ブログコンテンツ

生命保険契約の受取人が契約者よりも先に死亡してしまった場合の相続税

生命保険契約の受取人が契約者よりも先に死亡してしまった場合の相続税

生命保険契約の受取人が被保険者である契約者よりも先に死亡している場合、受取人を変更しないままでいるとどうなるのでしょうか。その場合、被保険者が死亡した時の保険金は、その保険会社の約款で定められたルール通りに処理されることとなります。受取人として定められた者の法定相続人にいくケース、契約者(被保険者)の他の相続人にいくケース、そもそも保険が受け取れなくなってしまうケースなどが考えられます。 1.保……

記事を見る

相続財産の時効取得は難しいが可能

時効

相続の話がまとまっており、問題なく他の人と争うこともなく相続した財産を自分のものとして20年間占有し続ければ、その財産の名義が以前の名義人のままであっても、自分のものにできる。これが「相続財産の時効取得」です。今回はこの「相続財産の時効取得」についてご紹介しましょう。 1.相続財産の時効取得とは? 民法第162条第1項にある「所有権の取得時効」では「20年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、……

記事を見る

「相続分の譲渡」のメリット・デメリットとその具体的な手続き

「相続分の譲渡」のメリット・デメリットとその具体的な手続き

相続の協議というのは時間も労力もかかるもので、早めに相続問題から抜け出したいと思う方もいるでしょう。そういう場合には、「相続分の譲渡」という制度を利用することで相続問題から抜けることができます。相続分の譲渡のメリットやデメリット、具体的な手続きについてご説明していきましょう。 1.相続分の譲渡の概要 相続分の譲渡とは、相続放棄をせずに相続する権利(相続分)を他人に譲渡することです。ここで言う相……

記事を見る

住所から地番を調べるために知っておきたい3つの方法

住所から地番を調べるために知っておきたい3つの方法

不動産の登記簿を請求する場合には、一般に使用されている住所(住居表示)ではなく、地番が必要です。地番とは、土地の単位ごとに振られた登記のための番号で位置を示す住所とは異なるため、別途事前に調べておかなければなりません。そこで、住所から地番を調べる方法を3つご紹介します。 1.法務局に電話する 地番を知りたい場合には、調べたい不動産の登記を管轄している法務局に、電話で問い合わせることが可能です。……

記事を見る

「非経常的な利益金額」に該当するかどうかの判断基準(取引相場のない株式の相続税評価)

株価

上場企業など株式の取引相場が明確な場合、相続における株式の評価は明確に決定することができますが、問題なのは取引相場のない株式の場合。この場合、別途、一定の基準に従い株式を評価する必要があります。類似業種比準方式もその一種。今回は、類似業種比準方式における評価について、判断に迷いやすい「非経常的な利益」についての考え方を確認してみましょう。 1.非経常的な利益金額に該当するかどうかの基本的な考え方……

記事を見る

相続税から控除できる葬式費用を税理士が徹底解説

セレモニー

相続税の計算にあたって、相続財産からいくつか控除できるものがあります。そのひとつが、葬式費用です。ただし、葬式に関する費用であれば全て控除できるという訳ではありません。葬式費用で控除できるものと控除できないものについて解説していきます。 1.相続財産から控除できる葬式費用の項目一覧 葬式費用の一部は、控除として遺産総額から差し引くことが可能です。控除できる項目の一覧を見てみましょう。 【……

記事を見る

通常の地代と相当の地代を分かりやすく税理士が解説

土地評価

借地権の相続税評価にあたっては、借地契約の締結時に権利金の支払いがあったのか、または通常の地代を支払っているのか、相当の地代を支払っているのかなどにより評価方法が変わってきます。ここでは、これらの言葉の意味とともに、借地権の相続税評価についてご説明します。 1.通常の地代 1-1.通常の地代とは 通常の地代について説明する前に、借地契約を締結する際の権利金について見てみましょう。 一般に、……

記事を見る

「利用価値が著しく低下している宅地」4つの具体例を詳細解説

ここでは、「利用価値が著しく低下した宅地」として10%評価減できる宅地について詳しく解説していきます。 明確な基準がない規定だけに判断が難しくなっており、個々のケースごとに判断する必要があります。 1.利用価値が著しく低下している宅地とは? 国税庁が公表する「No.4617 利用価値が著しく低下している宅地の評価」によると、以下の4つの条件のいずれかに当てはまり、かつ土地評価額にその要因が考……

