ブログコンテンツ

損害賠償金は相続税から債務控除できる

損害賠償金は相続税から債務控除できる

亡くなった方が交通事故などの加害者で、損害賠償金の支払いが必要な場合、相続人はその責任も承継することとなるため、賠償金の金額分については相続税の債務控除の対象となります。また逆に、被害者として死亡した場合の死亡賠償金については非課税となります。損害賠償金が関係する場合の相続税の取り扱いについて解説いたします。 1.加害者が死亡した場合の損害賠償金は相続税の債務控除対象 相続財産の中に本来被相続……

記事を見る

未収年金のうち相続税評価の対象となるもの・ならないもの

未収年金のうち相続税評価の対象となるもの・ならないもの

亡くなった方が年金を受給していた場合に本人が受け取ることができなかった年金を未収年金といいます。相続上の取り扱いは、年金が公的年金であるか、私的年金であるかにより、相続税評価の対象となるかが決まります。未収年金と相続税評価の関係についてみていきましょう。 1.公的年金の未支給年金は原則非課税になる 国民年金や厚生年金などの公的年金は、2か月分を後払いで受け取るしくみです。公的年金を受給している……

記事を見る

一般障害者と特別障害者の違いと税額控除(所得税・相続税)

一般障害者と特別障害者の違いと税額控除(所得税・相続税)

障害者は所得税や相続税においても税額控除を受けることができますが、その控除額は一般障害者と特別障害者によって異なります。一般障害者と特別障害者のそれぞれの定義と、実際の所得税および相続税における控除額について確認しておきましょう。 1.税法上の一般障害者と特別障害者の定義と違い 1-1.障害者は税法上で障害者控除という負担軽減措置がある 成年後見を受けている方、知的障害者や精神障害者、身体障……

記事を見る

代償分割を行う際の相続税の課税価格の計算の注意点

代償分割を行う際の相続税の課税価格の計算の注意点

相続財産が土地や建物などの不動産の場合、現金や預金などに比べると、簡単には分けることができません。そこで分割が難しい相続財産を複数の相続人の間で分ける際に「代償分割」という方法がよく採用されます。ここでは、代償分割を行う場合の相続税の課税価格の計算方法や注意点についてご説明します。 1.代償分割を行う際の相続税の課税価格の計算方法 1-1.代償分割とは 「代償分割」とは、分けにくい相続財産を……

記事を見る

使用貸借(しようたいしゃく)とは、“タダ”で貸し借りすること

使用貸借(しようたいしゃく)とは、“タダ”で貸し借りすること

一般的に、不動産などの貸し借りは賃貸借と言って、対価が発生するものですが、場合によっては使用貸借と言って、対価の発生しない貸し借りが発生することもあります。使用貸借とはどのような状態を言うのか、また使用貸借の状態による土地の相続税評価はどのようにするのかを確認してみましょう。 1.使用貸借(しようたいしゃく)とは? 通常、宅地などを誰かに貸すことによって、対価として現金などを得ることを賃貸借と……

記事を見る

貸家建付地評価の「賃貸割合」の具体的計算方法

貸家建付地評価の「賃貸割合」の具体的計算方法

アパートやマンションの立つ貸家建付地の相続では、賃貸割合などによって相続税が軽減される割合に違いがあり、満室の方が有利です。そこで、賃貸割合とは何か、また、賃貸割合の具体的な計算方法などについて解説していきます。 1.「賃貸割合」とは? 相続した土地にアパートなどの賃貸住宅が建っている場合、相続税は貸家建付地としての評価減を受けることができます。賃貸割合は、貸家建付地の相続税評価額の算出に使わ……

記事を見る

雑種地の評価単位は利用単位(同一目的)ごと

雑種地の評価単位は利用単位(同一目的)ごと

土地の評価では、原則、地目に応じて宅地、畑、山林、雑種地など、区分して評価します。しかし、一筆の土地の中に、宅地、畑、雑種地などが混在する場合には、評価単位はどのように分けるべきでしょうか。今回は、雑種地の評価単位における原則及び例外について事例を紹介しながら解説します。 1.【原則】雑種地の評価単位は利用単位(同一目的)ごと 1-1.雑種地とは 土地の登記の「地目」は、土地の利用状況により……

記事を見る

広大地補正率は「0.6-0.05×(地積÷1,000㎡)」

広大地補正率は「0.6-0.05×(地積÷1,000㎡)」

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 標準的な宅地に比べて著しく広大な地積を持つ宅地が広大地です。広大地の定義は都市圏とそれ以外で異なりますが、広大地に該当する場合は広大地評価の際に広大地補正率が適用され、地積が大きくなるほど減額幅が大きくなります。 1.広大地評価とは? 広大地とは、その地域……

