相続税のこと

小規模宅地等の特例の立法趣旨を解説!

相続あるいは遺贈の際、相続税節税のためによく利用される特例のひとつに「小規模宅地等の特例」があります。この特例は時代の変遷とともにその内容を変えてきた歴史ある特例です。ここでは、この特例の立法趣旨についてご説明します。 1. 特定居住用宅地の特例の立法趣旨 「小規模宅地等の特例」は『租税特別措置法』「第4章 相続税法の特例」(小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例)に定……

記事を見る

「無償返還に関する届出書」を分かりやすく解説

個人と法人間、または法人同士で土地の貸し借りがある場合、権利金を支払わないケースもあるでしょう。権利金を支払わない場合、認定課税の可能性があるため、無償返還に関する届出書を提出した方が良いこともあります。無償返還に関する届出書について、内容と記載について確認しましょう。 1.「無償返還に関する届出書」とは? 土地の貸し借りを行う場合、地代以外に借主が貸主に支払う権利金というものがあります。ただ……

記事を見る

相続税評価で賃貸割合を計算する際の「一時的な空室」の判断基準

人に貸している部屋や家屋が、相続を受けた時期に一時的に空室になっている場合があります。これは、相続税評価で賃貸割合を計算する際に「一時的な空室」として認められるのか、また認められるにはどのような条件を満たす必要があるのかまとめています。また、賃貸割合の計算方法についても解説します。 1.「貸家」及び「貸家建付地」の相続税評価における「賃貸割合」の計算方法 貸している家屋の部分が「貸家」で、その……

記事を見る

市街化調整区域内の雑種地の相続税評価

市街化を抑制することが定められている市街化調整区域内にある雑種地の相続税評価額は、相続時にその雑種地の周辺がどの程度市街化の影響を受けているかで左右されます。その相続税評価額の計算のもととなる比準地目としんしゃく割合について解説します。 1.市街化調整区域とは? 雑種地とは? 都市計画法に基づき、都道府県や市町村などの自治体が市街化を抑制するべき地域として定めたものが市街化調整区域です。 ……

記事を見る

共同ビルの敷地の相続税評価

複数の敷地の所有者が共同でその土地にビルを建てている場合、相続税の評価は、全体を1画地として評価した価額に対して按分を行います。その按分方法は、全体における相続部分の土地の価格比、あるいは面積比のどちらを利用しても構いません。共同ビルの敷地の相続税評価の考え方と計算方法について解説します。 1.共同ビルの敷地の相続税評価 宅地の評価は、基本的に利用単位ごとに行います。これは、その宅地が一筆の共……

記事を見る

負担付き贈与の解説と税務上の注意点

贈与というのは、一方がものや金銭を受け渡して、そこには対価が発生しないというのが原則です。しかし例外的に、借入金など負債付きで贈与するという事例もあります。負担付き贈与です。負担付き贈与の定義から、税金における注意について確認してみましょう。 1.負担付き贈与とは? 通常、贈与というのは、贈与側から受贈側へ無償でものや金銭が引き渡されることをいいます。負担付き贈与というのは、この通常の贈与に借……

記事を見る

相続税で使用する複利年金現価率について解説

もし被相続人が誰かに土地を貸しており、その期間があらかじめ決められている場合、相続税の計算には複利年金現価率が必要になります。今回は複利年金現価率とは何か、相続税のどの部分で必要になるのかなどについてご紹介します。 1.複利年金現価率とは? 複利年金現価率とは、将来支払われる年金額の現在価値を知るために必要な係数を、複利によって求めるためのものです。相続税の定期借地権を評価する際などに必要とな……

記事を見る

小規模宅地の有利判定を簡単に行う方法

住宅に大きな相続税がかかると生活ができなくなることから、被相続人と一緒に住んでいた小規模な土地なら相続税を80%減額する、というのが小規模宅地等の特例です。対象地が複数あり、貸付事業用がある場合には最も有利になるように選択する必要が出てきます。 そこで、小規模宅地の有利判定を簡単に行う方法を見ていきましょう。 1.小規模宅地の有利判定は平米単価で 小規模宅地の特例を適用できる宅地が複数存在し……

記事を見る

特例対象宅地が一部未分割の場合の小規模宅地の特例の適用

特例対象宅地が一部未分割の場合の小規模宅地の特例の適用

被相続人等の住居用や事業用に使われていた宅地を相続する際には「小規模宅地の特例」を適用し、相続税を減額できます。しかし、遺産分割はデリケートな課題であり、問題なく分割が行われるとは限りません。ここでは、対象の宅地が一部未分割の場合、どのように扱うかを紹介します。 1.小規模宅地の特例を適用するには特例対象宅地を取得したすべての相続人の同意が必要 小規模宅地の特例の適用には、面積の上限や相続前の……

