2017年 2月 の投稿一覧

定期借家契約をしている建物の相続税評価

定期借家契約をしている建物の相続税評価

一般的な借家の契約では、特段の期間の定めを設けずに契約を締結することになりますが、そこに期間などの制約が加わるのが定期借家契約です。定期借家契約を行った場合、相続税の評価はどのように行われるのか確認してみましょう。 1.「定期借家契約」とは? 通常の賃貸物件の場合、2年ごとに更新していくというパターンが多いかと思います。この更新していく形の賃貸契約は一般的な借家契約であって、貸主の正当な理由が……

記事を見る

公開空地のある宅地の相続税評価方法

公開空地のある宅地の相続税評価方法

ビルやマンションの敷地内にある誰もが自由に使えるスペース、それが公開空地です。所有者以外が自由に利用できるのだから、相続税でしんしゃくの対象になるのではないかと考える人もいらっしゃることでしょう。公開空地の定義やその確認方法、相続税における評価についてご紹介していきます。 1.公開空地とは? 公開空地とは、ビルやマンションの中にある私有地の一部でありながら、近隣住民も自由に出入りすることのでき……

記事を見る

広大地評価における「マンション適地」の判断基準

広大地評価における「マンション適地」の判断基準

相続した土地がその地域の一般的な宅地よりも著しく広いとき、広大地と評価されると相続税が軽減されます。広大地評価を受けるためには、「マンション適地」に該当しないことも要件の一つです。「マンション適地」とは何か、また、「マンション適地」とみなされるケースの判断基準について解説していきます。 1.広大地評価における「マンション適地」とは? 広大地の評価での除外要件の一つに、「中高層の集合住宅等の敷地……

記事を見る

私道の相続税評価で貸宅地評価が可能な場合

私道の相続税評価で貸宅地評価が可能な場合

宅地の中を通る私道部分は、相続税評価の軽減が受けられます。また、貸宅地や貸家建付地としての評価と併用することが可能です。そこで、私道の相続税評価で、貸宅地や貸家建付地が適用されるケースなどの計算方法について解説していきます。 1.貸宅地内にある私道は貸宅地評価が可能 私道の相続税の評価額は、路線価方式又は倍率方式などで算出した私道でない場合の評価額の3割です。ただし、公道と公道、あるいは公道と……

記事を見る

受取人がすでに死亡している死亡保険は誰が受け取ることになるのか!?

生命保険

死亡保険は、遺された遺族の生活を支える大切な財産です。しかし、もし受取人も死亡してしまっている場合は、保険金はいったい誰が受け取ることになるのでしょうか。このページでは、受取人が被保険者より先に死亡してしまった場合の対処法や、受取人を変更しないまま支払事由が起こってしまった場合のデメリットなどについてご紹介します。 1.受取人が死亡した場合、通常は受取人変更の手続きを行う はじめに、受取人が被……

記事を見る

「容積率の異なる2以上の~」は基準容積率と指定容積率の小さい方を適用

容積率には基準容積率と指定容積率があります。容積率の異なる2つ以上の地域にまたがっている宅地の場合、基準容積率と指定容積率のどちらを使えばよいのか、また、基準容積率と指定容積率の違いと算定方法についても解説します。 1.容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地の評価 容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地の評価は、以下の算式で求めた割合を使って計算を行います。   ……

記事を見る

外貨預金の相続税評価は為替換算をTTBで行う

海外財産

国内の預金では利子による利益が望めないために、外貨預金を行っているという方も少なくないでしょう。所持して売却する分にはさほど問題はありませんが、注意しておかなくてはならないのが、相続が発生したときです。外国預金ですと、相続税評価を行う際に、一度円に換算しなくてはなりません。円への換算の手順について解説していきます。 1.外貨預金の相続税評価は為替換算をTTBで行う 相続税の申告にあたって、外貨……

記事を見る

上場と非上場の評価の違いは?外国株式の相続税評価について

投資を行っている方の場合、外国株式を保有しているということも少なくありません。基本的に外国株式であっても相続税評価は国内と同様ですが、気をつけなければならない点もあります。外国株式の相続税評価について、国内との違いと注意点を確認してみましょう。 1.外国株式(上場株式・非上場株式)の相続税評価 原則的には、外国株式であっても取り扱いは国内株式と同様になります。つまりは、相続税評価のベースは基本……

記事を見る

個人向け国債の相続税評価はシミュレーションサイトで自動計算

個人向け国債は1年の据置後中途換金が可能ですので、相続財産の中に個人向け国債が含まれていた場合の相続税評価は、その時点(相続開始時点)で中途解約した場合の金額となります。個人向け国債の中途換金額は、財務省の個人向け国債のサイトで計算シミュレーションを行うことができます。 1.個人向け国債とは 個人向け国債とは、1万円単位で購入でき購入後1年経てば中途換金も可能な、国が発行する債券です。償還日(……

記事を見る

ワラント債(新株予約権付社債)の相続税評価

ワラント債は、株式に転換できる特典の付いた社債のことを指します。金融商品のリスクなどを考慮して被相続人が保有していたケースというのもあるでしょう。ワラント債を相続する場合、どのような基準を持って評価を行うのが正しいのでしょうか。ワラント債と相続について解説していきます。 1.ワラント債(新株予約権付社債)とは? ワラント債は、新株予約権付社債とも言われる金融商品の一種です。呼称に「社債」と付く……

記事を見る

500㎡以下でも適用可!広大地評価における「ミニ開発分譲」とは?

