしょうか?今回は外国の保険会社からの死亡保険と相続税についてご紹介します。 1.日本人は外国の生命保険に原則として加入することはできない 日本では、保険業法で免許を受けている保険会社だけが営業をできることになっています。そして実は、日本人はこの……

記事を見る

法人契約の死亡保険金を従業員の遺族が受け取った場合には相続税がかかる

法人契約の死亡保険金を従業員の遺族が受け取った場合には相続税がかかる

個人で契約した生命保険契約の死亡保険金と同じように、法人契約の死亡保険金もその従業員の遺族が受け取ると相続税がかかりますが、その死亡保険金の一部は非課税になります。法人契約の死亡保険金に関する相続税と非課税枠の適用についてご紹介しましょう。 1.法人契約の死亡保険金を従業員の遺族が受け取った場合には相続税がかかる 企業は、従業員が死亡したときに遺族が死亡保険金を受け取れるように、従業員を「被保……

記事を見る

未支給年金を遺族が受け取った場合には相続税は非課税

未支給年金を遺族が受け取った場合には相続税は非課税

年金を受給していた被相続人が亡くなった場合、必ず発生してくるのが未支給年金です。ただし、この未支給年金は、遺族が受け取った場合であっても、相続税としては扱われません。未支給年金を受け取った場合の正しい処理のしかたと請求における手続きについて確認してみましょう。 1.遺族が受け取った未支給年金は相続税ではなく一時所得の対象になる 被相続人が受け取るはずだった未支給年金を相続人が受け取った場合、そ……

記事を見る

一次相続で未登記の不動産がありそのまま時間が経過すると複雑に

一次相続で未登記の不動産がありそのまま時間が経過すると複雑に

故人の相続財産の中に未登記の不動産がある場合、そのままにしておくとその相続権利者が亡くなり次の相続が発生した際に権利関係が複雑化します。一次相続での遺産分割が行われていなかった場合の相続の取り扱い方法についてご説明します。 1.一次相続で遺産分割未了であれば関係者全員で再度遺産分割協議が必要になる 1-1.遺産分割未了の財産は一旦共有財産として扱われる 故人Aの相続が発生した場合、一旦個人A……

記事を見る

生命保険契約の受取人が契約者よりも先に死亡してしまった場合の相続税

生命保険契約の受取人が契約者よりも先に死亡してしまった場合の相続税

生命保険契約の受取人が被保険者である契約者よりも先に死亡している場合、受取人を変更しないままでいるとどうなるのでしょうか。その場合、被保険者が死亡した時の保険金は、その保険会社の約款で定められたルール通りに処理されることとなります。受取人として定められた者の法定相続人にいくケース、契約者(被保険者)の他の相続人にいくケース、そもそも保険が受け取れなくなってしまうケースなどが考えられます。 1.保……

記事を見る

相続財産の時効取得は難しいが可能

時効

相続の話がまとまっており、問題なく他の人と争うこともなく相続した財産を自分のものとして20年間占有し続ければ、その財産の名義が以前の名義人のままであっても、自分のものにできる。これが「相続財産の時効取得」です。今回はこの「相続財産の時効取得」についてご紹介しましょう。 1.相続財産の時効取得とは? 民法第162条第1項にある「所有権の取得時効」では「20年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、……

記事を見る