相続税のこと

「復氏届」の意味と申請方法について解説

「復氏届」の意味と申請方法について解説

配偶者が死亡した場合、婚姻により姓を変更したものは、そのまま配偶者の姓を用いるか、婚姻前の姓に戻すかを選択することができます。婚姻前の姓に戻す場合には、「復氏届」の提出が必要です。復氏届の役割と、手続き方法について解説します。 1.復氏届とは? 復氏届とは、婚姻により姓を変更したものが、配偶者の死亡後に婚姻前の旧姓に戻すために必要な届け出です。復氏届を提出することにより、婚姻前の戸籍に戻り、そ……

記事を見る

小規模宅地等の特例の「相当の対価」を税理士が解説

小規模宅地等の特例の「相当の対価」を税理士が解説

相続税の評価において小規模宅地等の特例が適用されるかどうかは、課税額に大きく影響します。「相当の対価」は、小規模宅地等の特例の一つである貸付事業用宅地の重要な成立要件です。けれども、実は「相当の対価」の定義は法令や通達に規定が無く、過去の裁判の判例が判断材料となります。「相当の対価」について解説していきましょう。 1.「相当の対価」は貸付事業用宅地の特例の重要な成立要件 「相当の対価」とは、主……

記事を見る

売買契約中に相続が発生した場合の小規模宅地等の特例

宅地等の売買契約中に相続が生じた場合、実務上、小規模宅地等の特例を適用することができないと解釈するのが通例となっています。その具体的な理由と、相続人となった売主および買主双方の財産評価の方法について、確認していきましょう。 1.売買契約中に相続が発生した場合、原則として小規模宅地等の特例が使えないワケとは ある土地の売買契約を締結したあと、実際に土地の引き渡しを待たずに、売主あるいは買主が亡く……

記事を見る

小規模宅地等の特例の家なき子特例について徹底解説

小規模宅地等の特例の家なき子特例について徹底解説

故人が住んでいた宅地の相続は、都心部などでは高額な相続税が発生しますが、小規模宅地の特例が受けられれば、大幅に軽減されます。小規模宅地の特例で、配偶者や同居の親族以外が適用を受ける「家なき子特例」について解説していきます。 1.「家なき子」とは、どういった状態を意味するのか? 小規模宅地の特例とは、故人が居住していた住宅の土地の相続で、相続税が8割軽減される特例です。いわゆる「家なき子」といわ……

記事を見る

保険金受取人が死亡した場合の課税関係

保険金受取人が死亡した場合の課税関係

生命保険の被保険者が亡くなると保険金が支払われますが、保険料を相続人が負担している場合は相続税の対象となります。それでは、保険金受取人が亡くなった場合は相続や課税についてどのようになるのでしょうか。保険金受取人が亡くなった場合の相続と手続きについて解説します。 1.保険金受取人が死亡しても“受け取り権利”は相続されない 生命保険の契約では、保険の対象となる被保険者、保険料を実際に払い契約を行う……

記事を見る

小規模宅地等の特例の税務署添付書類を徹底解説

小規模宅地等の特例の税務署添付書類を徹底解説

相続の際に小規模宅地等の特例を受ける場合には、特例適用後に相続税が発生しない場合でも、税務署に相続税の申告を行わなければなりません。特例の種類によって添付書類は異なりますので、事前に準備しておく必要があります。相続税の申告書に添付が必要な書類について、ケース別に解説いたします。 1.小規模宅地等の特例の種類ごとに添付書類が異なる 小規模宅地等の特例適用には相続税の申告が必要になりますが、その特……

記事を見る

社宅の相続税評価は貸家建付地ではなく自用地評価になる

社宅の相続税評価は貸家建付地ではなく自用地評価になる

会社保有の土地に従業員のための社宅を建てていた場合のその土地の相続税評価はどうなるのでしょうか?自分の土地ですが、自分は住んでいませんし、賃貸借契約をしているわけでもありません。今回はこの「社宅の敷地の評価方法」について見ていきましょう。 1.社宅の相続税評価は貸家建付地ではなく自用地評価 1-1.社宅の敷地の扱い 社宅は従業員のために会社が用意した住居のこと。従業員は使用料を払って住むこと……