記事を見る

都市計画道路予定地の相続税評価の方法を徹底解説

土地を相続する場合には相続税が発生します。もし相続する土地が都市計画道路予定地になっていた場合、将来的に土地の一部が買収されるため、土地の利用制限がある代わりに相続税評価額も変わってきます。都市計画道路予定地に入っている場合の土地の相続税評価の方法と計算例をご紹介します。 1.都市計画道路予定地とは 都市計画道路予定地とは、都市計画法に基づき将来的に道路として整備することが決まっている土地のこ……

記事を見る

相続税は連帯納付!他人の相続税まで負担しないといけない!?

相続税は、財産を相続した人全員に課せられる税金です。たとえば父親が亡くなり、自分の相続税を払い終わってほっとしていても、父親から財産を相続した母親や兄弟が相続税を払っていない場合、払い終わっている自分のもとへ督促がくる可能性があります。相続税には「連帯納付義務」というものがあるからです。 この相続税の連帯納付義務についてご紹介しましょう。 1.相続税の連帯納付義務とは? 日本の相続税……

記事を見る

相続税の修正申告手続きとペナルティの種類を解説

相続税の計算を間違えていたなど、修正申告が発生した場合には4種類のペナルティが課されます。しかし、税務調査前に修正申告をすることができれば、ペナルティが軽減されるケースもあります。ペナルティの種類や、ペナルティ軽減のケースについてまとめました。 1. 相続税を修正申告した時にかかるペナルティの種類 相続税を修正申告した場合には、追加徴税というペナルティが課されます。ペナルティは全部で4種類……

記事を見る

相続税の非課税財産を税理士が紹介

親族がなくなった場合、悲しんでばかりもいられません。相続税など税金上の手続きもしなくてはならないためです。相続税が少しでも減税できたらうれしい、そんな方も少なくないでしょう。いったいどのような財産や条件であれば、相続税が非課税となるのでしょうか。 1. 相続税が非課税となる財産の一覧と説明 1-1. 日常礼拝をするもの 信仰している宗教で、日常的に礼拝をしているものは相続税がかかりません……

記事を見る

相続税の期限後申告に関する実務上の留意点

相続税の申告には期限があります。期限は、被相続人の亡くなったことを知った日の翌日から起算して10か月以内です。もし、相続税の申告に遅れてしまったらどのようなペナルティやデメリットが発生するのでしょうか。相続税と申告の遅延について解説していきます。 1.相続税の期限後申告する際にかかるペナルティ 被相続人が亡くなったことを知ったにもかかわらず、必要な相続税の手続きを行わなかった場合や、手続き……

記事を見る

相続税申告書の職業欄の記載方法

相続税の申告をする際は、相続税の申告書等の書類を提出する必要があります。一番初めの第一表には、相続人の氏名や生年月日住所などと並んで職業を記載する欄があります。職業欄はどのように記載すればいいか、解説をしていきます。 1.相続税の申告書の職業欄の記載方法 1-1.相続税の申告書の提出期限は10ヵ月後 被相続人の死亡により、その財産は相続人に承継されます。その際に、本来の相続財産、みなし相……

記事を見る

相続開始前3年内に土地建物を取得した際の非上場会社株式の相続税評価には注意

株も相続財産に含まれますが、上場していない非上場株式会社の場合は株の価値が市場で決まっていません。こうした場合には会社の純資産を基準に株の価値を算出します。この際には会社の土地建物も資産として計上されますが、土地建物の価値は評価方式によって価格に差が出ます。今回はこれについてご説明しましょう。 1.土地建物を相続開始前3年内に取得した場合は通常の取引価額になってしまう 1-1.非上場株式会……

記事を見る

相続税申告期限までギリギリのときに知っておきたいこと

相続税申告の期限は、相続の開始(死亡日)より10カ月以内。もし、申告期限ギリギリになってしまったら、場合によっては間に合わないこともあります。期限内に申告・納税できなかった場合のペナルティは大きいものです。申告を間に合わせるために知っておきたいことをまとめてみました。 1.相続税の申告期限(10カ月以内)に間に合わなかったときのペナルティ等 1-1.延滞税、無申告加算税等の追加税額が発生 ……

