ブログコンテンツ

未経過保険料の相続税評価 ~非課税枠の適用の有無について~

被相続人を契約者・被保険者とする生命保険の死亡保険金を請求した場合、死亡保険金と一緒に、前納していた保険料の未経過分が払い戻されることがあります。死亡保険金はみなし相続財産となり、相続税の対象になりますが、未経過保険料はどのように扱えばいいのでしょうか。 1.未経過保険料(前納保険料)も相続税の課税対象 生命保険の保険料は、半年払いや年払い、前納払いなどいろいろな支払い方があります。被相続……

記事を見る

位置指定道路の相続税評価は“行き止まりか通り抜けか”で判断

1.位置指定道路とは? 1-1.位置指定道路とは? 建築基準法の規定では、「建物を建てる敷地は道路に2m以上接していなければならない」と定められています。そのため、広い宅地を細分化した場合や、私道を通らないと入れないような宅地など、宅地が公道に面していない場合は、それぞれの宅地が2m以上接するような道路を作らなければなりません。この道路として特定行政庁から指定を受けた私道が、位置指定道路で……

記事を見る

外貨建ての財産の相続税評価はTTBで行う

被相続人が、外貨預金などの外貨建て金融資産を保有していた場合、相続税評価はどのように行うのでしょうか。外貨建て資産は円貨に換算して評価額を計算する必要があります。ここでは、外貨建て資産を円貨で評価する方法を詳しくご説明します。 1.外貨建ての海外資産はTTB(対顧客直物電信買相場)で行う 外貨預金など外貨建ての海外資産を相続税評価する場合、円貨に換算する必要があります。その際は、課税時期(……

記事を見る

MRF、MMFの相続税評価の方法

公社債投資信託であるMMFやMRFは、比較的リスクが低い投資商品ということで、気軽に投資をしている方も多いでしょう。このような証券投資信託受益権の相続税評価はどうすればいいのでしょうか。ここでは、MMFとMRFの違いと相続税評価の方法をご紹介します。 1. MMFとは?MRFとは?両者の違いは? 1-1.MMFは日々分配型の公社債投資信託 MMF(マネー・マネジメント・ファンド)は、……

記事を見る

相続税申告における納付書の記載方法

相続税申告では納付書に必要事項を記入したうえで、金融機関、あるいは、税務署で相続税を支払います。使用する納付書はほかの税金の支払いで使用するものと共通しています。相続税申告の際の納付書の書き方について解説していきます。 1.相続税申告における納付書の記載方法 相続税申告では、複数の相続人の分をまとめることはできず、相続人ごとに納付書に記載していきます。 ① 年度 相続を開始……

記事を見る

ゴルフ会員権の相続税評価は取引価格の70%

ゴルフ会員権は株式形式や保証金形式で利用権が発行されることが多く、市場で取引されているため、資産としての一面を持っています。そのため、相続が発生した際には相続税の計算対象となります。ここでは、相続税申告でのゴルフ会員権の評価方法をご説明します。 1.ゴルフ会員権の相続税評価実務 ゴルフ会員権の相続税評価は、取引相場があるものと取引相場がないもので、相続税評価の方法が異なります。また、ゴルフ……

記事を見る

FXポジション(損益が未確定の状態)の相続税評価実務

FX取引を行っていた被相続人が亡くなった場合、FXポジションというものが発生することがあります。決済が行われずに通貨を所持したままの状態のことです。FXポジションがあった場合、相続税はどのように評価を行うのが正しいのでしょうか。FXポジションにおける評価と相続の流れをご紹介していきます。 1.FXとは?FXポジションとは? FXとは、日本語で外国為替証拠金取引のことです。証拠金取引とは……

記事を見る

土地の相続税評価に不動産鑑定評価を使える場合の条件

土地に対する相続税の申告では、「財産評価基本通達」に基づいて、路線価や倍率評価を用いて、相続税評価を計算していくのが原則です。しかし、それでは、路線価は時価の8割程度であるはずなのに、路線価による計算では、時価を上回ってしまうケースがあります。不動産鑑定評価によって相続税評価を行えるケースもあるのです。 1.土地の評価は原則「財産評価基本通達」に基づいて路線価or倍率評価 相続税の申告では……