記事を見る

宅地比準方式での相続税評価方法

宅地比準方式での相続税評価方法

相続税評価を行う際、宅地比準方式を適用する土地にはどのようなものがあるのか、具体的な計算方法も合わせて種類別に解説していきます。また、評価対象となる土地のなかで、実際は宅地比準方式の適用が難しい場合についても言及していますので、ご参照ください。 1.土地の相続税評価で宅地比準方式を使う場合 1-1.市街地農地と市街地周辺農地 相続する土地のなかで、宅地比準方式によって相続税評価を行うべきもの……

記事を見る

土地評価時に控除が可能な宅地造成費の計算方法

土地評価時に控除が可能な宅地造成費の計算方法

相続の対象となる土地が、市街地農地や市街地周辺農地、市街地山林や市街地原野に該当する場合、宅地比準方式による評価額の算定が可能です。このとき、土地を宅地とみなして計算した評価額から、宅地化に必要となる宅地造成費を控除することができます。 1.宅地比準方式で評価する際に控除可能な宅地造成費 宅地造成費とは、現在宅地ではない土地を宅地化する場合に発生する費用を算定したものです。市街地農地や市街地周……

記事を見る

相当の地代の「改定方式」と「固定方式」の違い

相当の地代の「改定方式」と「固定方式」の違い

土地の賃貸借に関して権利金の授受が行われない場合には、借地権の認定課税が行われます。これを回避するには、土地の所有者に相当の地代を支払うことが必要です。相当の地代は、権利金と地代を包括するものとされ、その額は土地の価格の年6%と定められていますが、計算方法には改定方式と固定方式があります。 1.相当の地代とは? 建物の建築を目的として、土地を所有者から借りる場合、借地権が発生します。借地借家法……

記事を見る

保険の受取人は無理!愛人に財産を遺す方法

保険の受取人は無理!愛人に財産を遺す方法

社会的に地位のある方などは、いわゆる愛人と呼ばれる女性がいることも多いでしょう。妻以外で身の回りのお世話をしてくれた女性にいくらかの財産を遺したいと考える方もいらっしゃるようです。どのような方法を採れば愛人に財産を遺すことができるのでしょうか。 1.生命保険の受取人を愛人に指定するのは無理 かつては、妻以外の女性、いわゆる愛人を死亡保険金の受取人にした生命保険に加入することで、愛人に財産を遺す……

記事を見る

孫養子は相続税が2割加算でかかる

孫養子は相続税が通常よりも2割加算でかかる

遺産を相続するときは、相続税法で定められた税率で相続税が課されます。被相続人と相続人の関係により、2割加算される場合もあります。孫養子も2割加算対象者です。2割加算対象者や節税目的の孫養子に関連した判例についてご紹介します。 1.一親等の血族及び配偶者以外の人が相続したら相続税は2割加算 1-1.2割加算の対象者とは 相続税が2割加算されるのは、一親等の血族及び配偶者以外の人です。一親等の血……

記事を見る

デリバティブ負債・資産(金利スワップ)の相続税評価

デリバティブ負債・資産(金利スワップ)の相続税評価

非上場株式の評価において純資産額価額方式で算定が行われる場合、相続税評価に基づく資産から、負債と評価差額への法人税等相当額を差し引いて評価額を計算しなければなりません。このとき、企業会計上では損金や益金として扱われるデリバティブ負債・資産(金利スワップ)の取扱いについて解説します。 1.デリバティブ負債・資産(金利スワップ)とは? 1-1.デリバティブとは デリバティブとは、金融商品から派生……

記事を見る

書面によらない贈与は履行前なら撤回が可能

書面によらない贈与は履行前なら撤回が可能

贈与は書面によらない贈与契約であっても、成立します。しかし、安易な口約束による贈与のトラブルを防ぐため、書面によらない贈与は履行前なら撤回することが可能です。書面によらない贈与とは何か、また、履行が撤回できるケースとはどういったものか解説していきます。 1.書面によらない贈与とは? 贈与は当事者の合意だけで成立する諾成契約といわれるものであり、贈与者が自己の財産を無償で与える意思表示をし、相手……

記事を見る

遺言執行費用は相続財産から債務控除できない

遺言執行費用は相続財産から債務控除できない

相続税の算出の際は、相続財産から被相続人の残した債務を差し引く「債務控除」が可能です。そのため、債務控除の対象となるものとならないものを判別することが大切です。ここでは、遺言執行費用は債務控除の対象になるか否かについて解説します。 1.遺言執行費用とは? 遺言執行費用とは、被相続人が残した遺言書を正しく執行するためにかかる費用を指します。具体的には、次のようなものが挙げられます。 遺……