記事を見る

相続税の配偶者の税額軽減は期限後申告でも一定の要件を満たせば適用可能

相続税における「配偶者の税額軽減」は、高い節税効果があります。相続税申告期限内に申告できれば問題ありませんが、遺産に関する問題は時間がかかることも珍しくないでしょう。申告期限後でも特例が適用できるケースについてまとめました。 1. 相続税申告期限までに遺産分割協議が終了していれば期限後申告でも可能 相続税の配偶者の税額軽減とは、一定の金額までなら配偶者に相続税がかからない制度です。一定の金……

記事を見る

子の名義預金が遺産分割の対象になるかどうかの判断

被相続人名義の通帳でのみお金が管理されていたのだとしたら、そのまま相続という形になるので特段大きな問題は起きないでしょう。しかし、単純に被相続人の名義だけで無事相続を終えたというケースだけではありません。被相続人が子などの名義で預金を行っている場合などはどう考えるべきなのか確認してみましょう。 1.名義預金が遺産分割の対象となるかどうかは、実質的な帰属者を判定する必要がある 相続に関しては……

記事を見る

小規模宅地等の特例には選択同意書が必要

相続財産の評価を大幅に減額できるのが「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例(小規模宅地等の特例)」です。この特例の適用を受けることで、相続税がゼロになることもありますが、適用にあたっては相続人全員の同意が必要になるので注意が必要です。 1.小規模宅地等の特例の選択同意書(相続税申告書11・11の2表の付表1)が必要となる理由 1-1.小規模宅地等の特例とは? 小規模宅地……

記事を見る

同一敷地内に親と子の建物がある場合の小規模宅地等の特例

同一敷地内に親と子の建物がある場合の小規模宅地等の特例

相続税の節税を考えた場合に活用したい「小規模宅地等の特例」ですが、被相続人である親の所有する同一敷地内に親と子の建物が別々に建っている場合にはどのような取り扱いとなるのでしょうか。「小規模宅地等の特例」の適用条件とその例外についてご紹介します。 1.原則:別棟は同居とならないため適用不可 同居親族が相続により宅地等を取得する場合、相続税の課税対象から一定割合の減額を受けられる「小規模宅地等の特……

記事を見る

被相続人が有していた「著作権」の相続税評価

被相続人が有していた「著作権」の相続税評価

著作権というのは、個人または法人に認められたある作品を独占的に有することのできる権利です。独占的に所持できることによって利益に繋がることから、当然相続税の課税対象としてカウントされます。ここでは、著作権の性質と著作権の相続税評価のための具体的な計算方法について見ていきましょう。 1.相続税の課税対象となる「著作権」とは? 著作権とは、創作における個人や法人において認められている権利です。著作権……

記事を見る

小規模宅地等の特例が適用される親族の範囲

家屋、土地評価

亡くなった人が直前まで住んでいた宅地等を相続する場合に利用できる「小規模宅地等の特例」ですが、配偶者や被相続人の子のほか、条件によっては法定相続人以外の親族が相続する場合でも適用が可能です。特例が利用できる親族の範囲とその条件についてご説明します。 1.配偶者は無条件に適用対象者になる 「小規模宅地等の特例(特定居住用宅地等)」は、被相続人が使用していた宅地等を相続する場合に、条件にあてはまっ……

記事を見る

相続税申告において建設協力金は割引計算なしで債務控除できる

土地の有効活用の方法のひとつに建設協力金方式があります。建設協力金方式は、土地を所有したまま、少ない資金でその土地から収益を得られる優れた方法ですが、建築協力金方式で契約を結んだ後、相続が発生した場合、相続税の計算において建設協力金の残債の扱いはどのようにすればよいのでしょうか。 1.建設協力金とは? 土地保有者が自ら保有している土地に建物を建築して有効活用しようとする場合、土地所有者が少ない……

記事を見る

利付公社債の3パターンの相続税評価を分かりやすく解説

利付公社債とは、年間の一定期間ごとに利子の支払いがある債券です。株式と比べて価格の変動が少なく確実に利子を受け取ることができるため、安定した収入を期待して保有する方も多いのではないでしょうか。ここでは、利付公社債の相続税評価についてご説明します。 1.利付公社債の相続税評価は3種類 公社債とは、国や地方公共団体、一般の事業会社などが発行する債券です。利付公社債は、そのなかでも一定期間ごとに……

