相続税のこと

採草放牧地の地目判定と相続税の納税猶予特例

採草放牧地の地目判定と相続税の納税猶予特例

農地法で規定されている採草放牧地は、相続税の評価ではどのように地目判定されるのでしょうか。採草放牧地として使用していても、不動産登記上の区分では採草放牧地はありません。採草放牧地の地目判定や採草放牧地に関わる相続税の納税猶予特例について解説していきます。 1.採草放牧地の地目判定の方法 採草放牧地とは、農地法上の土地の区分であり、不動産登記上の区分とは異なるものです。採草放牧地は、耕作に使われ……

記事を見る

相続税の納税猶予特例の適格者証明は市区町村サイトからダウンロード

相続税の納税猶予特例の適格者証明は市区町村サイトからダウンロード

農地の相続税の納税猶予特例の適格者証明は、各市区町村の公式サイトからダウンロードが可能です。添付書類は、相続人が自分で用意するものから法務局や各市区町村の該当課で発行されるものまで複数ありますので、確認して、もれの無いようにしましょう。 1.農地の相続税の納税猶予の適格者証明とは 1-1.適格者証明とは? 農業を営んでいた被相続人から農地を相続する場合、該当農地で農業を終生継続すれば、相続税……

記事を見る

農地の継続届出書の提出忘れに注意が必要(相続税の納税猶予)

農地の継続届出書の提出忘れに注意が必要(相続税の納税猶予)

農地を相続し農業を続けた場合、一定の要件を満たせば、相続税の納税猶予、相続税の納税免除などの優遇措置を受けることができます。ただし、納税猶予の継続や納税免除を受けるためには、3年ごとに「継続届出書」を提出し続けることが必要です。ここでは、農地の相続税の納税猶予の特例と継続届出書についてご説明します。 1.農地の相続税の納税猶予については継続届出書の提出が重要 1-1.農地の納税猶予の特例とは ……

記事を見る

都市営農農地等の相続税の納税猶予

都市営農農地等の相続税の納税猶予

都市営農農地等は、市街化区域にある農地の相続税の納税猶予において、他の農地と違った規定があります。都市営農農地等の定義と、都市営農農地に対する相続税の納税猶予の趣旨や、納税猶予の実際について解説します。 1.都市営農農地等の定義 都市営農農地等とは、生産緑地内にある農地または採草放牧地で、なおかつ平成3年1月1日において、3大都市圏にあるものです。生産緑地とは、市街化区域※1にある農地で、都市……

記事を見る

特定市街化区域農地の相続税の納税猶予は廃止に

特定市街化区域農地の相続税の納税猶予は廃止に

農業を営んでいた被相続人が亡くなり、相続人が農地を相続してそのまま農業を続ける場合、一定の相続税額を先延ばしにできるという特例があります。しかし、農地のある場所によっては認められていません。その認められていないエリアである特定市街化区域農地の相続税について見ていきましょう。 1.国税庁が定める特定市街化区域農地 1-1.農地の相続税納税猶予とは? 収益性が低いからとどんどん農地を宅地に転用さ……

記事を見る

ストックオプションの相続税評価の計算方法

ストックオプションの相続税評価の計算方法

亡くなった人が会社の役職者や会社創業時のメンバーなどであった場合、報酬や給与の一部として、会社からストックオプションを付与されていることがあります。ここでは、相続時のストックオプションの評価方法とその計算方法についてご説明します。 1.ストックオプションの相続税評価の計算方法 1-1.ストックオプションとは ストックオプションとは、会社の役員や従業員が、一定の期間(権利行使期間)内に、あらか……

記事を見る

ソフトウェアの相続税評価方法(1株当たり純資産価額)

ソフトウェアの相続税評価方法(1株当たり純資産価額)

ソフトウェアは、その資産価値が広く認知されるようになってきたことから、繰延資産から減価償却資産へ資産区分が変更になりました。ソフトウェアの評価方法は、販売目的か自社利用目的かで異なります。今回はソフトウェアの評価方法について見ていきましょう。 1.ソフトウェアの相続税評価方法は目的に応じて変わる ソフトウェアは、今や企業の活動においてなくてはならない存在になりました。ソフトウェアは企業に利益を……

記事を見る

無配の場合の配当還元方式の計算方法

無配の場合の配当還元方式の計算方法

「配当還元方式」は、非上場株式の中で限られた条件を持つ株式を評価する際の特例の方式です。非上場株式を評価する際に通常採用される「原則的評価方式」に比べて一般的には評価額が低くなっています。ここでは、無配の場合の配当還元方式の計算について解説しましょう。 1.無配の場合には1株当たり「2円50銭」と仮定して計算 1-1.非上場株式で採用される配当還元方式とは? 株式の相続税評価の際に、非上場で……