記事を見る

「配当還元方式」による非上場株式の相続税評価方法

「配当還元方式」による非上場株式の相続税評価方法

非上場の株式のうち、同族関係者であれば、原則的評価に基づき相続を行うことになります。しかし同族関係者ではない場合は評価方法が異なります。同族関係者でない場合に用いるのが、特例的な評価方式である配当還元方式です。配当還元方式の評価方法について詳しく確認してみましょう。 1.「配当還元方式」とは 取引相場のない株式については、基本的に原則的評価に則って、類似の業種をもとにした評価や純資産に照らし合……

記事を見る

騒音がする宅地に10%評価減が適用可能かどうかの判断基準

騒音がする宅地に10%評価減が適用可能かどうかの判断基準

線路沿いの土地や、近くに高速道路が通っている土地の場合などは、利用価値が低下している宅地として、評価減できるのでしょうか。今回は、騒音がする宅地の相続税評価について解説します。 1.騒音がする宅地の相続税評価 線路沿いの土地の場合には、騒音の問題があるため、評価減できる可能性があります。騒音がする宅地といっても、利用価値が著しく低い宅地として減額できるかどうか、何を基準に判断するのでしょうか。……

記事を見る

「筆頭株主グループ」の実務的な判定方法

「筆頭株主グループ」の実務的な判定方法

相続の際、上場している株式であれば客観的な評価ができますが、非上場の株式は市場性がないため、ケースごとに見ていく必要があります。非上場株式の場合で、まず確認する必要があるのが筆頭株主グループです。筆頭株主グループの範囲とはなにか、判定方法を確認してみましょう。 1.「筆頭株主グループ」とは議決権が最も多い同族関係者グループのこと 会社の株式を所持している人や法人のことを株主と言いますが、筆頭株……

記事を見る

権利落ちした上場株式の相続税評価の基準日

権利落ちした上場株式の相続税評価の基準日

上場株式の評価は、基本的に被相続人が亡くなった日の最終価格によりますが、権利落ち日が近い場合は通常とは異なる方法により評価する必要があります。今回は、権利落ち日から実際に権利が履行される基準日の間に相続が発生してしまった場合の評価の考え方を確認してみましょう。 1.上場株式における権利落ちとは 企業の発行する株式は、もともと投資家に株式を買ってもらい、会社を経営するための資本を確保しようという……

記事を見る

定期借地権の目的となっている宅地の相続税評価

定期借地権の目的となっている宅地の相続税評価

宅地を一定期間の契約で人に貸している場合、その宅地は「定期借地権の目的となっている宅地」に該当します。定期借地権の目的となっている宅地の定義、定期借地権の種類ごとの計算方法、計算式が適用できないケースについて、順番にご紹介しましょう。 1.定期借地権の目的となっている宅地とは? 定期借地権とは、契約により定められた期間のみ土地を貸し出す制度のことです。 宅地は大きく2種類に分けられます。……

記事を見る

「容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地」の相続税評価

「容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地」の相続税評価

宅地の相続税評価を行う際、路線価のある地域では路線価方式により計算します。路線価は、通常、各地域の容積率を反映した価額となっていますが、その宅地が2以上の容積率の異なる地域にわたる場合、容積率の違いによる影響度を勘案して相続税評価額を減価できることがあります。 1.「容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地」とは? 例えば奥行きの長い土地などでは、1画地の宅地であっても途中から容積率が変わる場合……

記事を見る

上場株式の相続税評価パーフェクトガイド

株価

投信などを目的に株式を保有している方も少なくないかと思います。もし、株式を相続するとなった場合、相続税の評価は、上場株式と非上場株式で異なるので注意が必要です。今回は、上場株式の相続において株式の評価を行う場合の方法と注意点を確認してみましょう。 1.上場株式の相続税評価 上場株式の相続税評価にあたっては、まず4つの価格を出すことが大切です。 課税時期における最終価格 課税時期……

記事を見る

広大地評価における「公共公益的施設用地」とは?

広大地評価における「公共公益的施設用地」とは?

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 相続した土地が著しく広い場合、広大地として評価される要件の一つに、「公共公益的施設用地の負担の必要性」があります。公共的公益的施設用地とは何か、また、認められるケースや認められないケースについて、解説していきます。 1.広大地評価における「公共公益的施設用地……

記事を見る

小規模宅地等の特例の限度面積を徹底解説

小規模宅地等の特例の限度面積を徹底解説

小規模宅地等の特例の限度面積は、その土地の利用目的によって異なり、減額割合も違ってきます。実際にどれくらい相続税が減額されるのか、最も一般的な住宅用の土地を相続した場合でその計算方法を解説します。また、複数の土地を相続する場合の限度面積や限度額の求め方についても例を挙げてみてみます。 1.小規模宅地等の特例における限度面積の算式を理解する 定められた限度面積まで相続税が一定の割合で減額される小……

