相続税のこと

相続財産から控除できるのは“確実な債務”のみ

相続税の課税対象を算出する際に、預貯金や不動産等のプラスの財産から債務や葬式費用などを控除することが出来ます。 これを相続税の債務控除と言います。 債務控除の対象となる債務には『確実な債務』という決まりがあります。 この確実な債務が何かを理解しておかなければ、正しい相続税の課税対象価額を算出することが出来ません。 確実な債務とは何を指すのかを確認しておきましょう。 1.相続財産か……

記事を見る

保証債務・連帯債務と相続税の債務控除について

相続財産に債務がある場合、プラスの財産から債務や負債など差し引くことができます。 この債務控除は「亡くなった人の債務で、亡くなった時に存在し、確実と認められるもの」が対象となります。 亡くなった被相続人が借金の保証人や連帯債務を負っていた場合、保証債務や連帯債務は債務控除の対象となるのでしょうか? 1.保証債務とは? 保証債務とは、債務を負っている債務者がその債務を履行しない場合に、保……

記事を見る

死亡日以前3年以内の贈与は無効!?相続税の3年内加算

相続税対策として生前贈与をご検討されている方も多いことと思います。 この生前贈与は贈与のタイミングを間違ってしまうと、相続税対策として有効な手段とならないケースがあります。 3年加算ルールという表現をされることがありますが、相続開始前3年以内の贈与は相続財産として相続税の課税対象価額に加算されます。 3年加算ルールの詳細、 3年以内とは具体的にいつを示すのかなどについてご紹介します……

記事を見る

相続税が非課税となる祭具等の範囲

被相続人から引き継ぐ財産を相続財産と言い、相続財産には相続税が課税されます。 ただし、例外として相続税が課税されない財産があります。 今回は相続税が非課税となる財産のうち祭具等についての詳細をご紹介したいと思います。 1.祭具等(仏壇、庭内神し、位牌、仏具など)は相続税が非課税 相続とは亡くなった方の財産や財産に関した権利義務を引き継ぐことを言います。 引き継ぐ財産の中には、系譜……

記事を見る

遺産分割が終わり相続税申告が終了した後に新たな財産が出てきた場合の対応方法

遺産分割協議や相続税の申告も無事終わり、ほっと一息ついたと思ったらまた新たな財産が発見された…というケースは実はよくあります。 このような時、相続人はどのように対処すればいいのでしょうか。 「新たな財産」への対応方法や、手続きの上で注意すべきポイントをご紹介します。 1.遺産分割終了後に新たな財産が出てきた場合の対応方法 新たな財産のみで再度、遺産分割協議を行う 遺産分割後に新た……

記事を見る

相続人がゼロの場合は相続税の基礎控除は3,000万円

相続税には基礎控除があり、相続した財産が基礎控除以下であれば相続税は課税されません。 基礎控除は法定相続人の人数によって金額が異なります。 また、法定相続人の人数は、死亡保険金、死亡退職金の非課税枠を算出する際にとても重要です。 しかし、被相続人に法定相続人が全くいない場合、被相続人の財産は誰が受け継いで、基礎控除はどのような扱いになるのでしょうか? 1.相続税の申告の有無の判断 相……

記事を見る

会社から贈られた弔慰金は相続税の課税対象となる?

弔慰金とは亡くなった方への弔いや遺されたご遺族を慰めるために贈られる金銭を言います。 弔慰金はお香典や花輪代、葬祭料という名目で支払われることもあります。 今回は、受け取った弔慰金が相続税課税対象になるのかという点についてご説明させていただきます。 1.税法上の弔慰金の扱い 弔慰金は被相続人が所有していた財産ではありませんので、相続財産に含まれることはありません。 そのため、原則とし……

記事を見る

代襲相続人が養子であった場合の相続人の数と法定相続分

相続税対策として孫を養子に迎え入れているという方もいらっしゃると思います。 このようなケースでは、状況によっては二重相続資格者に該当することがあります。 今回は、孫が被相続人の養子と子の代襲相続人の二重身分であった場合の法定相続人の数え方や法定相続分の考え方についてご紹介します。 1.代襲相続人が被相続人の養子である(二重身分)場合 代襲相続人が被相続人の養子である場合とは、以下のよう……

記事を見る

3年内加算の贈与財産から相続税の債務控除はできない

相続開始前、3年以内に行われた贈与は贈与が無かったことになり、その贈与財産は相続財産にふくまれてしまうことをご存知ですか? また、相続財産に含まれることになった贈与財産は債務控除の対象とならないのです。 3年内加算の贈与財産と債務控除の関係について詳しくご紹介します。 1.3年内加算の贈与財産とは!? 贈与とは生きている人から生きている人への財産の無償移転を言い、渡される財産には贈……

記事を見る

相続税の計算で控除できる葬式費用

葬式費用は被相続人の死亡に伴う必然的出費ということから、相続財産そのものが担っている負担ということを考慮されています。 そのため、相続財産から控除することが可能です。 しかし、葬式の様式等に関しては一律ではないという点から、控除できる範囲と出来ない範囲が定められています。 具体的に葬式費用として控除できるもの、できないものをご説明します。 1.相続税の計算で葬式費用が控除できる ……

記事を見る

共有持分の放棄と課税関係、放棄と贈与の違いとは?