記事を見る

相続財産はいつ凍結される?口座の凍結から解約までを時系列で解説

相続財産はいつ凍結される?口座の凍結から解約までを時系列で解説

口座の名義人が死亡した場合、死亡者名義の銀行や信用金庫などの口座は、すべて金融機関側の処置により、入金、出金、解約が行われないように一方的に凍結されます。今回は、相続財産(口座)の凍結の期日、また、口座の凍結から解約までのスケジュールをわかりやすく解説します。 1.相続財産(預貯金)は相続後すぐには凍結されない 1-1.預貯金が凍結される理由とは 口座のお金は相続財産ですので、遺産分割の対象……

記事を見る

財産分離は債権者保護のため。限定承認との違い

財産分離は債権者保護のため。限定承認との違い

相続をするときに、債権者を保護する制度の「財産分離」がありますが、具体的にどのような制度なのでしょうか。また、相続人に選択権が与えられている限定承認制度とどこに違いがあるのでしょうか。今回は、相続による「財産の混合」から「財産分離」の趣旨と意味、限定承認との違いを解説します。 1.財産分離の趣旨と意味 相続すると、被相続人の所有する財産は、プラスの財産も負債などのマイナスの財産もすべてが、原則……

記事を見る

相続の二重資格について知っておきたいこと

相続の二重資格について知っておきたいこと

相続資格は、原則として1人1資格ですが、養子縁組が行われている場合、2つの相続資格に該当することがあります。これが相続の二重資格です。しかし、その内容により両方の資格が有効となるのか、一方であるのかは異なります。 1.相続の二重資格とは? 被相続人が死亡した場合に相続が発生しますが、その資格は血縁に関わるものであるため、原則として1人1資格です。しかし、法定相続人の中に養子縁組を行ったものが関……

記事を見る

遺言と異なる遺産分割は可能だが注意も必要

遺言と異なる遺産分割は可能だが注意も必要

故人が遺言をしていた場合には、遺言通りに遺産分割を行うのが一般的です。しかし、相続人の望む分割方法と異なっているケースや、相続税の税務上不利になる分け方になっているケースなどでは、遺言と異なる遺産分割は可能なのでしょうか。 1.相続人全員の同意があれば遺言と異なる遺産分割協議は可能 1-1.遺言と異なる遺産分割もできる 遺産相続では遺言があれば、遺言に従って遺産分割を行い、遺言がなければ相続……

記事を見る

債務(借金等)の遺産分割の法律上の取り扱い

債務(借金等)の遺産分割の法律上の取り扱い

相続では、プラスの財産ばかりでなく、借金などの債務を相続する場合があります。債務を相続したら、亡くなった人に代わり債務を返済していかなければなりません。相続人が複数の場合、債務の遺産分割は法律上どのような取り扱いになるのでしょうか。今回は、具体例も挙げながら、債務の遺産分割について解説します。 1.債務(借金等)の遺産分割は当事者間では有効だが、対債権者には拒絶不可 債務は相続権を有する人が引……

記事を見る

養子縁組をしたときの「苗字・名字」「戸籍」について解説

養子縁組をしたときの「苗字・名字」「戸籍」について解説

養子縁組を行った場合、通常養子の苗字は養親の苗字に変更となりますが、先に婚姻により苗字を変更したものは例外です。また、戸籍に関しても養子となるものが単身者であるか、既婚者であるかによってその扱いは異なります。養子縁組に関連する「苗字・名字」「戸籍」の関係について解説します。 1.養子縁組を行った場合の苗字の扱い 養子縁組を行った場合の苗字は、養親の苗字を名乗ることが原則です。しかし、養子が単身……

記事を見る

「復氏届」の意味と申請方法について解説

「復氏届」の意味と申請方法について解説

配偶者が死亡した場合、婚姻により姓を変更したものは、そのまま配偶者の姓を用いるか、婚姻前の姓に戻すかを選択することができます。婚姻前の姓に戻す場合には、「復氏届」の提出が必要です。復氏届の役割と、手続き方法について解説します。 1.復氏届とは? 復氏届とは、婚姻により姓を変更したものが、配偶者の死亡後に婚姻前の旧姓に戻すために必要な届け出です。復氏届を提出することにより、婚姻前の戸籍に戻り、そ……

