相続税のこと

先代名義のまま放置されていた不動産を相続した場合の手続き

相続を受けた不動産が祖父母や曾祖父母などの先代名義になっている場合、どのような手続きが必要になるのか、不安を抱いてしまいますよね。 この記事では名義変更されていない不動産を相続する際に起こり得る問題点を紹介し、具体的な手続き方法をお伝えしていきます。 1.先代名義から名義変更されていない不動産の問題点 1-1.すぐに売却することができない 実家から離れて暮らしている場合、「実家の土地や……

記事を見る

相続放棄した者は、債務控除→×、葬式費用→〇

相続税の計算を行う際にプラスの財産からマイナスの財産を差し引く債務控除を行います。 債務控除の対象は負債だけでなく、被相続人の葬式費用も含まれます。 相続放棄をした人が葬式費用を負担した場合、債務控除の扱いはどのようになるのでしょうか? 1.債務控除とは 相続税の算出を行う際に、相続税の課税対象価額を求める必要があります。 預貯金や有価証券、不動産などのプラスの財産から、借金等の負債……

記事を見る

相続財産から控除できるのは“確実な債務”のみ

相続税の課税対象を算出する際に、預貯金や不動産等のプラスの財産から債務や葬式費用などを控除することが出来ます。 これを相続税の債務控除と言います。 債務控除の対象となる債務には『確実な債務』という決まりがあります。 この確実な債務が何かを理解しておかなければ、正しい相続税の課税対象価額を算出することが出来ません。 確実な債務とは何を指すのかを確認しておきましょう。 1.相続財産か……

記事を見る

保証債務・連帯債務と相続税の債務控除について

相続財産に債務がある場合、プラスの財産から債務や負債など差し引くことができます。 この債務控除は「亡くなった人の債務で、亡くなった時に存在し、確実と認められるもの」が対象となります。 亡くなった被相続人が借金の保証人や連帯債務を負っていた場合、保証債務や連帯債務は債務控除の対象となるのでしょうか? 1.保証債務とは? 保証債務とは、債務を負っている債務者がその債務を履行しない場合に、保……

記事を見る

死亡日以前3年以内の贈与は無効!?相続税の3年内加算

相続税対策として生前贈与をご検討されている方も多いことと思います。 この生前贈与は贈与のタイミングを間違ってしまうと、相続税対策として有効な手段とならないケースがあります。 3年加算ルールという表現をされることがありますが、相続開始前3年以内の贈与は相続財産として相続税の課税対象価額に加算されます。 3年加算ルールの詳細、 3年以内とは具体的にいつを示すのかなどについてご紹介します……

記事を見る

相続税が非課税となる祭具等の範囲

被相続人から引き継ぐ財産を相続財産と言い、相続財産には相続税が課税されます。 ただし、例外として相続税が課税されない財産があります。 今回は相続税が非課税となる財産のうち祭具等についての詳細をご紹介したいと思います。 1.祭具等(仏壇、庭内神し、位牌、仏具など)は相続税が非課税 相続とは亡くなった方の財産や財産に関した権利義務を引き継ぐことを言います。 引き継ぐ財産の中には、系譜……

記事を見る

遺産分割が終わり相続税申告が終了した後に新たな財産が出てきた場合の対応方法

遺産分割協議や相続税の申告も無事終わり、ほっと一息ついたと思ったらまた新たな財産が発見された…というケースは実はよくあります。 このような時、相続人はどのように対処すればいいのでしょうか。 「新たな財産」への対応方法や、手続きの上で注意すべきポイントをご紹介します。 1.遺産分割終了後に新たな財産が出てきた場合の対応方法 新たな財産のみで再度、遺産分割協議を行う 遺産分割後に新た……

記事を見る

相続人がゼロの場合は相続税の基礎控除は3,000万円

相続税には基礎控除があり、相続した財産が基礎控除以下であれば相続税は課税されません。 基礎控除は法定相続人の人数によって金額が異なります。 また、法定相続人の人数は、死亡保険金、死亡退職金の非課税枠を算出する際にとても重要です。 しかし、被相続人に法定相続人が全くいない場合、被相続人の財産は誰が受け継いで、基礎控除はどのような扱いになるのでしょうか? 1.相続税の申告の有無の判断 相……

記事を見る

会社から贈られた弔慰金は相続税の課税対象となる?