記事を見る

前受家賃は返還義務がないため相続税の計算上は債務控除不可

前受家賃は返還義務がないため相続税の計算上は債務控除不可

相続税を計算する際、亡くなった人が残したローンなどの債務を、相続財産から差し引けます。これを「債務控除」といいます。しかし、一見債務と思えるものでも債務控除できるものとできないものがあります。ここでは、前受家賃の取り扱いについてご説明します。 1.相続税の計算上、債務控除できるもの 1-1.『相続税法』上の規定 『相続税法』([債務控除]第13条・第14条)によると、相続財産から控除できるも……

記事を見る

相続財産から債務控除するための3つの要件

相続財産から債務控除するための3つの要件

相続税を計算する際には、相続総額から亡くなった人が残した借入金などの債務を差し引くことが可能です。これを「債務控除」といいますが、相続財産から債務を控除するためには3つの要件があります。ここでは債務控除のための要件についてご説明します。 1.相続財産から債務を控除するための要件 被相続人が死亡したときに残した遺産には、財産(現金・預金・有価証券・不動産など)だけでなく、負債(借入金や未払金など……

記事を見る

額面のままではダメ! 預かり保証金・預かり敷金の相続税評価

額面のままではダメ!預かり保証金・預かり敷金の相続税評価

相続する遺産に、「預かり保証金」や「預かり敷金」が含まれていた場合には、現在価値を考慮する必要があります。具体的な考え方や計算方法など、詳しくご紹介していきましょう。なお、比較されることが多い「建設協力金」についても最後に触れていますので、あわせてご確認ください。 1.預かり保証金・預かり敷金の相続税評価 被相続人(死亡した人)が賃貸物件の所有者であった場合、相続の対象となる財産の中に、「預か……

記事を見る

相続における「免責的債務引き受け」と「重畳的債務引き受け」の相違点

相続における「免責的債務引き受け」と「重畳的債務引き受け」の相違点

債務を相続する方法には、「免責的債務引き受け」と「重畳的債務引き受け」の2種類があります。債権者の承諾の下で、どちらかを選択することが可能です。2つの方法がそれぞれどういった引き受け方なのか、また2つの方法の相違点について解説します。 1.相続における「免責的債務引き受け」とは? 1-1.免責的債務引き受けとは? 相続における「免責的債務引き受け」について、見ていきましょう。被相続人の借入金……

記事を見る

「保険料贈与プラン」による相続税対策

「保険料贈与プラン」による相続税対策

生命保険契約をする際に、生前贈与を上手に利用することで、子や孫に多額の現金を遺すことができます。いわゆる「保険料贈与プラン」と呼ばれる方法ですが、この「保険料贈与プラン」とはどのようなものか、さらに実施する際の注意点についてご説明します。 1.「保険料贈与プラン」の概要 1-1.「保険料贈与プラン」とは? 生命保険契約の際に、契約者を子供、被保険者を親、死亡保険金受取人を子供にすることで、親……

記事を見る

共有持分の放棄は共有者の許可は不要

共有持分の放棄は共有者の許可は不要

不動産には共有という所有形態がありますが、共有持分は放棄することが可能です。共有を解消するための手段として共有持分の放棄が行われることもありますが、他の共有者の許可は必要なのでしょうか。放棄された共有持分の扱いについて、税務上の問題も含めて解説していきます。 1.不動産の共有持分の放棄とは? 共有とは、不動産など一つのものを複数人が共同で所有している形態を言い、持分割合に従って権利を保有してい……

記事を見る

定期贈与(連年贈与)とみなされないための3つの予防策

定期贈与(連年贈与)とみなされないための3つの予防策

平成27年以降の相続から、遺産にかかる基礎控除の額が大幅に引き下げられたこともあり、相続税対策として生前贈与が注目されています。贈与税には基礎控除があるため、年間110万円までであれば無税で贈与できます。しかし、定期贈与とみなされてしまうと贈与税の対象になるため注意が必要です。 1.定期贈与(連年贈与)とは? 定期贈与とは、一定期間において一定額の給付を目的とする贈与です。例えば、「毎年4月1……

記事を見る

「書面によらない贈与」は履行前に限りいつでも撤回が可能

「書面によらない贈与」は履行前に限りいつでも撤回が可能

贈与とは、ある人が別の人に無償で自分の財産をあげる行為であり、民法第549条では「贈与契約」として定められています。贈与契約なので書面で行う必要があると思われるかもしれませんが、口頭であっても「あげる」、「もらう」の意思が成立すれば贈与契約が結ばれたことになります。 1.「書面によらない贈与」と「書面による贈与」の違い 贈与者側の「あげる」という意思と、受贈者側の「もらう」という意思が成立する……