記事を見る

小規模宅地等の特例の「相当の対価」を税理士が解説

小規模宅地等の特例の「相当の対価」を税理士が解説

相続税の評価において小規模宅地等の特例が適用されるかどうかは、課税額に大きく影響します。「相当の対価」は、小規模宅地等の特例の一つである貸付事業用宅地の重要な成立要件です。けれども、実は「相当の対価」の定義は法令や通達に規定が無く、過去の裁判の判例が判断材料となります。「相当の対価」について解説していきましょう。 1.「相当の対価」は貸付事業用宅地の特例の重要な成立要件 「相当の対価」とは、主……

記事を見る

売買契約中に相続が発生した場合の小規模宅地等の特例

宅地等の売買契約中に相続が生じた場合、実務上、小規模宅地等の特例を適用することができないと解釈するのが通例となっています。その具体的な理由と、相続人となった売主および買主双方の財産評価の方法について、確認していきましょう。 1.売買契約中に相続が発生した場合、原則として小規模宅地等の特例が使えないワケとは ある土地の売買契約を締結したあと、実際に土地の引き渡しを待たずに、売主あるいは買主が亡く……

記事を見る

小規模宅地等の特例の家なき子特例について徹底解説

小規模宅地等の特例の家なき子特例について徹底解説

故人が住んでいた宅地の相続は、都心部などでは高額な相続税が発生しますが、小規模宅地の特例が受けられれば、大幅に軽減されます。小規模宅地の特例で、配偶者や同居の親族以外が適用を受ける「家なき子特例」について解説していきます。 1.「家なき子」とは、どういった状態を意味するのか? 小規模宅地の特例とは、故人が居住していた住宅の土地の相続で、相続税が8割軽減される特例です。いわゆる「家なき子」といわ……

記事を見る

保険金受取人が死亡した場合の課税関係

保険金受取人が死亡した場合の課税関係

生命保険の被保険者が亡くなると保険金が支払われますが、保険料を相続人が負担している場合は相続税の対象となります。それでは、保険金受取人が亡くなった場合は相続や課税についてどのようになるのでしょうか。保険金受取人が亡くなった場合の相続と手続きについて解説します。 1.保険金受取人が死亡しても“受け取り権利”は相続されない 生命保険の契約では、保険の対象となる被保険者、保険料を実際に払い契約を行う……

記事を見る

小規模宅地等の特例の税務署添付書類を徹底解説

小規模宅地等の特例の税務署添付書類を徹底解説

相続の際に小規模宅地等の特例を受ける場合には、特例適用後に相続税が発生しない場合でも、税務署に相続税の申告を行わなければなりません。特例の種類によって添付書類は異なりますので、事前に準備しておく必要があります。相続税の申告書に添付が必要な書類について、ケース別に解説いたします。 1.小規模宅地等の特例の種類ごとに添付書類が異なる 小規模宅地等の特例適用には相続税の申告が必要になりますが、その特……

記事を見る

社宅の相続税評価は貸家建付地ではなく自用地評価になる

社宅の相続税評価は貸家建付地ではなく自用地評価になる

会社保有の土地に従業員のための社宅を建てていた場合のその土地の相続税評価はどうなるのでしょうか?自分の土地ですが、自分は住んでいませんし、賃貸借契約をしているわけでもありません。今回はこの「社宅の敷地の評価方法」について見ていきましょう。 1.社宅の相続税評価は貸家建付地ではなく自用地評価 1-1.社宅の敷地の扱い 社宅は従業員のために会社が用意した住居のこと。従業員は使用料を払って住むこと……

記事を見る

「配当還元方式」による非上場株式の相続税評価方法

「配当還元方式」による非上場株式の相続税評価方法

非上場の株式のうち、同族関係者であれば、原則的評価に基づき相続を行うことになります。しかし同族関係者ではない場合は評価方法が異なります。同族関係者でない場合に用いるのが、特例的な評価方式である配当還元方式です。配当還元方式の評価方法について詳しく確認してみましょう。 1.「配当還元方式」とは 取引相場のない株式については、基本的に原則的評価に則って、類似の業種をもとにした評価や純資産に照らし合……

記事を見る

騒音がする宅地に10%評価減が適用可能かどうかの判断基準

騒音がする宅地に10%評価減が適用可能かどうかの判断基準

線路沿いの土地や、近くに高速道路が通っている土地の場合などは、利用価値が低下している宅地として、評価減できるのでしょうか。今回は、騒音がする宅地の相続税評価について解説します。 1.騒音がする宅地の相続税評価 線路沿いの土地の場合には、騒音の問題があるため、評価減できる可能性があります。騒音がする宅地といっても、利用価値が著しく低い宅地として減額できるかどうか、何を基準に判断するのでしょうか。……