記事を見る

小規模宅地等の特例を併用する場合の計算方法とパターン

小規模宅地等の特例を併用する場合の計算方法とパターン

小規模宅地等の特例は併用して利用することができます。併用する際はどの宅地を優先させるかで限度面積の計算方法に違いがあり、場合によっては相続税の減額割合にも大きな差が生じるため注意が必要です。小規模宅地等の特例の併用パターンによる計算方法の具体例を挙げて解説します。 1.小規模宅地等の特例を併用する場合の限度面積の計算方法 小規模宅地等の特例とは、相続開始の直前まで被相続人等の事業用または居住用……

記事を見る

雑種地相続税評価の具体的な方法を税理士が解説

雑種地相続税評価の具体的な方法を税理士が解説

雑種地は、付近の似ている土地の評価を基に評価する近傍地批准価額方式で評価を行います。その雑種地がどの地域にあるかで評価額が大きく異なるため、評価が難しい地目でもあります。ここでは、雑種地の相続税評価について詳しくご説明します。 1.相続税上の雑種地の定義 財産評価の指針では雑種地は、「地、田、畑、山林、原野、牧場、池沼、鉱泉地のどれにも当てはまらない土地」と定義されています。雑種地という名前の……

記事を見る

増改築(リフォーム等)をした場合の相続税評価について

増改築(リフォーム等)をした場合の相続税評価について

相続によって取得する家屋が、最近リフォームやリノベーションを含む増改築がおこなわれているものであれば、相続税評価の際に注意が必要です。どのような点を確認しておくべきかを含め、増改築を実施した家屋等の相続税評価について解説していきましょう。 1.増改築(リフォーム等)をした場合の相続税評価について 1-1.家屋の相続税評価における原則 相続税評価において、家屋の財産評価額は、固定資産税評価額を……

記事を見る

仮装隠蔽があった場合には配偶者の税額軽減が適用できない

仮装隠蔽があった場合には配偶者の税額軽減が適用できない

本来申告しなければならない額よりも少なく見積もって申告を行った場合、事実が明らかになれば過少申告加算税などの税金が加算される場合があります。相続税の場合は、税金によるペナルティだけでなく、配偶者の税額軽減が適用できないということもあります。 1.仮装隠蔽があった場合には配偶者の税額軽減が適用できない 相続税の計算では、被相続人、つまり亡くなった人の配偶者に限り、配偶者の税額軽減を適用することが……

記事を見る

生命保険金(死亡保険金)の相続税非課税額の具体的計算方法

生命保険金(死亡保険金)の相続税非課税額の具体的計算方法

被相続人の死亡によって生命保険などの死亡保険金を受け取った場合は相続税の対象となります。しかし、全額が相続税として課税されるわけではありません。生命保険の場合、非課税限度額が設けられています。非課税限度額が適用されるのはどのような場合か、どのように計算するのかを見ていきましょう。 1.生命保険金(死亡保険金)は”500万円×相続人の数”まで非課税 生命保険や損害保険など、被相続人が亡くなること……

記事を見る

未分割(遺産分割が整わない状態)での相続税申告の注意点

未分割(遺産分割が整わない状態)での相続税申告の注意点

誰がどのくらい相続するかという相続の問題はトラブルに発展しやすい事項です。遺書によって円滑に相続が行われれば問題ありませんが、相続税の申告時期になっても分割が完了していないというケースもあります。未分割で相続税を申告する場合の注意点について確認してみましょう。 1.未分割(遺産分割が整わない状態)でも、相続税申告は必要 相続税の申告期限は、被相続人が亡くなったことを知った日の翌日より10か月で……

記事を見る

退職手当金にかかる相続税は”500万円×相続人数”まで非課税

退職手当金にかかる相続税は”500万円×相続人数”まで非課税

相続をする場合、退職手当金を受け取るケースもあるでしょう。退職手当金等に該当する場合は、相続財産にカウントされますが、全てに対して課税される訳ではありません。退職手当等には非課税枠が設けられています。非課税枠の考え方について、例を交えながら確認してみましょう。 1.相続財産とみなされる退職手当金等 被相続人が受け取る権利のあった退職手当等は相続財産とみなされます。ここで注目したいのが退職手当等……