弔慰金とは亡くなった方への弔いや遺されたご遺族を慰めるために贈られる金銭を言います。 弔慰金はお香典や花輪代、葬祭料という名目で支払われることもあります。 今回は、受け取った弔慰金が相続税課税対象になるのかという点についてご説明させていただきます。 1.税法上の弔慰金の扱い 弔慰金は被相続人が所有していた財産ではありませんので、相続財産に含まれることはありません。 そのため、原則とし……

記事を見る

代襲相続人が養子であった場合の相続人の数と法定相続分

相続税対策として孫を養子に迎え入れているという方もいらっしゃると思います。 このようなケースでは、状況によっては二重相続資格者に該当することがあります。 今回は、孫が被相続人の養子と子の代襲相続人の二重身分であった場合の法定相続人の数え方や法定相続分の考え方についてご紹介します。 1.代襲相続人が被相続人の養子である(二重身分)場合 代襲相続人が被相続人の養子である場合とは、以下のよう……

記事を見る

3年内加算の贈与財産から相続税の債務控除はできない

相続開始前、3年以内に行われた贈与は贈与が無かったことになり、その贈与財産は相続財産にふくまれてしまうことをご存知ですか? また、相続財産に含まれることになった贈与財産は債務控除の対象とならないのです。 3年内加算の贈与財産と債務控除の関係について詳しくご紹介します。 1.3年内加算の贈与財産とは!? 贈与とは生きている人から生きている人への財産の無償移転を言い、渡される財産には贈……

記事を見る

相続税の計算で控除できる葬式費用

葬式費用は被相続人の死亡に伴う必然的出費ということから、相続財産そのものが担っている負担ということを考慮されています。 そのため、相続財産から控除することが可能です。 しかし、葬式の様式等に関しては一律ではないという点から、控除できる範囲と出来ない範囲が定められています。 具体的に葬式費用として控除できるもの、できないものをご説明します。 1.相続税の計算で葬式費用が控除できる ……

記事を見る

共有持分の放棄と課税関係、放棄と贈与の違いとは?

ご夫婦で共同でご自宅を建築、建築資金を半分づつ負担した場合など その建築物に所有権はご夫婦の共有財産となり、共有持分はそれぞれ1/2づつとなります。 このように複数の人が同じ財産を所有している状態で、それぞれが持つ持分を共有持分と言います。 ご自宅の建築資金以外にも相続によって共有持分が発生するというケースもあります。 相続した共有持分を放棄することはできるのでしょうか? 共有持分の……

記事を見る

死亡保険金とともに受け取った剰余金(配当、前納保険料)の相続税法上の扱い

被相続人が契約者となっている死亡保険金は、相続税法上「みなし相続財産」となり相続税の課税対象となります。 死亡保険金そのものは、相続税の課税対象となりますが、付随して支払われることのある剰余金はみなし相続財産となるのでしょうか? 今回は、死亡保険金と一緒に剰余金を受け取った場合の扱いについてご説明します。 1.死亡保険金とともに受けとる剰余金は非課税の対象 死亡保険金はその契約の方法に……

記事を見る

遺産分割3つの方法 ~代償分割の課税価格について~

相続財産を相続人で分割する際の分割方法は、個々の相続財産をそれぞれ共同相続人に分配する現物分割が一般的です。 しかし、遺産分割を行う方法は現物分割の他にも代償分割や換価分割といった方法があります。 今回は、代償分割によって相続財産を分割した際の相続税の課税価格の算出方法をご説明します。 1.遺産分割3つの方法 まず、遺産分割の方法を簡単にご説明します。 1-1.現物分割 ……

記事を見る

停止条件付遺贈とは?停止条件付遺贈の相続税額の算出方法について

遺言によって財産を引き継ぐことを遺贈と言います。遺贈によって財産を取得した場合にも当然、相続税の申告・納付を行う必要があります。 遺贈と一言でいっても、停止条件や負担条件のついた遺贈というものもあります。 停止条件や負担条件が付いた遺贈の場合には、通常の遺贈と相続税の申告・納付方法に違いがあるのでしょうか? 今回は停止条件付き遺贈についてご紹介します。 1.遺贈と相続 相続は、財……