土地開発、造成

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 広大地の評価の基準のひとつの目安となるのが500㎡です。ただし、500㎡以上であれば広大地かというと難しいところ。逆もしかりで、500㎡以下であっても広大地として認められ節税できる可能性があります。そのひとつが、ミニ開発分譲に該当する場合です。ミニ開発分譲と広……

記事を見る

広大地評価において「その地域における標準的な宅地」とは?

土地用途

広い宅地は広大地評価が認められると、相続税が大幅に軽減されます。広大地として評価をするには、「その地域における標準的な宅地の地積」よりも著しく広いことが要件のひとつです。「その地域」や「標準的な宅地の地積」とはどういったものか、また判断基準などについて解説していきます。 1.広大地評価において「その地域における標準的な宅地の地積」とは? 広大地評価における「その地域」とは、さまざまな観点から鑑……

記事を見る

広大地評価における「最有効使用」とは?

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 相続税の広大地評価において注意したいのが最有効使用の考え方についてです。最有効使用は、不動産鑑定と相続税上の評価では異なりますし、判断を誤ってしまうと納税額をも誤ってしまうことがあります。今一度、最有効使用の考え方について確認してみましょう。 1.広大地評価……

記事を見る

近傍宅地の評価額の調査方法

近傍宅地の評価額の調査方法

主に倍率地域になっている土地の相続税評価額を決定するのに使われるのが、近傍宅地というものです。これは、評価対象地と類似する近隣の宅地のこと。近傍宅地を使う場合や、近傍宅地の評価額を調査する方法などについて知っておきましょう。 1.近傍宅地(近傍標準宅地)とは? 近傍宅地(きんぼうたくち)とは、公示路線価による評価額が決まっていない評価対象地に近接する、評価対象地とほぼ同じ種類の土地のことです。……

記事を見る

市街化調整区域内にある土地の相続税評価

市街化調整区域内にある土地の評価方法は、市街化区域内にある土地とは異なります。評価対象になる土地と類似の土地の価額をもとに、近隣の状況に応じてしんしゃく割合を使って算定しなければなりません。個別判定が必要になる場合も多い市街化調整区域内の土地の相続税評価について解説します。 1.市街化調整区域とは? 市街化調整区域とは、市街化するのを抑制するべきとして定められた区域のこと。都道府県や市町村など……

記事を見る

生産緑地に関わる「主たる従事者」とは

生産緑地に関わる「主たる従事者」とは

生産緑地を相続した場合の評価は、誰が「主たる従事者」となっているかによっても異なります。「主たる従事者」とはどのような人をさすのか、また、生産緑地の相続税評価の計算方法とそのポイントを順番にご紹介しましょう。 1.生産緑地に関わる「主たる従事者」とは 生産緑地とは、都市計画の中で定められた地区で、農地などとして管理する必要のある農地のことです。つまり、生産緑地に関わる「主たる従事者」とは、生産……

記事を見る

生産緑地の相続税評価方法

さまざまな規制がある代わりに固定資産税などが低く抑えられる、市街化区域内の生産緑地。生産緑地として指定された土地の相続税評価は、買取りの申出ができるかどうか、また、買取りの申出ができない場合はできるようになるまでの期間がどれくらいあるのかによって相続税評価額の減額割合が変わってきます。 1.生産緑地とは? 生産緑地とは、農地として管理する代わりに固定資産税が軽減され相続税の猶予が受けられる、市……

記事を見る

特定路線価の申請手続き

土地計算

土地の相続税評価の算定のもととなるのが路線価です。しかし、中には路線価が設定されていない道路に面した宅地もあり、こちらからの申請により特定路線価を設定する必要があります。特定路線価が適用される土地のチェック方法と申請手続き、特定路線価を申請しないで評価を行う場合について解説します。 1.特定路線価の申請手続きとは 宅地の相続または贈与を受ける際、その宅地の接している道路が路線価の設定されていな……

記事を見る

セットバックが必要な土地の相続税評価方法

セットバックが必要な土地の相続税評価方法

建築基準法第42条2項によるいわゆる「2項道路」に該当した場合、セットバックが必要になる可能性があります。セットバックが必要な土地の相続税評価は、セットバックを考慮した減価が可能です。ここではセットバックの考え方とセットバックが必要な土地の具体的な相続税評価方法をご説明します。 1.セットバックとは? 建築基準法第42条2項では、「建築基準法が施工された際、現に建築物が立ち並んでいる幅員4m未……

記事を見る

「相続税法22条」における時価とは

「相続税法22条」における時価とは

相続税法22条では、相続における評価について、時価によって判断するということが明記されています。相続税法における時価の考え方というのは、どのようなものなのでしょうか。条文をもとに、時価についてと、時価が適用されない場合について見ていきましょう。 1.「相続税法22条」における“時価”とは 第二二条 この章で特別の定めのあるものを除くほか、相続、遺贈又は贈与により取得した財産の価額は、当該財産の……

記事を見る