記事を見る

エアコンの相続税評価は原則個別にする必要なし

相続する居住用家屋や事業所等に、エアコンが設置されている場合、相続税評価はどのようにおこなうのが正しいのでしょうか。税法上の基本的な考え方と、相続税評価をおこなう場合の具体的な方法について、ご紹介していきます。 1.エアコンは原則“建物附属設備”に該当するため個別に評価不要 エアコンが、そもそも「建物附随設備」に該当するかどうかは、相続・贈与税関係の基本通達「財産評価」第3章92を確認すれ……

記事を見る

営業権(のれん)の相続税評価の実務

営業権は、相続税評価の際、どのように評価額を決定したらよいか、具体的な計算方法も含めてご紹介していきます。なかには、営業権の性質によって、相続税評価が不要な場合もありますので、合わせて確認していきましょう。 1.相続税評価が必要な営業権(のれん)とは? 通称「のれん」と呼ばれる「営業権」は、企業が独自で有するブランド力や技術力などにより創出される無形固定資産です。営業権は、法律上の権利ではあり……

記事を見る

圧縮記帳されている土地の相続税評価実務

土地の相続税評価をおこなう際、圧縮記帳がなされていたら、どのように取り扱ったらよいのか、概要を説明していきます。圧縮記帳に関する定義や仕訳事例も含めて紹介していますので、日々の実務の参考として、お役立てください。 1.圧縮記帳とは? 圧縮記帳とは、交付された国庫補助金や補償金などを活用して、土地等の資産を取得した場合に適用できる会計帳簿への記帳方式です。簡単に言えば、実際の土地の取得価額から、……

記事を見る

電話加入権の相続税評価は1本1,500円(全国一律)

固定電話を設置する際、電話会社との契約形態により、電話加入権があるものとないものが存在しています。したがって、電話加入権の相続税評価は、各々どのようにしたらよいか、迷う方も多いようです。電話加入権に関する基礎知識と相続税評価の方法についてご紹介していきましょう。 1.電話加入権とは?~評価する必要のあるものとないもの~ 1-1.“ひかり電話”等、加入権なしで電話番号を使用している場合には評価不……

記事を見る

3年内加算の贈与財産から相続税の債務控除はできない

相続開始前、3年以内に行われた贈与は贈与が無かったことになり、その贈与財産は相続財産にふくまれてしまうことをご存知ですか? また、相続財産に含まれることになった贈与財産は債務控除の対象とならないのです。 3年内加算の贈与財産と債務控除の関係について詳しくご紹介します。 1.3年内加算の贈与財産とは!? 贈与とは生きている人から生きている人への財産の無償移転を言い、渡される財産には贈与税……

記事を見る

全容を大公開!相続税の税務調査パーフェクトガイド【これで安心!聞かれやすい18の質問と対処法】

この記事を読んでいるあなたは相続税の税務調査がすでに来ているか、今後入るかもしれないと心配されていると思います。 実際に税務調査が来たらどんなことを聞かれるのだろう?、何か入られないための対策はないだろうか?、相続税の税務調査に対する不安は多岐に渡るでしょう。 税務署は納税者に不利な指摘をしてくることが多いですが、相続税の税務調査は事前に対処方法や準備をしていれば防ぐことが可能です。 ……

記事を見る

相続税申告に関わるマイナンバー(個人番号)の取扱い実務ガイド

平成28年から始まったマイナンバー制度。社会保険や税など、さまざまな場面でマイナンバーを使用する必要が出てきました。 では、相続税申告でマイナンバーはどのように取り扱われるのでしょうか? ここでは、相続税申告とマイナンバーの関係を詳しく解説します。 1. 相続税申告書第1表に相続人のマイナンバーの記載が必須(被相続人のものは不要) 平成28年1月から、社会保障や税、災害対策の分野に……

記事を見る

前払費用の相続税評価は財産的価値の有無で判断

1.前払費用とは?前払費用の具体的例示 前払費用とは、一定の契約に基づいて役務の提供を受ける場合に、まだ提供されていない役務に対して支払われた対価のことを言います。具体的には、以下のようなものが該当します。 ・1年分の保険料を前払いしたような場合(前払保険料) ・家賃を一年分前払いしたような場合(前払家賃) ・将来長期にわたる保証料を一括で前払いしたような場合(前払保証料)……

記事を見る

「1か月前に10万円で購入したベッド」の相続税評価はいくら?