記事を見る

「筆頭株主グループ」の実務的な判定方法

「筆頭株主グループ」の実務的な判定方法

相続の際、上場している株式であれば客観的な評価ができますが、非上場の株式は市場性がないため、ケースごとに見ていく必要があります。非上場株式の場合で、まず確認する必要があるのが筆頭株主グループです。筆頭株主グループの範囲とはなにか、判定方法を確認してみましょう。 1.「筆頭株主グループ」とは議決権が最も多い同族関係者グループのこと 会社の株式を所持している人や法人のことを株主と言いますが、筆頭株……

記事を見る

権利落ちした上場株式の相続税評価の基準日

権利落ちした上場株式の相続税評価の基準日

上場株式の評価は、基本的に被相続人が亡くなった日の最終価格によりますが、権利落ち日が近い場合は通常とは異なる方法により評価する必要があります。今回は、権利落ち日から実際に権利が履行される基準日の間に相続が発生してしまった場合の評価の考え方を確認してみましょう。 1.上場株式における権利落ちとは 企業の発行する株式は、もともと投資家に株式を買ってもらい、会社を経営するための資本を確保しようという……

記事を見る

定期借地権の目的となっている宅地の相続税評価

定期借地権の目的となっている宅地の相続税評価

宅地を一定期間の契約で人に貸している場合、その宅地は「定期借地権の目的となっている宅地」に該当します。定期借地権の目的となっている宅地の定義、定期借地権の種類ごとの計算方法、計算式が適用できないケースについて、順番にご紹介しましょう。 1.定期借地権の目的となっている宅地とは? 定期借地権とは、契約により定められた期間のみ土地を貸し出す制度のことです。 宅地は大きく2種類に分けられます。……

記事を見る

「容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地」の相続税評価

「容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地」の相続税評価

宅地の相続税評価を行う際、路線価のある地域では路線価方式により計算します。路線価は、通常、各地域の容積率を反映した価額となっていますが、その宅地が2以上の容積率の異なる地域にわたる場合、容積率の違いによる影響度を勘案して相続税評価額を減価できることがあります。 1.「容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地」とは? 例えば奥行きの長い土地などでは、1画地の宅地であっても途中から容積率が変わる場合……

記事を見る

上場株式の相続税評価パーフェクトガイド

株価

投信などを目的に株式を保有している方も少なくないかと思います。もし、株式を相続するとなった場合、相続税の評価は、上場株式と非上場株式で異なるので注意が必要です。今回は、上場株式の相続において株式の評価を行う場合の方法と注意点を確認してみましょう。 1.上場株式の相続税評価 上場株式の相続税評価にあたっては、まず4つの価格を出すことが大切です。 課税時期における最終価格 課税時期……

記事を見る

広大地評価における「公共公益的施設用地」とは?

広大地評価における「公共公益的施設用地」とは?

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 相続した土地が著しく広い場合、広大地として評価される要件の一つに、「公共公益的施設用地の負担の必要性」があります。公共的公益的施設用地とは何か、また、認められるケースや認められないケースについて、解説していきます。 1.広大地評価における「公共公益的施設用地……

記事を見る

小規模宅地等の特例の限度面積を徹底解説

小規模宅地等の特例の限度面積を徹底解説

小規模宅地等の特例の限度面積は、その土地の利用目的によって異なり、減額割合も違ってきます。実際にどれくらい相続税が減額されるのか、最も一般的な住宅用の土地を相続した場合でその計算方法を解説します。また、複数の土地を相続する場合の限度面積や限度額の求め方についても例を挙げてみてみます。 1.小規模宅地等の特例における限度面積の算式を理解する 定められた限度面積まで相続税が一定の割合で減額される小……

記事を見る

小規模宅地等の特例を併用する場合の計算方法とパターン

小規模宅地等の特例を併用する場合の計算方法とパターン

小規模宅地等の特例は併用して利用することができます。併用する際はどの宅地を優先させるかで限度面積の計算方法に違いがあり、場合によっては相続税の減額割合にも大きな差が生じるため注意が必要です。小規模宅地等の特例の併用パターンによる計算方法の具体例を挙げて解説します。 1.小規模宅地等の特例を併用する場合の限度面積の計算方法 小規模宅地等の特例とは、相続開始の直前まで被相続人等の事業用または居住用……

記事を見る

雑種地相続税評価の具体的な方法を税理士が解説

雑種地相続税評価の具体的な方法を税理士が解説

雑種地は、付近の似ている土地の評価を基に評価する近傍地批准価額方式で評価を行います。その雑種地がどの地域にあるかで評価額が大きく異なるため、評価が難しい地目でもあります。ここでは、雑種地の相続税評価について詳しくご説明します。 1.相続税上の雑種地の定義 財産評価の指針では雑種地は、「地、田、畑、山林、原野、牧場、池沼、鉱泉地のどれにも当てはまらない土地」と定義されています。雑種地という名前の……