記事を見る

ディスカウント債の相続税評価

ディスカウント債の相続税評価

債券を相続する場合、その相続税評価は債券の種類によって異なります。ディスカウント債の場合、利率を一般債権よりも低めに抑える代わりに発行価額が額面より大幅に割引されており、償還時には償還差益と利息の両方が得られるしくみです。そのため、相続税評価額は既経過償還差益と経過利息を算定し決定されます。 1.ディスカウント債とは? ディスカウント債とは、表面利率は一般的な債券よりも低いものの、額面よりも大……

記事を見る

広大地のフローチャートで広大地評価を判定!

広大地のフローチャートで広大地評価を判定!

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 相続した土地が広大地として認められると、相続税の負担が軽減されます。広大地とは、地域の標準的な宅地と比較して著しく広い土地を指しますが、広大地と認められるには要件があります。広大地の要件に当てはまるか、フローチャートをもとに見ていきましょう。 1.広大地評価……

記事を見る

近似整形地を使った不整形地の相続税評価方法

近似整形地を使った不整形地の相続税評価方法

土地が正方形や長方形などなら評価は簡単ですが、実際はいびつなものも多くあります。そうした土地は不整形地と呼び、補正率をかけて評価額を算出します。不整形地の評価額の算出方法にはいくつかありますが、今回はいびつな土地に近似した整形地を求め、そこから評価額を出す方法について説明します。 1.近似整形地とは? 1-1.近似整形地とはどんなもの? 土地の形は様々です。正方形や長方形のように、わかりやす……

記事を見る

不整形地補正率の算出方法を分かりやすく解説

不整形地補正率の算出方法を分かりやすく解説

相続税申告のためには、土地の正しい評価が必要です。土地には、さまざまな形や特徴がありますが、今回は不整形の土地の評価をする際に適用される不整形地補正率の算出方法を、STEP1からSTEP3に分けてわかりやすく解説します。 1.不整形地とは? 不整形地とは、整形地(正方形や長方形など)ではない、三角地、細長地、L字型などの土地のことです。不整形地は、建物を建てる際に、敷地の中の部分が有効利用でき……

記事を見る

無道路地の相続税評価方法

無道路地の相続税評価方法

無道路地は文字通り道路に面していない土地なので、道路に面している土地に比べ評価額が低くなりますが、土地の形状や周辺の環境によって評価の方法が変わってきます。そこで、具体的に無道路地の評価方法について見ていきましょう。 1.無道路地とは? 1-1.無道路地の定義 建築基準法において、その土地に建物を建てるためには、道路に2m以上接している必要があります。無道路地は、まったく道路に接していないか……

記事を見る

私道の相続税評価3パターン

私道の相続税評価3パターン

私道には、不特定多数が利用するものや私道周辺の住民だけが利用するもの、特定の者だけが利用するものなどがあります。私道の利用のされ方によって3パターンに分類され、それぞれ相続税評価の仕方も変わってきます。 1.私道の分類3パターン 道路には国や自治体が所有し管理する公道と、個人や団体が所有する私道があります。私道はどのような人が利用するかによって3つの種類に分けられます。 私道の3パターン……

記事を見る

公衆用道路として固定資産税が非課税でも相続税評価が必要

公衆用道路として固定資産税が非課税でも相続税評価が必要

不特定多数の人が通行することのできる私道や、住宅に入るために沿道の住人が使用する私道は、公衆用道路として認められれば固定資産税が非課税になります。 しかし、相続税評価は公衆用道路でもその評価がゼロにはならない場合があります。 どのような場合に相続税がかかってくるのか、公衆用道路の形状と相続税について解説します。 1.公衆用道路とは? 1-1.公衆用道路とみなされるのは? 公衆用道路とは、……

記事を見る

借地権割合の調べ方と注意点

借地権割合の調べ方と注意点

借地権や貸宅地、貸家建付地は自用地と違い、所有者や借地人が自由に使うわけにはいきません。そのような土地を相続した場合は、借地権割合をもとに自用地評価額から一定の額を減価して相続税評価額を算出します。ここでは、借地権割合の調べ方と注意点についてご説明します。 1.日本全国の借地権割合は国税庁のHPで調べられる 1-1.借地権割合とは 借地権には普通借地権と定期借地権があります。定期借地権が契約……