突然ですが、相続税の財産評価の問題です。 Question 「相続開始30日前に15万円購入したダブルサイズのベッド一式」 の相続税評価額を計算しなさい。 結論から言うと、相続税の実務においては、“評価ゼロ”となります。 なぜ、そうなるかは順を追って説明します。 【間違った回答例】 ベッド一式は、財産評価基本通達に当てはめると、“一般動産”とな……

記事を見る

【会計事務所向け】相続税申告書作成ソフトの賢い選び方

相続税申告書を作成するためのパソコンのソフトウェアを探しているが、 「年間数件しか相続税申告を行わないので、月額契約は避けたい…」 「最も使いやすいソフトは何か…」 「税務の知識がなくても入力し易いソフトは何か…」 などとお悩みではないでしょうか。この記事では、年間500件以上の相続税申告書を作成している税理士法人チェスターが、相続税申告書のソフトウェアを網羅的にご紹介し、それぞれ……

記事を見る

資産税系の税理士事務所に転職希望する者のためのQ&A

税理士事務所に勤務していて転職を考えておられる方で、これから相続税・資産税をやっていきたいと思っておられる方向けの記事となります。ここでは、相続税(資産税)系の税理士事務所に就職するにはどうしたらよいのかを解説していきたいと思います。 なお、私が代表を務める税理士法人チェスターは、相続税専門の税理士事務所で、2016年8月現在で52名の職員がおり、業務のほぼ100%が相続税関係となっています……

記事を見る

専門書にも載ってない!相続税申告の実務の勘所

相続税申告の実務をしていて、不明点があれば、 ・ネットで検索 ・条文、通達、逐条解説を読む ・専門書で確認 ・過去の判例を確認 このような確認をされるかと思います。 ただ、それでも相続税申告実務においては、個々の個別事情が強すぎるため、明確な回答が得られない場合が多々でてきます。 例えば、 ・庭園設備って通達で評価方法が決まっているけどホ……

記事を見る

相続専門税理士が解説! 相続税申告実務におけるマイナンバー対応

平成28年1月1日以降発生の相続に関わる相続税申告から、税務署へ提出する相続税申告書にマイナンバー(個人番号)の記載が必要となっています。また、その添付書類として、マイナンバーカードのコピーもつける必要があります。 亡くなった被相続人のマイナンバーカードはないがどうしたらよいか? 通知カードも紛失してしまっていた場合にはどうしたら良いか等、相続税申告についてのマイナンバー対応で様々なお悩みが……

記事を見る

会計事務所への就職を考えている者が知るべき8のこと

会計事務所への就職を考えているが、まったく知らない業界なのでとにかく不安で、一体どんな職場が待っているのだろうと不安になっていませんか? そんな方のために、会計事務所業界で働くということはこんな感じということについて、ありのままをお伝えしたいと思います。 1.会計事務所はほとんどが中小零細企業 統計上会計事務所は、99%以上が従業員数50名以下の中小企業です。 ……

記事を見る

税理士が実務で使える税務系無料メルマガまとめ10選

税理士業務に従事していると、常に税制に関する最新の情報をフォローアップしておく必要があります。 ここでは、プロとして知っておかなければ恥ずかしい最新の税務情報を漏れなく入手できるように、税務情報を配信している無料メルマガサービスをご紹介します。 1.国税庁|新着情報・メールマガジン配信サービス 国税庁では、納税者の皆様に税に関する情報をお伝えするため、「国税庁ホームページ新着情報」と……

記事を見る

実務で使える!名義預金の判定フローチャート

相続税の申告実務において名義預金の判定で悩まれることは多いと思います。相続財産として計上すべきか否か、税額のインパクトも大きくまた税務調査で必ず注目されるポイントですので判断も慎重にならざるを得ません。 ここでは、名義預金の判定の実務的な手法をご紹介したいと思います。 1.名義預金判定フローチャート まずは、こちらの図をご覧ください。 Yes,Noで辿ってい……

記事を見る

【税理士向け】相続税申告報酬の適正な決定方法

相続税の申告業務は蓋を開けてみないと、業務全体にどれくらいの稼働がかかるか分らない。かといって、後から稼働がかかったので追加の報酬は請求しにくい。そんなお悩みをお持ちではないでしょうか!? ここでは、税理士の立場から相続税申告報酬を初回の面談時に適正に見積もるための方法論をお伝えしようと思います。 1.遺産総額・不動産の利用区分・相続人の数・非上場株式の数の4要素をベースに 基本的に旧税……