記事を見る

大規模工場用地の相続税評価

大規模工場用地の相続税評価

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 大規模工場用地とは、一団の工場用地で地積が5万㎡以上の土地のこと。5万㎡といえば200m×250m、東京ドームに換算すると約1.06個分なので、ほぼ同じ大きさになります。今回は大規模工場用地の評価の方法について見ていきましょう。 1.大規模工場用地とは? ……

記事を見る

相続税の物納を分かりやすく解説

相続税の物納を分かりやすく解説

相続税は金銭で支払うものと思っている人も多いかもしれません。原則としてはその通りですが、状況によっては物納も認められています。物納が可能となる4つの要件や、物納が可能な資産についてご紹介していきましょう。 1.相続税の物納とは 物納とは、金銭の代わりに国債や不動産など、金銭以外の資産で相続税を納付する方法のことです。相続税は原則として金銭で納めるものですし、納付期限までに納められない場合には延……

記事を見る

相続税の課税対象となる「名義株式」の確認方法

相続税の課税対象となる「名義株式」の確認方法

「名義株式」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。株主の名前と実際に出資した人が異なる株式のことで、相続税の対象となります。なぜ相続税の対象となるのか、名義株式であるかどうかの確認方法や対処方法についてご説明しましょう。 1.「名義株式」とは? 名義株式とは、名義上の株主と、金銭を出して株式を購入した人が異なる状態のことです。通常、金銭を出して株式を購入した人が株式の名義人となり、株主名義に……

記事を見る

オーナー貸付金の相続税評価

オーナー貸付金の相続税評価

会社のオーナーである社長が自身の会社に貸し付けた金銭をオーナー貸付金と言います。注意したいのが、オーナー貸付金がある状態のまま、相続が起きた場合です。相続では、貸付金の金額がそのまま評価の対象になってしまうためです。 1.オーナー貸付金の相続税評価方法 国税庁の財産評価基本通達によりますと、貸付金の評価においては、被相続人が貸したお金に加え、被相続人が亡くなるまでに受け取るはずだった分も含めた……

記事を見る

「類似業種比準価額方式」による非上場株式の相続税評価方法

「類似業種比準価額方式」による非上場株式の相続税評価方法

非上場株式の相続税評価を行う場合、市場価格がないため、別途株価評価を行わなければなりません。その評価方法のひとつが類似業種比準価額方式で、同族株主の場合に用いられる方法です。類似業種比準価額方式による非上場株式の相続税評価方法および平成29年より改正されたポイントについて解説します。 1.「類似業種比準価額方式」とは 類似業種比準価額方式とは、取引相場のない非上場株式の評価額を算出するために、……

記事を見る

相続税申告書提出の際に必要な添付資料一覧

相続税申告書提出の際に必要な添付資料一覧

財産を相続した際、受け取った財産の合計額が基礎控除額を超えるような場合には、相続税を納めなければなりません。もし、期限内に支払うことができない、添付資料に不足があって納税額に修正が必要になる、といった場合には重いペナルティが課されます。そこで今回は、相続税申告書に必要な添付資料について見ていきましょう。 1.相続税申告書提出の際に必要な添付資料一覧 1-1.一般の場合に必要な書類 ここでいう……

記事を見る

文化財建造物である家屋の相続税評価

文化財建造物である家屋の相続税評価

相続する家屋が文化財建造物である場合、相続税の評価はどのようになるのでしょうか。固定資産税評価額の有無によっても計算方法は異なります。文化財建造物の定義から具体的な計算方法まで、順番にご紹介しましょう。 1.文化財建造物である家屋の相続税評価 1-1.文化財建造物である家屋とは 文化財建造物である家屋とは、文部科学省や地方自治体によって「文化財建造物である」と指定された家屋のことです。歴史的……

記事を見る

「医療法人の出資持分」の相続税評価

「医療法人の出資持分」の相続税評価

医療法人の出資持分については、持分が定款で定められている場合、相続税評価の対象です。基本的には取引相場のない株式と同様に評価が行われますが、医療法人には配当が認められていないという点で細かい点で評価方法が異なります。医療法人の出資持分の評価方法について解説します。 1.「医療法人の出資持分」の種類とその相続税評価方法について 医療法人は、複数の人の出資により設立される「社団医療法人」と個人や法……