記事を見る

準角地の相続税評価の方法~角地と準角地との違い~

準角地の相続税評価の方法~角地と準角地との違い~

相続税を計算する際に、角地の土地評価が高くなることをご存知の方も多いのではないでしょうか。しかし、角地とよく似た「準角地」である場合には、「角地」の評価とは少し異なります。 そこで、相続税を計算する際に知っておきたい角地と準角地の違いとその計算方法をご紹介します。 1.角地と準角地の違い 角地とは、2本の道路が交差またはT字路のように接続している場所で、家の正面と側面が道路に接している土地の……

記事を見る

弔慰金は普通給与の半年分まで相続税が非課税に

セレモニー

相続税の額は、相続や遺贈によって得た財産の総額に応じて課税されます。では、会社等から遺族に支給される「弔慰金」には、相続税は発生するのでしょうか。このページでは、弔慰金を受け取った際の相続税の取り扱いについてご説明します。 1.弔慰金を受け取った際の相続税の取り扱い 会社等から遺族に支給される弔慰金は、基本的には相続税の対象外となっています。 ただし、受け取った弔慰金が以下に該当した場合は相……

記事を見る

自然発生借地権の相続税評価上の取り扱い

家屋、土地評価

借地権が設定されている土地の相続税評価は一般的には借地権割合を用いますが、地代の支払いの状況によって自然発生借地権が発生している場合、相続税評価の方法が変わってきます。ここでは、自然発生借地権の意味と、自然発生借地権がある場合の相続税評価についてご説明します。 1.自然発生借地権とは? 一般に借地権契約を締結する際、借主から地主に対して権利金を支払います。権利金は「時価×借地権割合」で計算でき……

記事を見る

明渡猶予期間中の土地の貸家建付地評価及び小規模宅地の特例適用

家屋、土地評価

明渡猶予期間中の土地の評価が問題となった東京地裁における税務訴訟では、貸家建付地としての評価減は認められず、小規模宅地の特例による評価減は認めるという判決が出されました(平成13年1月13日判決)。明渡猶予期間中の貸家が建つ土地を相続する場合、どのように評価されるのかについて判例を基に解説します。 1.明渡猶予と貸家建付地の評価 明渡猶予期間中の貸家とその敷地の評価について理解するには、まず「……

記事を見る

サブリース契約をしている場合の貸家建付地の相続税評価方法

サブリース契約をしている場合の貸家建付地の相続税評価方法

空室があるとオーナーは安定的な収益を得られず、相続税評価においてもその部分については貸家建付地評価の減額をとることができなくなり不利になってしまいます。そこで、昨今増えている賃貸住宅の契約形態として、サブリース契約があります。サブリース契約とはどういったものか、また、サブリース契約を結んでいるときの相続税評価の扱いについて解説していきます。 1.サブリース契約とは? サブリース契約とは、アパー……

記事を見る

埋蔵物文化財包蔵地に該当する場合の相続税評価方法

埋蔵物文化財包蔵地に該当する場合の相続税評価方法

土地に文化財が埋蔵されている埋蔵物文化財包蔵地に該当する場合、発掘調査の義務や開発制限などさまざまな制約があります。そのため、埋蔵物文化財包蔵地に該当する土地を相続する場合には相続税評価額から、発掘調査費用の80%相当額を差し引くことができます。 1.埋蔵物文化財包蔵地とは? 埋蔵物文化財包蔵地とは、土地に文化財や遺物・遺跡が埋蔵されている地域を指し、文化財保護法に基づき国が指定します。文化庁……

記事を見る

庭内神し(ていないしんし)の敷地の相続税評価方法

庭内神し(ていないしんし)の敷地の相続税評価方法

相続税は財産の価値に応じて課税されるものですが、財産の特徴によっては非課税とされるものも存在します。 このページでは、非課税財産のひとつである「庭内神し」の概要や、庭内神しのある敷地の相続税評価についてご紹介しましょう。 1.庭内神し(ていないしんし)とは? 庭内神しとは、屋敷の中にある「日常礼拝の対象」のことです。具体的には、不動尊(不動明王)、地蔵尊(お地蔵さん)、道祖神(塞の神)といっ……