記事を見る

自宅をリフォームした場合には70%相当額を相続税評価額に反映する必要がある

長年住んでいる自宅をリフォームでバリアフリー化したり、二世帯住宅にリフォームしたりすることを考えている方も多いのではないでしょうか。リフォーム後に相続が発生した場合、リフォーム費用も自宅家屋の相続税評価額に反映する必要があるので注意が必要です。 1.自宅をリフォームした場合の相続税評価の具体的な計算方法 平成25年11月に、国税庁が「増改築に係る家屋の状況に応じた固定資産税評価額が付されていな……

記事を見る

貸駐車場として利用している土地の相続税評価3パターン

所有している土地を有効活用したいということで駐車場経営をしていることは多いと思います。相続財産の評価をする際は、青空駐車場として貸し付けているのか、土地を業者に貸し付けて業者がアスファルト等の施設を造っているのかなどの状況により相続税評価が異なります。それでは以下で具体的に見ていきましょう。 1. 土地所有者自身がアスファルト舗装等の設置をしている場合 土地所有者が、所有している土地をその……

記事を見る

既経過利息の相続税評価の具体的な方法

被相続人の預金は定期預金などを含めて相続財産として計算されますが、これにはその定期預金に関わる利息分も含まれます。相続税の計算を行う場合、定期預金などの利息は既経過利息として計算しなければなりません。ここでは、相続税申告実務においての、この既経過利息についての具体的な算出方法ご説明します。 1.相続税評価が必要は既経過利息とは? 既経過利息とは、相続開始時点で預金を引き出した場合に付与され……

記事を見る

黄金株(拒否権付き株式)の相続税評価は通常の評価と同じ

株式の財産価値は、株式そのものの客観的価値に準じます。では種類株式の一種である「黄金株」は、相続財産としてどのように評価されるのでしょうか。このページでは、黄金株の概要や、黄金株の相続税評価についてご紹介しましょう。 1.黄金株(拒否権付き株式)の相続税評価は通常の評価と同じ 結論からいうと、黄金株(拒否権付き株式)の相続税評価は、通常の評価と同じです。 1-1.黄金株(拒否権付……

記事を見る

リフォームは税制改正で相続税対策の効果が半減されてしまった。

以前は相続税対策として節税効果が高かったリフォームも、国税庁がリフォーム費用の相続税評価の方法を公表したことにより、2013年11月以降は節税効果が半減してしまいました。ここでは、相続税を計算するにあたって自宅のリフォームはどのように考えればいいのかご紹介します。 1.税制改正前のリフォームを活用した相続税対策 2013年11月以前は相続税対策として、自宅のリフォームを行う手法がよく使われ……

記事を見る

相続発生後でもできる!土地の分筆で相続税対策を行う2つの具体的な方法

宅地の相続税評価は一画地(利用単位)ごとに行われます。一般に、土地はひとりの相続人が相続した方が、その後の利用や売却がスムーズといわれますが、分筆して複数の相続人が相続することで、相続税を節税できる場合もあります。 1.土地を分筆して相続税を節税する方法 相続税評価において、宅地はまず被相続人の利用単位ごとに区分し、さらに相続人の取得単位ごとに区分して評価を行います。宅地を分筆してそれぞれ……

記事を見る

法人化による相続税対策についてのメリット・デメリット

相続税の節税方法には、「生前贈与」「生命保険への加入」「不動産の購入」「法人化による節税」などの手段があります。このページでは、法人化による相続税対策についてのメリットとデメリットについてご紹介しましょう。 1.法人化による相続税対策についてのメリット ・被相続人の不動産などを会社に売却(贈与・賃貸)することで、後継者への相続税や贈与税がかからない ・被相続人の資産を会社に売却(贈与……

記事を見る

相続対策としての養子縁組のメリット・デメリット

相続税対策として、養子縁組をする人もいます。養子縁組によって法定相続人が増えることで、基礎控除額などが増えるため有利となりますが、デメリットはないのでしょうか。相続税対策としての養子縁組のメリットやデメリットをまとめました。 1.相続対策としての養子縁組のメリット 1-1遺産を渡したい人に遺してあげることができる 相続対策として養子縁組をすることで、財産を遺すことができます。養子縁組をす……