記事を見る

香典は相続財産ではない分割対象外かつ相続税の計算対象外

通夜や葬儀の際に、参列者の方が包む香典。亡くなった人の霊前に供えることもあり、「香典は故人本人のものなのか」「そうであれば、相続財産として扱うのか」というような疑問を持つ場合もあるでしょう。 ただでさえ揉め事になりやすい相続の問題ですから、しっかりと把握しておきたいところです。 この記事では ・香典が誰のものなのか ・どのような取り扱いをすれば良いのか を解説し、香典に……

記事を見る

「中心的な同族株主」の範囲

上場していない株式会社の場合、中心的な同族株主がいるかいないかで、株式の評価方式は大きく異なります。そのため、まずは自社が中心的な同族株主のいる会社なのかどうかを判断する必要があります。 そこで今回は、中心的な同族株主とその範囲についてご紹介します。 1.「中心的な同族株主」とは 中心的な同族株主は、同族株主がいる会社かどうかで意味合いが変わります。 同族株主がいるかどうかは、……

記事を見る

相続税が払えない場合の4つの対応方法

「父が急に亡くなって相続税が必要になったが、現金がなくて払えない…」 そんなとき、あなたはどう対処しますか? そんな状況を切り抜けるために、4つの対応方法をご紹介します。 相続税の大前提や知っておきたい注意点もまとめていますので、ぜひ参考にしてください。 1.相続税の納付は10カ月以内に現金一括納付が原則 相続税は相続発生を知った翌日から10カ月以内に現金一括納付することが原則とされ……

記事を見る

死亡退職金は相続税の課税対象!死亡退職金の範囲と判断方法について

退職時に退職金を支払う制度のある企業の場合、在職中に亡くなった従業員に死亡退職金を支払うことがあります。 本来受け取る従業員は亡くなっていますので、遺族が受け取る形となりますが、この死亡退職金は生命保険等と同様にみなし相続財産となり、相続税の課税対象となります。 死亡退職金と相続税の関係や、死亡退職金の範囲や判断基準などについてご説明します。 1.死亡退職金と相続税 1-1.みなし……

記事を見る

雇用主が負担している生命保険に係る税金の種類とは

法人契約の生命保険を遺族が受け取った場合、その保険金は相続税の課税対象なのでしょうか? 相続の定義は「死亡による個人から個人への財産の無償移転」、贈与は「生前における個人から個人への税産の無償移転」です。 つまり、個人間での無償移転に関して相続税や贈与税が課税されるということになります。 個人契約の生命保険であれば、個人間という判断をすることができますが、法人契約の場合、法人(雇用主……

記事を見る

弔慰金の非課税規定で使用する「業務上の死亡」の判定基準

弔慰金とは、亡くなった人を弔い、遺された遺族を慰める意味で遺族に渡される金銭を言います。 遺族に渡されるお金なので、そもそも相続財産ではありません。 しかし、会社などから受け取った弔慰金はその金額などによっては死亡退職金と判断されるケースがあります。 弔慰金であれば相続税の課税対象とはなりませんが、死亡退職金と判断された場合には、みなし相続財産となり相続税の課税対象となります。 今回は……

記事を見る

相続税法における「扶養義務者」

扶養義務者とは、対象となる被扶養者の扶養義務をもつ人を言います。 扶養とは、ご自身で生活していくことが難しい状態にある人を援助する行為を言い、所得税の扶養控除などは身近な言葉ではないでしょうか? しかし、相続税・所得税・社会保険とおなじ「扶養」という言葉でも、意味や範囲が異なることはご存知ですか? 今回は、相続税における扶養義務者の範囲についてご紹介します。 1.相続税法における「扶養……

記事を見る

相続税法における「住所」とは「生活の本拠」

相続税法では、住所により納税義務の範囲や納税地に関してなど、とても重要な意味を持っています。 住所と一概に言われても、本籍地なのか、住民票に記載されている住所なのか、現在住んでいる場所なのか判断が迷う場合もあります。 そこで今回は、相続税法における住所の定義をご説明します。 1.相続税法における「住所」とは「生活の本拠」 相続税法上の「住所」に含まれるもので、最も重要視される点は納税義……