記事を見る

縄延び・縄縮みがある土地の相続税評価方法

土地の相続税評価で「縄延び」・「縄縮み」という言葉を聞いたことがありますか?「縄延び」・「縄縮み」とは、どういう土地の状態を指しているのでしょうか?今回は「縄延び」・「縄縮み」の意味と「縄延び」・「縄縮み」している土地の相続税評価方法について解説します。 1.「縄延び」・「縄縮み」とは? 登記簿に記載されている土地の表示についての登記事項のなかにある「地積」は、公募面積を表しています。この公募……

記事を見る

相続税評価における「一団の雑種地」の判断基準

相続税評価における「一団の雑種地」の判断基準

正しい土地価格を算定するには、評価単位を正しく判定することが不可欠です。原則、宅地、田などの地目の区分に応じて評価しますが、実際には様々なケースが存在します。そこで、今回は雑種地を評価する際の単位である「一団の雑種地」について解説します。「一団の雑種地」には、どのような判定基準があるのでしょうか。 1.「一団の雑種地」とは? 雑種地とは、不動産登記上で区分されている宅地、田、畑などのどの地目に……

記事を見る

広大地の相続税評価において「三大都市圏」とは

広大地の相続税評価において「三大都市圏」とは

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 広大地と判定された土地は相続税が減税されるなど、節税効果が大きくなります。ただ、広大地が適用される面積は、その土地が三大都市圏にあるかどうかによって変わってきます。ここでは、それぞれの都市圏で広大地評価の面積基準が500㎡以上になる地域を挙げておくので、判定の……

記事を見る

広大地の相続税評価において「著しく地積が広大」とは

広大地の相続税評価において「著しく地積が広大」とは

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 評価対象の土地が広大地に当てはまるかどうかは、目安となる地積が示されていますが、たとえこの基準面積より小さくても、周辺の標準的な住宅に比べ「著しく地積が広大」なら広大地が適用されます。今回は「著しく地積が広大」と判断するための具体的な判断基準について見ていきま……

記事を見る

広大地の相続税評価における「その地域」とは

広大地の相続税評価における「その地域」とは

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 広大地とは、その地域における標準的な宅地の地積に比べて著しく地積が広大な宅地のことです。評価の際にその地域の標準的な宅地面積と比較をしますが、「その地域」とは、どのあたりまでを含むのでしょうか?広大地の定義にある「その地域」について見ていきましょう。 1.広……

記事を見る

公開途上にある株式の相続税評価方法

公開途上にある株式の相続税評価方法

株式を証券取引所などに新しく上場することを株式の公開と言いますが、株式を公開する途中で被相続人が亡くなった場合相続税はどのように評価すべきなのでしょうか。公募又は売り出しが行われる場合と行われない場合に分けて評価方法を確認してみましょう。 1.公開途上にある株式の相続税評価(公募又は売り出しが行われる場合) 公募とは新しく株を発行して一般で購入してもらい会社の資金を増やすことです。一方、売り出……

記事を見る

相続税で使用する基準年利率について解説

相続税で使用する基準年利率について解説

相続税の評価において、市場での評価が難しい財産では、客観的な判断のため、基準年利率を割り出したうえで、評価に必要となる複利年金原価率などを確認することがあります。それでは、そもそも基準年利率とはなんなのか。基準年利率の考え方と実際に評価で利用されるケースについて解説していきます。 1.基準年利率とは? 基準年利率は、相続税の計算などで基準となる利率のことです。日本証券業協会によって公表されてい……

記事を見る

転借権の意味と相続税評価の方法

転借権の意味と相続税評価の方法

人から借りた物を第三者に貸す、いわゆる「また貸し」のことを転貸借といいます。転借権とは、また貸しされた人の権利のこと。たとえば自分が住んでいる土地がまた貸し状態で、自分名義でなくても、土地を長く利用しているというその権利に対し相続税が発生するのです。今回はこうした転借権と、その相続税評価について見ていきましょう。 1.転借権とは? 1-1.転貸借、転借権とは? 元の持ち主AからBが借りた土地……

記事を見る

転貸借地権の意味と相続税評価の方法

転貸借地権の意味と相続税評価の方法

借地権をさらに他の人に賃借した場合の評価方法はどうなるのでしょうか。地主、借地権者間だけでなく、第三者と人物が増えてくると、だれがどの権利を有しているか、また、それぞれの権利の評価方法をしっかりと確認しておく必要があります。今回は、転貸借地権と転貸借地権の相続制評価の方法について解説します。 1.転貸借地権とは? 転貸借地権とは、例を挙げると、地主Aさんから土地を借りた借地権者Bさんが建物を建……

記事を見る