single-dvd

相続税の添付書面の戦略的な記載方法

「税理士業界では、書面添付を実践している税理士とそうでない税理士が明確に分かれています」 「添付できるほど深度ある関与ができていない」 「報酬に比して負担感が多い」 「税理士としての責任が加重される虞がある」 といった理由によって、実践を逡巡している税理士が多いかもしれません。 しかし、とりわけ相続税は、 「主人公(被……

記事を見る

【基礎編】 相続税の土地評価⑦ ~ゼロから学ぶ初心者向け土地評価~

「土地評価は、税理士10人が計算すると10通りの計算結果が出る!??」 相続業務において、土地の評価は非常に複雑で難易度の高い業務と言われています。 路線価や財産評価基本通達などを用いて土地の評価を行うため、 理論上は誰がやっても同じ評価額になるはずです。 一方で、現地調査の有無、土地の定義、計算手法などによって、評価する人に……

記事を見る

相続税実務マニュアル Vol.3 生前対策編

「チェスターオリジナルDVD相続税実務マニュアルシリーズ待望の第3弾!!」 税理士法人チェスターでは、これまでに 『相続税申告実務マニュアル vol1 資料収集、土地評価編』 『相続税申告実務マニュアル vol2 業務チェックリスト解説編』 を販売し、税理士の先生方からご好評のお声を頂くと共に、 第3弾の販売はないのか?とい……

記事を見る

平成30年度改正 新・事業承継税制徹底解説

「チャンスは2023年3月までの5年間・・・」 平成21年度からスタートした事業承継税制。 適用のための手続きや要件が厳しく、実務家にとっては敬遠しがちな制度でした。 しかし、平成30年度の税制改正では、10年間の特例措置として、 抜本的拡充と大幅な要件緩和が行われました。 企業オーナーも注目している今回の改正。 チャンス……

記事を見る

【基礎編】 相続税の土地評価⑥ ~ゼロから学ぶ初心者向け土地評価~

「土地評価は、税理士10人が計算すると10通りの計算結果が出る!??」 相続業務において、土地の評価は非常に複雑で難易度の高い業務と言われています。 路線価や財産評価基本通達などを用いて土地の評価を行うため、 理論上は誰がやっても同じ評価額になるはずです。 一方で、現地調査の有無、土地の定義、計算手法などによって、評価する人に……

記事を見る

国税審判官経験者が説く 最新の評価通達6項適用裁決

「国税不服審判所の判断の拠りどころは・・・」 税理士が実務において頭を悩ませるのは、 これからしようとしている申告内容が課税庁に是認されるか否かのいわゆる 「予測可能性」についての心証が得られないことです。 特に、「行為計算否認」に代表される包括否認規定については、 発動の判断基準が抽象的で、個々の事例ごとの判断になりますの……

記事を見る

【基礎編】 相続税の土地評価⑤ ~ゼロから学ぶ初心者向け土地評価~

「土地評価は、税理士10人が計算すると10通りの計算結果が出る!??」 相続業務において、土地の評価は非常に複雑で難易度の高い業務と言われています。 路線価や財産評価基本通達などを用いて土地の評価を行うため、 理論上は誰がやっても同じ評価額になるはずです。 一方で、現地調査の有無、土地の定義、計算手法などによって、評価する人に……

記事を見る

【基礎編】 相続税の土地評価④ ~ゼロから学ぶ初心者向け土地評価~

「土地評価は、税理士10人が計算すると10通りの計算結果が出る!??」 相続業務において、土地の評価は非常に複雑で難易度の高い業務と言われています。 路線価や財産評価基本通達などを用いて土地の評価を行うため、 理論上は誰がやっても同じ評価額になるはずです。 一方で、現地調査の有無、土地の定義、計算手法などによって、評価する人に……