記事を見る

一次相続の未分割財産がある場合の二次相続の相続税申告

一次相続の未分割財産がある場合の二次相続の相続税申告

一次相続で未分割財産があるまま、二次相続が発生してしまった場合、相続税の扱いはどうなるのでしょうか。父親と母親が相次いで亡くなったケースでは、配偶者の税額控除の特例が問題になるケースもあります。そこで、一次申告で未分割財産がある場合の二次相続の相続税申告についてまとめました。 1.一次相続の未分割財産がある場合の二次相続の相続税申告 遺産が相続税の課税対象にならない場合など、一次相続で未分割財……

記事を見る

遺言無効の訴えがされている場合の相続税申告方法

遺言無効の訴えがされている場合の相続税申告方法

遺産相続で遺言がある場合には、本来は遺言書に沿って、相続や相続税の申告を行いますが、遺言書の有効性を巡って、遺言無効の訴えが起こされるケースがあります。遺言無効として係争中の場合には、どういった形で相続税の申告を行うべきか、また、懸念される点などについて解説していきます。 1.遺言無効の訴えがされている場合の相続税申告方法 遺言無効の訴えがされている場合の相続税の申告方法は2通りあります。遺言……

記事を見る

家庭菜園の相続税評価の方法を分かりやすく解説

家庭菜園の相続税評価の方法を分かりやすく解説

家庭菜園は、はたして農地に入るのでしょうか、宅地に入るのでしょうか?実は家庭菜園は宅地の一部とみなされて相続税評価されるのです。では、具体的にどのように評価されるのか、ということについてご説明します。 1.家庭菜園は宅地の一部として一体評価 1-1.家庭菜園の定義は? 土地は基本的に、宅地や田・畑・山林など、登記されている地目ではなく、相続税の場合であれば、被相続人が亡くなった日の現況によっ……

記事を見る

死因贈与のデメリット!不動産取得税・登録免許税の負担

死因贈与のデメリット!不動産取得税・登録免許税の負担

死因贈与は、遺贈と比べると法的手続きが簡単など、いくつかメリットがあります。一方で、不動産取得税や登録免許税の負担が増えるなど、デメリットや注意点があるのも事実です。死因贈与を行う前に、最低限知っておくべき項目につき、遺贈と比較しながらご紹介していきます。 1.死因贈与とは? 死因贈与とは、贈与をする人(贈与者)と贈与をされる人(受贈者)の双方の合意によって締結される贈与契約です。契約の締結自……

記事を見る

「申告期限後3年以内の分割見込書」の記入例

「申告期限後3年以内の分割見込書」の記入例

相続税の申告と納税の期限は、被相続人が亡くなった日の翌日から10か月以内ですが、なかには期限までに相続人間で相続財産をどのように分割するか話し合いがつかないということがあります。そのような場合に相続税の申告と同時に提出する「申告期限後3年以内の分割見込書」について解説します。 1.「申告期限後3年以内の分割見込書」とは? どういった場合に提出? 1-1.相続税の申告と遺産の分割 相続税は、被……

記事を見る

遺産が未分割の場合の相続人の確定申告は法定相続分に応じて

遺産が未分割の場合の相続人の確定申告は法定相続分に応じて

遺言がなく、相続税の申告期限までに遺産分割協議が整わなかったとき、相続税の申告はどのような扱いになるのでしょうか。相続人によって対象か対象外か異なる特例は、誰が相続するのか決まっていない状態では、適用できないという問題が生じます。そこで、未分割の相続税の確定申告の扱いについてまとめました。 1.未分割状態の遺産から生じる不動産所得は法定相続分に応じて申告 相続税の確定申告の申告期限は、相続の開……

記事を見る

未成年者がいる場合の遺産分割実務における注意点

未成年者がいる場合の遺産分割実務における注意点

遺産相続では、両親の一方が亡くなったケースなどで、法定相続人の中に未成年が含まれていることもあります。未成年者がいる場合の遺産分割協議は、親権者である両親が法定代理人となって手続きをできないケースが多いです。そこで、未成年者の遺産相続はどうするのか、特別法定代理人とは何か解説していきます。 1.未成年者は遺産分割協議に参加することができない 遺言がなく、相続人が2名以上いる場合には、相続人全員……

記事を見る

非弁行為と言われないために税理士が相続業務を行う際に注意すべき点

非弁行為と言われないために税理士が相続業務を行う際に注意すべき点

弁護士法には、弁護士でないものが行ってはいけない業務が定められており、その業務を弁護士以外の者が行うことを「非弁行為」と呼びます。 相続税申告業務においてどのような業務が非弁行為に当たるのかを解説します。 1.「非弁行為」とは? 1-1.要件 弁護士法72条では、弁護士でないものが報酬を得るという目的で、法律事件に対して業として除外事由なく鑑定、代理、仲介、和解、斡旋をする事ができない事が……

記事を見る

国税庁発行の“相続税のあらまし”とは?