記事を見る

増改築(リフォーム等)をした場合の相続税評価について

増改築(リフォーム等)をした場合の相続税評価について

相続によって取得する家屋が、最近リフォームやリノベーションを含む増改築がおこなわれているものであれば、相続税評価の際に注意が必要です。どのような点を確認しておくべきかを含め、増改築を実施した家屋等の相続税評価について解説していきましょう。 1.増改築(リフォーム等)をした場合の相続税評価について 1-1.家屋の相続税評価における原則 相続税評価において、家屋の財産評価額は、固定資産税評価額を……

記事を見る

仮装隠蔽があった場合には配偶者の税額軽減が適用できない

仮装隠蔽があった場合には配偶者の税額軽減が適用できない

本来申告しなければならない額よりも少なく見積もって申告を行った場合、事実が明らかになれば過少申告加算税などの税金が加算される場合があります。相続税の場合は、税金によるペナルティだけでなく、配偶者の税額軽減が適用できないということもあります。 1.仮装隠蔽があった場合には配偶者の税額軽減が適用できない 相続税の計算では、被相続人、つまり亡くなった人の配偶者に限り、配偶者の税額軽減を適用することが……

記事を見る

生命保険金(死亡保険金)の相続税非課税額の具体的計算方法

生命保険金(死亡保険金)の相続税非課税額の具体的計算方法

被相続人の死亡によって生命保険などの死亡保険金を受け取った場合は相続税の対象となります。しかし、全額が相続税として課税されるわけではありません。生命保険の場合、非課税限度額が設けられています。非課税限度額が適用されるのはどのような場合か、どのように計算するのかを見ていきましょう。 1.生命保険金(死亡保険金)は”500万円×相続人の数”まで非課税 生命保険や損害保険など、被相続人が亡くなること……

記事を見る

未分割(遺産分割が整わない状態)での相続税申告の注意点

未分割(遺産分割が整わない状態)での相続税申告の注意点

誰がどのくらい相続するかという相続の問題はトラブルに発展しやすい事項です。遺書によって円滑に相続が行われれば問題ありませんが、相続税の申告時期になっても分割が完了していないというケースもあります。未分割で相続税を申告する場合の注意点について確認してみましょう。 1.未分割(遺産分割が整わない状態)でも、相続税申告は必要 相続税の申告期限は、被相続人が亡くなったことを知った日の翌日より10か月で……

記事を見る

退職手当金にかかる相続税は”500万円×相続人数”まで非課税

退職手当金にかかる相続税は”500万円×相続人数”まで非課税

相続をする場合、退職手当金を受け取るケースもあるでしょう。退職手当金等に該当する場合は、相続財産にカウントされますが、全てに対して課税される訳ではありません。退職手当等には非課税枠が設けられています。非課税枠の考え方について、例を交えながら確認してみましょう。 1.相続財産とみなされる退職手当金等 被相続人が受け取る権利のあった退職手当等は相続財産とみなされます。ここで注目したいのが退職手当等……

記事を見る

大規模工場用地の相続税評価

大規模工場用地の相続税評価

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 大規模工場用地とは、一団の工場用地で地積が5万㎡以上の土地のこと。5万㎡といえば200m×250m、東京ドームに換算すると約1.06個分なので、ほぼ同じ大きさになります。今回は大規模工場用地の評価の方法について見ていきましょう。 1.大規模工場用地とは? ……

記事を見る

相続税の物納を分かりやすく解説

相続税の物納を分かりやすく解説

相続税は金銭で支払うものと思っている人も多いかもしれません。原則としてはその通りですが、状況によっては物納も認められています。物納が可能となる4つの要件や、物納が可能な資産についてご紹介していきましょう。 1.相続税の物納とは 物納とは、金銭の代わりに国債や不動産など、金銭以外の資産で相続税を納付する方法のことです。相続税は原則として金銭で納めるものですし、納付期限までに納められない場合には延……

記事を見る

相続税の課税対象となる「名義株式」の確認方法

相続税の課税対象となる「名義株式」の確認方法

「名義株式」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。株主の名前と実際に出資した人が異なる株式のことで、相続税の対象となります。なぜ相続税の対象となるのか、名義株式であるかどうかの確認方法や対処方法についてご説明しましょう。 1.「名義株式」とは? 名義株式とは、名義上の株主と、金銭を出して株式を購入した人が異なる状態のことです。通常、金銭を出して株式を購入した人が株式の名義人となり、株主名義に……

記事を見る