記事を見る

“家財道具(家庭用財産)”の相続税評価方法

不動産、現金、有価証券のような財産だけではなく、家財道具のような自宅にある動産も相続税の対象となります。価値の高いものから低いものまで様々なものがある家財道具の価値を判定し、相続財産に組み込むのは大変です。そこで、家財道具の評価方法についてご説明しましょう。 1.“家財道具(家庭用財産)”も相続税申告対象 相続財産というと、金額が大きく把握しやすい不動産や現金をイメージしがちですが、家財道……

記事を見る

お布施は領収証がなくとも相続税申告で債務控除が可能

葬式の費用は故人の財産から出されたものでなくとも、相続財産の控除対象になります。それは僧侶に渡すお布施なども同じです。しかし、お布施というのは名目上報酬ではありませんので、一般的に領収書などが発行されません。いくら支払ったのかを書面で証明できませんが、どうやって控除を受ければよいのでしょうか。 1.お布施は相続税申告で債務控除が可能 1-1.相続財産の控除対象になる葬式費用は大きく分けて5……

記事を見る

入院給付金は生前の受取人が被相続人以外であれば相続税はかからない

被保険者が入院した場合、保険の契約に従って入院給付金が支払われます。何ごともなく無事退院できればよいのですが、そのまま亡くなってしまった場合にはその給付金が相続税の課税対象になることがあります。では、どんなケースで課税されるかについてご説明します。 1.入院給付金に相続税がかかる場合 1-1.受取人が被相続人だった場合には相続税がかかる【本来の相続財産】 入金給付金に相続税がかかるのは、……

記事を見る

LLC(合同会社)の相続税評価方法

株式会社以外にも、会社にはいくつかの形態がありますが、そのひとつがLLC(合同会社)といわれるものです。合同会社は、株式会社とは違い、出資者による持ち分というものがあり、持ち分をどうするかによって相続による評価の方法が異なってきます。 1.LLC(合同会社)とは? 会社の形態というのは、株式会社や合同会社のほか、合名会社、合資会社の4つに分けることができます。うち、合同会社というのは200……

記事を見る

相続税の支払いのための銀行から融資を受けるという選択肢

相続財産の中で不動産の占める割合が高い場合などは、相続した金融資産等では相続税が払えないこともあります。そんな時はどうすればいいのか、3つの解決方法とそれぞれの納付方法のメリット・デメリットをご紹介します。 1.相続税が支払えない場合の3つの方法 1-1.相続財産(不動産等)を売却して支払う 相続財産に売却可能なものがある場合は、現金化して相続税を支払うことができます。資産の売却は土……

記事を見る

相続税申告において控除できる住民税

相続税の申告において、債務や葬式費用は債務控除として相続財産から差し引けます。控除できる債務には、被相続人の借入金の他、不動産経営における預かり敷金や未払いの医療費や税金などがあり、所得税や住民税も債務控除の対象になります。 1.住民税は相続税申告において債務控除可能 日本の相続制度では、被相続人のプラスの財産が承継されるだけでなく、借入金のようなマイナスの財産も承継されます。借入金や未払……

記事を見る

相続税申告で住宅ローンを債務控除する際の注意点

住宅ローンの支払いがまだ終わっていないにも関わらず配偶者や両親が亡くなり、相続税を支払わなければならなくなった。こういったケースでは、団体信用生命保険によってローンが完済されることが一般的だが、未払のローン残高の債務控除を受けられることもありますので注意が必要です。 1.相続税申告において住宅ローンの残債は債務控除できる(団信未加入の場合) 相続税の申告時に住宅ローンがまだ残っている場合、……

記事を見る

相続税申告書の按分割合を調整して節税が可能

相続税を納付する際に相続人が複数人いる場合には、按分割合を考えなければなりません。単純に相続額の割合を計算するだけに見える按分割合ですが、この按分割合の調整次第で節税ができることもあります。按分割合のルールや調整の方法についてご説明しましょう。 1.相続税申告において“按分割合”とは? 按分割合というのは「相続税の総額に対し、各相続人が相続税を負担する割合」のことです。この割合は相続した財……

記事を見る