経営・その他

資産税系の税理士事務所に転職希望する者のためのQ&A

税理士事務所に勤務していて転職を考えておられる方で、これから相続税・資産税をやっていきたいと思っておられる方向けの記事となります。ここでは、相続税(資産税)系の税理士事務所に就職するにはどうしたらよいのかを解説していきたいと思います。 なお、私が代表を務める税理士法人チェスターは、相続税専門の税理士事務所で、2016年8月現在で52名の職員がおり、業務のほぼ100%が相続税関係となっています……

記事を見る

相続専門税理士として今開業しても成功しない理由を説いてみます

まず初めに簡単に自己紹介をします。税理士法人チェスターという相続専門の税理士事務所の代表をしております福留と申します。 今から8年前に相続専門税理士として開業し、現在は所属税理士16名、会計士4名、グループ総勢53名、東京・横浜・大阪に事務所を構えています。 今でも、仕事の99%は相続関連のお仕事で法人の顧問先はほとんど持たず、相続専門を貫いています。 そんな私がこのブログを書こうと……

記事を見る

会計事務所への就職を考えている者が知るべき8のこと

会計事務所への就職を考えているが、まったく知らない業界なのでとにかく不安で、一体どんな職場が待っているのだろうと不安になっていませんか? そんな方のために、会計事務所業界で働くということはこんな感じということについて、ありのままをお伝えしたいと思います。 1.会計事務所はほとんどが中小零細企業 統計上会計事務所は、99%以上が従業員数50名以下の中小企業です。 ……

記事を見る

【税理士向け】相続税申告報酬の適正な決定方法

相続税の申告業務は蓋を開けてみないと、業務全体にどれくらいの稼働がかかるか分らない。かといって、後から稼働がかかったので追加の報酬は請求しにくい。そんなお悩みをお持ちではないでしょうか!? ここでは、税理士の立場から相続税申告報酬を初回の面談時に適正に見積もるための方法論をお伝えしようと思います。 1.遺産総額・不動産の利用区分・相続人の数・非上場株式の数の4要素をベースに 基本的に旧税……

記事を見る

電卓は叩くな!税理士・会計士の効率的な受験勉強方法

税理士・会計士の勉強方法について、私なりのノウハウをここに記したいと思います。 私は、2004年に公認会計士試験の2次試験に合格しています。大学在学中にTACの会計士試験の2年コースを受講し、受験1回目で合格することができました。 私は、自分は人並み以上に記憶力がなく、勉強も嫌いなことに自信があります…。ただ、根性と考える力は人一倍もっていると思っています。 受験勉強は、「勉強の仕方」の……

記事を見る

税理士が年間10件の相続税申告で不動産売上100万円をあげる方法

突然ですが、先生の事務所では、年間何件の相続税申告の案件をやられていますでしょうか? また、その相続税申告の案件のうち、何件を不動産のお仕事につなげて収益化されていますでしょうか? ちなみに、年間約500件の相続税申告を行っている税理士法人チェスターでは、不動産の売上は年間5,000万円以上あります。 つまり、単純計算をしますと、5,000万÷500件=10万円。 ……

記事を見る

税理士になるにはどうすれば良いか? を徹底解説!!

税理士になりたいが、税理士になるのはどうすれば良いのかと悩まれている方は多いかと思います。 まず、税理士になるのは3つの方法があります。「税理士試験を受験する方法」「公認会計士・弁護士から税理士になる方法」「税務署で23年勤めて税理士になる方法」です。 どの方法があなたにとって税理士になるための最善な方法なのか、この記事をよく読んで確かめてみましょう。 1.税理士試験を受験し……

記事を見る

税理士開業パーフェクトガイド2016

税理士が開業税理士として登録し、営業を開始するまでには、様々な意思決定をしなければなりません。初めてのことの連続で判断に迷われる方も多いでしょう。そこで、私が開業した時の体験をもとに「税理士の開業パーフェクトガイド」をここに記したいと思います。 1.税理士が開業前に考えなければならない4つのこと 税理士が開業する前段階で考えなければいけないことはいろいろとありますが、多くの方が悩ま……

記事を見る

他業種のビジネスモデルを参考に戦略立案

自分の事務所の経営戦略を考えるとき、他業種の成功事例は非常に参考になります。 同じ業界の成功事例は目に付きやすいですが、同じ業界で先行している成功モデルを中途半端に模倣してもうまくいくはずがありません。そこで、私は、よく他業種の成功事例をできるだけ多くインプットして参考にするようにしています。 「相続ビジネス」が参考にできる他業種のビジネスモデル 税理士法人チェスター……

記事を見る

税理士のための相続税申告報酬の決め方【チェスター式】

相続税の申告報酬の見積もりってどうやって決めればよいのかと、お悩みの税理士の方は多いと思います。なぜなら、相続税申告業務は依頼頂く内容によって蓋を開けてみたら「!!」というようなことが往々にしてあり、受任前に正確なお見積りを算定するのは至難の技だからです。 ただ、それは依頼を受ける税理士側の都合であり、顧客からすると依頼する前に報酬が確定していないと不安なことは間違いありません。では、事前の……

記事を見る

税理士が仕事をする上で必要な税理士会の登録費用と年会費

これから税理士の登録をしようとしている方は、どういった費用が今後必要になっていくか気になっておられると思います。税理士として仕事をするためには、必ず税理士会に所属しなければならず、所属をするためには登録時に登録費用と、年会費が必ずかかってきます。その税理士会に関わる費用について解説します。 なお、どこの場所で事務所を開設するかによって所属することとなる税理士会が異なり、その所属する税理士会や……

記事を見る

会計事務所が良い人材を採用するための3ステップ

この記事では、人材採用をおこなう会計事務所が、求人を行う際に具体的にどういったことに気をつけて活動すれば良い人材が採用できるかということについて、3ステップで解説していきたいと思います。 STEP1 “どんな人材を採用したいか明確にする” まずは、今のあなたの事務所にどういったスペックの人材が必要かということを明確にしましょう。 おおよそ考えるべきことは以下……

記事を見る

税理士の平均年収は716万円なり ~年齢別・男女別・勤務形態別の平均と実態~

税理士は、合格率10%台の難関国家資格と言われています。では、その難関の国家資格をクリアした結果、一体どの程度の給料を稼ぐことができるのでしょうか。公に公表されている統計値と、私の経験を踏まえた実態から税理士の年収について徹底的に解説してみたいと思います。 1.税理士の平均年収は716万円 厚生労働省が発表している統計データによると、税理士の平均年収は716万円となっています。 毎月……

記事を見る

小規模な会計事務所でのサーバーの選び方

事務所の人数が増えて来たら、複数人で共同作業をすることが増えてくると思います。また、管理リストなどをエクセルで作って、みなで同時に閲覧したいといった要望も出てきます。そうした場合に、USBやメールでいちいちデータを送付していては時間もかかり不効率です。そこで、“サーバー”という選択肢が出てきます。 パソコンのデータをみんなで共有する仕組み⇒サーバー 一口にサーバーといっても、実はWEBサーバー……

記事を見る