ご夫婦で共同でご自宅を建築、建築資金を半分づつ負担した場合など その建築物に所有権はご夫婦の共有財産となり、共有持分はそれぞれ1/2づつとなります。 このように複数の人が同じ財産を所有している状態で、それぞれが持つ持分を共有持分と言います。 ご自宅の建築資金以外にも相続によって共有持分が発生するというケースもあります。 相続した共有持分を放棄することはできるのでしょうか? 共有持分の……

記事を見る

死亡保険金とともに受け取った剰余金(配当、前納保険料)の相続税法上の扱い

被相続人が契約者となっている死亡保険金は、相続税法上「みなし相続財産」となり相続税の課税対象となります。 死亡保険金そのものは、相続税の課税対象となりますが、付随して支払われることのある剰余金はみなし相続財産となるのでしょうか? 今回は、死亡保険金と一緒に剰余金を受け取った場合の扱いについてご説明します。 1.死亡保険金とともに受けとる剰余金は非課税の対象 死亡保険金はその契約の方法に……

記事を見る

遺産分割3つの方法 ~代償分割の課税価格について~

相続財産を相続人で分割する際の分割方法は、個々の相続財産をそれぞれ共同相続人に分配する現物分割が一般的です。 しかし、遺産分割を行う方法は現物分割の他にも代償分割や換価分割といった方法があります。 今回は、代償分割によって相続財産を分割した際の相続税の課税価格の算出方法をご説明します。 1.遺産分割3つの方法 まず、遺産分割の方法を簡単にご説明します。 1-1.現物分割 ……

記事を見る

停止条件付遺贈とは?停止条件付遺贈の相続税額の算出方法について

遺言によって財産を引き継ぐことを遺贈と言います。遺贈によって財産を取得した場合にも当然、相続税の申告・納付を行う必要があります。 遺贈と一言でいっても、停止条件や負担条件のついた遺贈というものもあります。 停止条件や負担条件が付いた遺贈の場合には、通常の遺贈と相続税の申告・納付方法に違いがあるのでしょうか? 今回は停止条件付き遺贈についてご紹介します。 1.遺贈と相続 相続は、財……

記事を見る

香典は相続財産ではない分割対象外かつ相続税の計算対象外

通夜や葬儀の際に、参列者の方が包む香典。亡くなった人の霊前に供えることもあり、「香典は故人本人のものなのか」「そうであれば、相続財産として扱うのか」というような疑問を持つ場合もあるでしょう。 ただでさえ揉め事になりやすい相続の問題ですから、しっかりと把握しておきたいところです。 この記事では ・香典が誰のものなのか ・どのような取り扱いをすれば良いのか を解説し、香典に……

記事を見る

「中心的な同族株主」の範囲

上場していない株式会社の場合、中心的な同族株主がいるかいないかで、株式の評価方式は大きく異なります。そのため、まずは自社が中心的な同族株主のいる会社なのかどうかを判断する必要があります。 そこで今回は、中心的な同族株主とその範囲についてご紹介します。 1.「中心的な同族株主」とは 中心的な同族株主は、同族株主がいる会社かどうかで意味合いが変わります。 同族株主がいるかどうかは、……

記事を見る

相続税が払えない場合の4つの対応方法

「父が急に亡くなって相続税が必要になったが、現金がなくて払えない…」 そんなとき、あなたはどう対処しますか? そんな状況を切り抜けるために、4つの対応方法をご紹介します。 相続税の大前提や知っておきたい注意点もまとめていますので、ぜひ参考にしてください。 1.相続税の納付は10カ月以内に現金一括納付が原則 相続税は相続発生を知った翌日から10カ月以内に現金一括納付することが原則とされ……

記事を見る

死亡退職金は相続税の課税対象!死亡退職金の範囲と判断方法について

退職時に退職金を支払う制度のある企業の場合、在職中に亡くなった従業員に死亡退職金を支払うことがあります。 本来受け取る従業員は亡くなっていますので、遺族が受け取る形となりますが、この死亡退職金は生命保険等と同様にみなし相続財産となり、相続税の課税対象となります。 死亡退職金と相続税の関係や、死亡退職金の範囲や判断基準などについてご説明します。 1.死亡退職金と相続税 1-1.みなし……

記事を見る

雇用主が負担している生命保険に係る税金の種類とは

法人契約の生命保険を遺族が受け取った場合、その保険金は相続税の課税対象なのでしょうか? 相続の定義は「死亡による個人から個人への財産の無償移転」、贈与は「生前における個人から個人への税産の無償移転」です。 つまり、個人間での無償移転に関して相続税や贈与税が課税されるということになります。 個人契約の生命保険であれば、個人間という判断をすることができますが、法人契約の場合、法人(雇用主……

記事を見る

弔慰金の非課税規定で使用する「業務上の死亡」の判定基準

弔慰金とは、亡くなった人を弔い、遺された遺族を慰める意味で遺族に渡される金銭を言います。 遺族に渡されるお金なので、そもそも相続財産ではありません。 しかし、会社などから受け取った弔慰金はその金額などによっては死亡退職金と判断されるケースがあります。 弔慰金であれば相続税の課税対象とはなりませんが、死亡退職金と判断された場合には、みなし相続財産となり相続税の課税対象となります。 今回は……

記事を見る