記事を見る

チェスターが社内研修で使用する相続実務相談事例集 Vol.1

相続税の専門家集団チェスター職員でも判断に迷った難解事例その解決策をお伝えします ~税理士法人チェスター審査部監修 チェスターが社内研修で使用する相続実務相談事例集~ 税理士法人チェスターでは、相続税専門の税理士法人として、開業以来10年間で 3,200件超(平成29年12月時点)の相続税申告のお手伝いをさせていただいており……

記事を見る

【基礎編】 相続税の土地評価③ ~ゼロから学ぶ初心者向け土地評価~

「土地評価は、税理士10人が計算すると10通りの計算結果が出る!??」 相続業務において、土地の評価は非常に複雑で難易度の高い業務と言われています。 路線価や財産評価基本通達などを用いて土地の評価を行うため、 理論上は誰がやっても同じ評価額になるはずです。 一方で、現地調査の有無、土地の定義、計算手法などによって、評価する人に……

記事を見る

【基礎編】 相続税の土地評価② ~ゼロから学ぶ初心者向け土地評価~

「土地評価は、税理士10人が計算すると10通りの計算結果が出る!??」 相続業務において、土地の評価は非常に複雑で難易度の高い業務と言われています。 路線価や財産評価基本通達などを用いて土地の評価を行うため、 理論上は誰がやっても同じ評価額になるはずです。 一方で、現地調査の有無、土地の定義、計算手法などによって、評価する人に……

記事を見る

国税不服審判所の実際

「どんな事案が審査請求されているのか・・・? 税理士が代理人として関与する場合の留意点は・・・? 業務上知っておくべき基本的な法令解釈の考え方とは・・・?」 国税審判官は国税職員だから税理士が有利なのか? 国税不服審判所は、「国税の裁判所」であり、弁護士有利なのか? いずれも違います。 納税者が真に期待しているのは、 ……

記事を見る

相続税における重加算税賦課決定処分が取り消された事例解説

「重加算税とられたらどうしよう・・・」 税理士の相続実務業務において、「重加算税のリスク」は常につきものです。 重加算税賦課が決定された場合、本税に対して35%~40%の規模で追加徴税され、 さらに延滞税(税金の利息部分)が高くなるという、まさにダブルパンチです。 顧客へのダメージは相当なものになるだけでなく、 顧客からの損……

記事を見る

知らなきゃ損する家族信託の基礎と活用

「生前対策で不安な顧問先にどう提案すればいいか分からない・・・」 税理士事務所の大きな悩みの種の1つとして【生前対策】が挙げられます。 ・株価が低い段階で譲渡したいが、経営権は残したい ・認知症になっても相続対策がしたい ・所得税対策・相続対策で法人化したい ・障害を持つ子供に家賃だけ渡したい これらの悩みをお持ちの方はた……

記事を見る

自社株対策と事業承継対策の実践と手法

「事業承継の対策で不安な顧問先にどう提案すればいいか分からない・・・」 税理士事務所にとって、身近にあるけれど取り組みが難しいテーマが「事業承継」であり、 その中でも「株価引き下げ対策」や「組織再編」は難解な分野です。 しかし、もし事業承継の分野で適切な提案ができると、 ・信頼できる税理士として顧問先からの評価を得られる ・……

記事を見る

【基礎編】 相続税の土地評価① ~ゼロから学ぶ初心者向け土地評価~

「土地評価は、税理士10人が計算すると10通りの計算結果が出る!??」 相続業務において、土地の評価は非常に複雑で難易度の高い業務と言われています。 路線価や財産評価基本通達などを用いて土地の評価を行うため、 理論上は誰がやっても同じ評価額になるはずです。 一方で、現地調査の有無、土地の定義、計算手法などによって、評価する人に……

記事を見る

利用価値が著しく低下している宅地の評価

利用価値が著しく低下している宅地の評価 ~10%減できるか否かの実務的判断基準~ このDVDでは、税理士の皆さんが利用価値が著しく低下している宅地の評価を行う際に マストで知っておくべき実務的な知識、注意すべきポイントについてご紹介しています。 土地評価に精通していて、不動産鑑定士も取得している税理士がわかりやすく解説します。 税理……

記事を見る