国税庁発行の“相続税のあらまし”とは?

国税庁発行の“相続税のあらまし”には、相続税についての基本的な考え方や計算方法の具体例などが簡単に記されています。この“相続税のあらまし”を読むことで、どのような場合に相続税を支払う必要があるのか、相続財産には何が含まれるのかなど基本的なことがわかります。 1.国税庁発行の“相続税のあらまし”とは? 国税庁発行の“相続税のあらまし”とは、相続税の仕組みについて、わかりやすく簡単に説明してあるも……

記事を見る

共有不動産の固定資産税を債務控除する場合の注意点

共有不動産の固定資産税を債務控除する場合の注意点

相続税は、少しでも減らしたいものです。相続税を減らすためには、相続税の対象額から控除される項目を把握しておきましょう。不動産を相続する際に納める義務が生じる被相続人の未払いの固定資産税は、相続税の対象額から債務控除されます。その際の注意点をお伝えします。 1.相続財産である不動産に関わる未払いの固定資産税は債務控除の対象 1-1.不動産を相続したら固定資産税の未払い分も納める義務がある 不動……

記事を見る

相続税申告で“住民税”等の被相続人に関わる税金は債務控除可能

相続税申告で“住民税”等の被相続人に関わる税金は債務控除可能

『相続税法』により、相続税を計算する際、亡くなった人が残した債務は、相続財産から差し引くことができます。これを「債務控除」といいます。債務控除の対象になる債務には住民税や所得税などの税金も含まれます。ここでは、亡くなった人の税金と債務控除についてご説明します。 1.亡くなった方(被相続人)にかかる住民税について 1-1.住民税の仕組み 住民税は、1月1日時点で住民登録のある人が、その年の6月……

記事を見る

相続税申告で“死亡診断書”の費用は債務控除可能

相続税申告で“死亡診断書”の費用は債務控除可能

相続税を計算するときは、遺産総額から借入金などの債務や葬式費用を控除できます。葬式費用には、医師に交付してもらう死亡診断書も含まれます。死亡診断書の概要や相続税債務控除との関係、医療費控除上の取り扱いについてご紹介します。 1.死亡診断書とは 1-1.死亡診断書に記載される内容 死亡診断書は、人が死亡したことを医学的、法律的に証明する意義を持つ書類です。生から死への変化の事実が医学的、客観的……

記事を見る

相続税申告で“位牌”の製作費は葬式費用として控除不可

相続税申告で“位牌”の製作費は葬式費用として控除不可

相続税を計算するときは、遺産総額から葬式費用を控除できます。しかし、葬式費用としてかかった全ての費用が控除の対象となるわけではありません。葬式費用として控除できるものとできないものの違いや位牌の概要についてご紹介します。 1.葬式費用として相続財産から控除できるもの・できないもの 1-1.葬式費用として控除できるもの 葬式やその前後で必要となった以下の費用は、葬式費用として遺産総額から控除で……

記事を見る

相続税の控除対象となる葬式費用にタクシー代は含まれる

相続税の控除対象となる葬式費用にタクシー代は含まれる

相続税は、相続財産から債務を控除した金額に対して計算されますが、債務以外にも葬式費用を控除することができます。葬式費用にはさまざまな費用がかかりますが、どの費用について葬式費用として控除対象とすることができるかを解説します。 1.相続税の葬式費用の範囲 相続税を計算する場合、遺産から債務を差し引いた金額となりますが、債務だけでなく葬式費用についても控除することができます。亡くなった方に関する支……

記事を見る

親族からの借入金でも相続税から債務控除が可能

親族からの借入金でも相続税から債務控除が可能

相続税の申告をする際、亡くなった人の債務は相続財産から差し引くことができます。しかし、親族からの借入金の場合は、税務署から「贈与では?」「相続税対策?」と疑われやすいのが実情です。ここでは、親族からの借入金を債務控除するための注意点についてご説明します。 1.親族からの借入金でも相続財産から債務控除が可能 1-1.借入金は相続財産から差し引くことができる 相続財産と被相続人の債務については、……

記事を見る