記事を見る

相続税の計算で控除できる4つの葬式費用

被相続人が亡くなると、当然、お葬式を行います。このお葬式に係る費用には、相続税の控除対象となる費用があります。 今回の記事では、葬式費用として控除の対象となるもの、控除の対象とならないものについてご紹介させていただきます。 1.相続税の計算で「葬式費用」は控除可能 葬式費用は被相続人の死亡によって発生する費用となり、相続財産から支払われるものとなります。そのため、相続税の計算をする際には……

記事を見る

契約者貸付を利用している場合の生命保険の課税対象価額は?

生命保険には保険の種類によっては、解約返戻金の一部を貸付する契約者貸付という制度があるものがあります。 急にお金が必要になった時に、生命保険を解約せずに解約返戻金の一定額までであれば借りることができる制度となり、利用を検討される方も多いのではないでしょうか? 契約者貸付は保険会社からの借入という扱いになりますので、当然、返済の必要があります。 相続税では債務も相続財産に含まれます。 では、……

記事を見る

生命保険の剰余金や前納保険料は相続税の課税対象となるか

被相続人が亡くなったことによって発生する保険金はみなし相続財産として相続税の課税対象となります。 この保険金を受取る際に、剰余金や前納保険料を受け取るケースがあります。 剰余金や前納保険料を受け取った場合、それらはすべて相続税の課税対象となるのでしょうか? 1.剰余金とは 生命保険等の保険料は、予定死亡率・予定利率・予定事業費率という3種類の予定率を元に計算されます。 予定率というく……

記事を見る

相続人が重国籍の場合の相続税の納税義務の範囲について

亡くなった人(被相続人)の財産を受け継いだ場合、その財産には相続税が課税されます。 相続税の課税対象となる財産の範囲は、亡くなった人や財産を受け継ぐ相続人の国籍や住所によってその範囲が異なります。 もし、相続人が日本国籍と外国国籍を所有している重国籍の場合、相続税の納税義務の範囲はどのようになるのでしょうか?平成30年度税制改正を踏まえた相続税法規定の相続税(贈与税)の納税義務者についてご説明……

記事を見る

自社株式の相続税評価の方法を解説

上場株式と違い、非上場の自社株式は時価が存在しないため、税務上、自社株式の相続税評価の方法が決められています。自己株式の評価方法は、会社規模などによって違いがあります。そこで、自社株式の相続税評価の方法をまとめました。 1.自社株式の相続税評価の方法は大きく3つ 引用:国税庁HP 会社規模によって、自社株式の相続税評価の評価方法が異なります。従業員数が70人を超えるか、純資産価額や直……

記事を見る

貸宅地・貸家建付地・自用地へ通ずる私道の相続税評価

下図のように、自用地や貸家建付地や貸宅地に通ずる私道の相続税評価を行う際には、自用地が使っている私道部分と貸家建付地が使っている私道部分と貸宅地が使っている私道部分にそれぞれ地積按分を行い、借地権割合及び借家権割合を考慮します。 【計算式】 以下の➀~➂の合計額が私道の相続税評価額となります。 ➀ 私道評価額 × 貸宅地地積(B+……

記事を見る

登記持分と資金拠出割合が異なる不動産の相続税評価

例えば、ある建物で被相続人50%、相続人50%で建設費用と負担して建築したものの登記割合については、被相続人20%、相続人80%でされていたとします。 こういった場合、相続財産として計上する建物は、何%として評価すれば良いのでしょうか。 結論から申し上げると、登記割合通りの被相続人20%、相続人80%で相続税評価を行います。実際の拠出割合と異なる部分については、その時点にお……

記事を見る

旗竿地評価を適用できる奥行距離の限界は!?

