2016年 2月 の投稿一覧

【税理士向け】相続税申告業務の委任契約書作成マニュアル

相続税申告業務にあまり慣れていない税理士の方は、顧客との契約書ってどうやって作ればいいのかと悩まれることも多いと思います。 そこで、年間400件以上の相続税申告の契約を受任している税理士法人チェスターが、自社の実例をご紹介しながら、相続税申告委任契約書の書き方を解説致します。 1.「相続税申告に関する委任契約書」の記載事項の解説 まずは、以下の書式をご覧いただければと思います。これは、実際に……

記事を見る

普通の会計事務所が、相続税案件を月1件獲得する方法【簡易ver】

普通の会計事務所が、相続税の申告案件を月1件新たに獲得する方法を特別に限定公開させて頂きます。8年前にゼロからスタートして、現在では年間400件以上の相続税申告案件を受任している税理士法人チェスターのノウハウをお伝えさせて頂きます。 それでは、さっそく、解説をしていきます! 1.まずは、地域戦略。ターゲット地域を定める ~ランチェスター戦略の基本①~  ランチェスター戦略をご存知……

記事を見る

税理士が年間10件の相続税申告で不動産売上100万円をあげる方法

突然ですが、先生の事務所では、年間何件の相続税申告の案件をやられていますでしょうか? また、その相続税申告の案件のうち、何件を不動産のお仕事につなげて収益化されていますでしょうか? ちなみに、年間約500件の相続税申告を行っている税理士法人チェスターでは、不動産の売上は年間5,000万円以上あります。 つまり、単純計算をしますと、5,000万÷500件=10万円。 ……

記事を見る

税理士になるにはどうすれば良いか? を徹底解説!!

税理士になりたいが、税理士になるのはどうすれば良いのかと悩まれている方は多いかと思います。 まず、税理士になるのは3つの方法があります。「税理士試験を受験する方法」「公認会計士・弁護士から税理士になる方法」「税務署で23年勤めて税理士になる方法」です。 どの方法があなたにとって税理士になるための最善な方法なのか、この記事をよく読んで確かめてみましょう。 1.税理士試験を受験し……

記事を見る

会計事務所内の情報共有は Google+で解決!

税理士の仕事のノウハウは実際その案件をした個々人に蓄積し、組織としてのノウハウ蓄積にはなかなかの困難が立ちはだかります。 会計事務所内の情報共有、この命題は、多くの税理士事務所の所長が一度は頭を悩ませたと思います。 ここでは、税理士法人チェスターがいかにして組織内の情報共有を実践しているかを具体的に解説したいと思います。 Google+というSNSを使って情報共有を実施 Googl……

記事を見る