記事を見る

土壌汚染地の相続税評価方法

土壌汚染地の相続税評価方法

相続対象となった土地が土壌汚染地の場合、相続税評価を減額することが可能です。土壌汚染地の相続税評価は、汚染がなかった場合の評価額から、浄化費用や使用収益制限による減価相当額、および心理的要因による減価相当額を差し引く減価方式によって計算します。 1.土壌汚染地とは? 土壌汚染地とは、直接もしくは地下水などを通して間接的に摂取した場合に人に健康被害をおよぼす有害物質に汚染された土地のことをいいま……

記事を見る

広大地評価と都市計画道路予定地の減額規定は重複適用可能

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 土地の相続税評価において、広大地と都市計画道路予定地はともに相続税評価の減額の要因となります。ここでは、対象となる土地が、広大地と土地計画道路予定地の両方に該当した場合の相続税評価の方法をご説明します。 1.広大地評価と土地計画道路予定地の減額規定は重複適用……

記事を見る

広大地評価と重複適用できる他の減額規定とは?

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 広大地評価は、それだけで大きな減額の要素をはらんでいます。そのため、基本的には広大地評価と重複して他の減額規定は適用されないと考えることができます。しかし、例外があるのも事実。一部においては重複適用が可能です。重複の可否について詳しく解説していきます。 1.……

記事を見る

自用地・貸宅地・貸家建付地の違いとそれぞれの相続税評価

土地評価

被相続人が所有している土地の評価において理解しておきたいのが、自用地と貸宅地、貸家建付地の違いです。まず、ベースとなる自用地とはどのような性質のものなのかというのをもとに、それぞれの相続税の評価について確認してみましょう。 1.「自用地」とは簡単に言うと“自分で使っている土地” 相続などでの宅地の評価では、しばしば自用地という言葉が出てくることがあります。自用地とは、所有者以外の誰かが使用する……

記事を見る

利付公社債の相続税評価方法

相続税評価の際、公社債は原則として、銘柄ごとに課税時期(相続開始日)の市場価額をもとに、券面額100円当たりの単価で評価されます。しかし、利付公社債には金融商品取引所に上場されている銘柄の他にもいろいろなタイプの利付公社債があります。ここでは、利付公社債のタイプごとに評価方法をご説明します。 1.利付公社債とは? 利付公社債とは国や地方公共団体、事業会社などが一般投資家から資金を調達するために……

記事を見る

「比準要素数0(ゼロ)」の会社の相続税評価方法

非上場株式の評価をおこなう際、評価会社と類似業種に属する会社を比較する「類似業種比準方式」を採用するのが原則です。ただし、中には、「比準要素数0(ゼロ)」の会社もあり、類似業種比準方式が適用できないケースがあります。以下、「比準要素数0(ゼロ)」の会社の定義と相続税評価方法について解説していきます。 1.「比準要素数0(ゼロ)」の会社とは? 「比準要素数0(ゼロ)」の会社とは、課税時期が属する……

記事を見る

非上場株式の相続税評価をする上での「従業員数」の求め方

従業員

非上場株式の相続税評価において、「従業員数」の計算方法および「従業員」の範囲に関する定義が、国税庁の財産評価基本通達などの中で具体的に定められています。それぞれの項目について、具体例も含めて内容をご紹介していきましょう。 1.非上場株式の相続税評価における「従業員」の範囲 非上場株式評価における「従業員」とは、雇用形態や勤務時間の長短に関係なく、評価会社との間に締結された雇用契約に基づき賃金を……

記事を見る

被相続人が有していた「特許権」の相続税評価

被相続人が有していた「特許権」の相続税評価

「特許権」は知的財産権として保護されており、「特許権」を持つ方が亡くなった場合、特許権の存続期間中であれば、その権利は相続人が相続することができます。特許権は、その特許によって将来的に利益が発生するため、相続税の課税対象として評価額の対象となります。ここでは、特許権の相続税評価について解説します。 1.相続税の課税対象となる「特許権」とは? 特許権とは、新しい発明を行った者に与えられる一定期間……

記事を見る

被相続人が所有していた「書画骨董」の相続税評価

被相続人が所有していた「書画骨董」の相続税評価

相続を受ける方の中には、被相続人が所有していた書画や骨董を相続するというケースも出てくるでしょう。書画や骨董というものは、美術的な観点もあり評価額を算出するのは少し難しいというのも実際のところ。書画や骨董が相続の対象となった場合どのように評価するのが正しいのか、評価の方法を確認してみましょう。 1.相続税における「書画骨董」の位置づけとは? 基本的に相続をした家財などの財産は、すべて相続税の対……