路線価の設定されていない道路(建築基準法上の道路)のみに接している宅地を評価する場合には、以下の2通りの方法があります。 ➀特定路線価を申請する ➁旗竿地評価を行う 実務上は、両方を計算してみて有利となる方を選択して適用することを行いますが、ただ、➁の旗竿地評価において、あまり奥行距離が長すぎると不整形地補正による減額割合が大きくなりすぎ、評……

記事を見る

斜面に家屋が建っている土地の相続税評価はがけ地補正不可

斜面に2階建ての家屋が建っている状況であり、2階部分が玄関になっており、斜面に沿って下の階がつくられている。敷地全体ががけ地になっているような以下のようなケースではどのように相続税評価を行えば良いのでしょうか。 1.“がけ地補正率”を適用して相続税評価ができないか? まず、思いつくのが、“がけ地補正”の適用でしょう。以下が根拠条文となります。 財産評価基本通達20-4(が……

記事を見る

月極駐車場と時間貸駐車場は相続税評価において別評価単位

月極駐車場と時間貸駐車場が隣接しているような場合、駐車場(雑種地)というくくりでは同一であったとしても、利用の目的が異なるということで評価単位は別となります。 東京国税不服審判所(平成28年第69号)における採決事例を参考に解説を行いたいと思います。 1.雑種地の評価単位は、“利用の単位”ごとが原則 財産評価基本通達7-2(7) 雑種地は、利用の単位となっている一団の雑種地(同一の……

記事を見る

水路があっても土地の評価単位が分断されるとは限らない

土地の相続税評価を行う際に、その評価単位の判定は非常に重要です。 評価単位を誤ると評価額が大きく異なり、税務調査等で指摘されると多額のペナルティを背負ってしまうリスクがあるからです。 原則として、土地の評価単位は物理的に一体利用できないような場合、例えば道路や水路等で分断されているような場合には利用単位は別となります。下記図で言うと、土地1と土地2は原則としては別評価単位となります。 ……

記事を見る

相続対策に「民事信託」をもっと利用しよう

「民事信託」という言葉を聞いたことがないという人は多いのではないでしょうか。民事信託は、相続対策や認知症対策など高齢者向けの財産管理の分野で注目を浴びている制度です。ここでは、「民事信託とは何か」から相続対策での活用例までご説明します。 1. 民事信託とは? 1-1. 民事信託の基本的な仕組み 「信託」には3人の人物が必要です。 ・委託者:財産を持っている人。信託財産を受託者に預け……

記事を見る

直後期末を用いて自社株式の相続税評価を行う場合

取引相場のない自社株式の相続税評価を行う場合、原則として会社の総資産価額、従業員数、年間取引金額によって会社規模を3つに区分した上で、規定の方式によって計算します。このとき、基本的には直前期末の数字が用いられますが、純資産価額方式で評価を行う場合には、条件を満たす場合には直後期末も選択が可能です。 1.類似業種比準価額は直前期末のみ 1-1.取引相場のない株式の相続税評価方法は会社規模によ……

記事を見る

Lの割合が重要!類似業種と純資産価額の併用割合

相続によって会社が後継者に引き渡される際は、会社の価値を算出します。算出方法として類似業種比準方式と純資産価格方式を併用する場合、会社の規模に応じた「Lの割合」を判定する必要があります。ここでは、Lの割合について詳しく解説します。 1.Lの割合とは? 自社株の評価方式は、類似業種比準方式、純資産価格方式、配当還元方式の3種類に加え、「類似業種比準方式と純資産価格方式の併用方式」があります。Lの……

記事を見る

高圧線下の土地(区分地上権に準ずる地積権の目的となっている宅地)の相続税評価

高圧線のある自用地は、高圧線があることで建物の建設に制限が設けられています。 そのため、通常の自用地の評価から、高圧線のある区分地上権に準ずる地役権の範囲について制限の分だけを状況に応じて控除する必要があります。 実際の高圧線下における相続税評価について確認してみましょう。 1.高圧線下の土地(区分地上権に準ずる地役権の目的となっている宅地)の相続税評価 高圧線のある土地についての……

記事を見る

先代名義のまま放置されていた不動産を相続した場合の手続き

先代名義のまま放置されていた不動産を相続した場合の手続き

相続しようとした不動産が親世代以前の名義になっていた場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。使用には差し支えなくても、後々トラブルになっては困ります。名義変更がされていない場合の問題点や、具体的な手続きについて見ていきましょう。 1.先代名義から名義変更されていない不動産の問題点 1-1.なぜ名義変更されないケースがあるのか 不動産の所有者が亡くなったとき、相続人に名義を変更する手続きを……

記事を見る