記事を見る

電卓は叩くな!税理士・会計士の効率的な受験勉強方法

税理士・会計士の勉強方法について、私なりのノウハウをここに記したいと思います。 私は、2004年に公認会計士試験の2次試験に合格しています。大学在学中にTACの会計士試験の2年コースを受講し、受験1回目で合格することができました。 私は、自分は人並み以上に記憶力がなく、勉強も嫌いなことに自信があります…。ただ、根性と考える力は人一倍もっていると思っています。 受験勉強は、「勉強の仕方」の……

記事を見る

やってしまいがちな相続税申告実務のミス10選

相続税の申告実務でやってしまいがちなミスをご紹介します。相続税法をしっかり勉強して、市販のチェックリストを頑張って潰しても、やはり経験値が少ないとミスをしてしまうことがあります。 その一度のミスが、事務所の存亡にかかわるような致命傷になることもないとは言えません。そういったリスクを最小限にとどめるためにも、こちらでぜひ学んでいってください。 1.障害者控除の適用対象者が遺産を取得し……

記事を見る

税理士になるにはどうすれば良いか? を徹底解説!!

税理士になりたいが、税理士になるのはどうすれば良いのかと悩まれている方は多いかと思います。 まず、税理士になるのは3つの方法があります。「税理士試験を受験する方法」「公認会計士・弁護士から税理士になる方法」「税務署で23年勤めて税理士になる方法」です。 どの方法があなたにとって税理士になるための最善な方法なのか、この記事をよく読んで確かめてみましょう。 1.税理士試験を受験し……

記事を見る

税理士開業パーフェクトガイド2016

税理士が開業税理士として登録し、営業を開始するまでには、様々な意思決定をしなければなりません。初めてのことの連続で判断に迷われる方も多いでしょう。そこで、私が開業した時の体験をもとに「税理士の開業パーフェクトガイド」をここに記したいと思います。 1.税理士が開業前に考えなければならない4つのこと 税理士が開業する前段階で考えなければいけないことはいろいろとありますが、多くの方が悩ま……

記事を見る

税理士が仕事をする上で必要な税理士会の登録費用と年会費

これから税理士の登録をしようとしている方は、どういった費用が今後必要になっていくか気になっておられると思います。税理士として仕事をするためには、必ず税理士会に所属しなければならず、所属をするためには登録時に登録費用と、年会費が必ずかかってきます。その税理士会に関わる費用について解説します。 なお、どこの場所で事務所を開設するかによって所属することとなる税理士会が異なり、その所属する税理士会や……

記事を見る

会計事務所が良い人材を採用するための3ステップ

この記事では、人材採用をおこなう会計事務所が、求人を行う際に具体的にどういったことに気をつけて活動すれば良い人材が採用できるかということについて、3ステップで解説していきたいと思います。 STEP1 “どんな人材を採用したいか明確にする” まずは、今のあなたの事務所にどういったスペックの人材が必要かということを明確にしましょう。 おおよそ考えるべきことは以下……

記事を見る

税理士の平均年収は716万円なり ~年齢別・男女別・勤務形態別の平均と実態~

税理士は、合格率10%台の難関国家資格と言われています。では、その難関の国家資格をクリアした結果、一体どの程度の給料を稼ぐことができるのでしょうか。公に公表されている統計値と、私の経験を踏まえた実態から税理士の年収について徹底的に解説してみたいと思います。 1.税理士の平均年収は716万円 厚生労働省が発表している統計データによると、税理士の平均年収は716万円となっています。 毎月……

記事を見る

小規模な会計事務所でのサーバーの選び方

事務所の人数が増えて来たら、複数人で共同作業をすることが増えてくると思います。また、管理リストなどをエクセルで作って、みなで同時に閲覧したいといった要望も出てきます。そうした場合に、USBやメールでいちいちデータを送付していては時間もかかり不効率です。そこで、“サーバー”という選択肢が出てきます。 パソコンのデータをみんなで共有する仕組み⇒サーバー 一口にサーバーといっても、実はWEBサーバー……

記事を見る