記事を見る

被相続人が所有していた「自動車」の相続税評価

被相続人が所有していた「自動車」の相続税評価

被相続人が所有していた自動車は、相続財産の一部として相続税評価の対象となります。しかし、自動車に特有の相続税評価額の計算方法はありません。通常行われている「一般動産」として相続税評価が行われます。評価額の算定方法について、自動車の場合の実例を交えて解説します。 1.自動車の相続税評価は「一般動産」として行う 相続税の計算の基礎となる国税庁の財産評価基本通達には、自動車の相続税評価についての特定……

記事を見る

「付属設備(建物一体・門塀・庭園設備)」の相続税評価

「付属設備(建物一体・門塀・庭園設備)」の相続税評価

住まいには、家屋だけではなく、庭木や塀、大きなお宅なら門や庭池といった付属施設がついていることがあります。また、電気やガス設備、給排水設備などがついている家屋は、ついていない家屋よりも資産価値が高くなります。ここでは、具体的に家屋の付属設備に対する相続税評価の出し方を見ていきましょう。 1.「付属設備」とは? 家屋の付属設備とは、具体的には「家屋と構造上一体となっている設備」「門、塀等の設備」……

記事を見る

建築中の家屋(建物)に関する相続税評価の具体的計算方法

建築中の家屋(建物)に関する相続税評価の具体的計算方法

建築中の家屋(建物)の相続税評価をおこなう方法は、既存の建物の評価基準とは異なります。そもそも、建築中の家屋とは何を意味するのか、相続税評価をおこなう場合に適用する計算方法も合わせて、具体的に紹介していきましょう。 1.建築中の家屋(建物)とは? 相続税評価に際して、建築中の家屋(建物)とは、課税時期において建築工事中である家屋や建物を意味しています。なお、ここでいう「課税時期」とは、被相続人……

記事を見る

ゴルフ場用地となっている土地の相続税評価

ゴルフ場用地となっている土地の相続税評価

ゴルフ場用地とは、正式には「ゴルフ場の用に供されている土地」と称され、国税庁の相続・贈与税関係の財産評価基本通達の中で、その評価方法が定められています。ゴルフ場は、他のスポーツに供される施設と比較して、用地自体が大規模である点等が考慮され、税制上でも別個に評価される仕組みが整備されています。 1.ゴルフ場用地となっている土地の相続税評価 ゴルフ場用地として供されている土地の相続税評価をおこなう……

記事を見る

「遺産が未分割であることについてやむを得ない事由」の具体例3つ

「遺産が未分割であることについてやむを得ない事由」の具体例3つ

相続開始から10カ月以内に行わないといけない相続税申告において、相続人間での遺産分割が完了していないと使えない特例があります。申告期限までに遺産分割が間に合わない場合には、申告期限内には一旦、特例を使わずに未分割の状態で申告をしておいて、分割がまとまった時点で、特例を使うという方法があります。 但し、この特例を使う期限を延長するためには、相続税申告の際に、「申告期限後3年以内の分割見込書」を提出……

記事を見る

耕作権が設定されている農地の相続税評価とは

相続税は、土地の持ち主だけが権利を所有する「自用地」のほか、他人に貸し付けている土地にも課税されます。たとえば、他人が耕作している農地(耕作権が設定されている農地)が好例といえるでしょう。このページでは耕作権の概要や、耕作権が設定されている農地の相続税評価などについてご紹介しましょう。 1.耕作権とは? 耕作権(小作権)とは、「農地で耕作または牧畜してもよい権利」のことです。耕作権は農地の借り……

記事を見る

農業用施設用地の相続税評価

農地

農業用施設用地とは、要するに農作業に使う農機具をしまっておく小屋があったり、出荷するものを保管しておく倉庫があったりする場所のことを指します。以前は宅地扱いで評価されていましたが、2000年度から評価方法が見直されました。この農業用施設用地の相続税評価の方法について、ご紹介しましょう。 1.農業用施設用地とは? 農業用施設用地の定義は、農業振興地域の整備に関する法律第3条第4号に「耕作又は養畜……

記事を見る

造成中の宅地の相続税評価は「造成前評価+造成費の80%」

土地開発、造成

相続した遺産の中に、造成中の宅地があった場合はどのように相続税の計算をすればよいのでしょうか。造成中の宅地についての説明から、課税対象となる地目の扱い、具体的な計算方法、各種注意点などについてご説明していきます。 1.造成中の宅地とは? 宅地とは、建物を建てるための敷地、または、建物の維持などのために必要な土地のことです。家やビルなどを建てるための土地も宅地ですし、建物の一部として道路を作る場……

記事を見る