税理士事務所開業にオススメなレンタルオフィス【東京】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

開業税理士として初めて事務所を構える場合、どんなオフィスを借りればよいのか?レンタルオフィスはどうなのか?そういった疑問にお答えします。

レンタルオフィスをオススメする5つの理由

税理士を開業する際、“自宅で開業”、“事務所を借りて開業”、“レンタルオフィスで開業”の3つで迷われる方が多いと思います。私は、“レンタルオフィスで開業”をオススメします。
体験に基づいたお勧め理由を書いていきます。ちなみに、税理士法人チェスターは東京で開業していますので、この記事は東京でされる方の参考にはなりますが、それ以外の地域で開業される方とは事情が少し異なる部分が出てくることがありますのでご了承下さい。

1.初期費用が安い

一般的な事務所ですと、入居時に敷金・礼金・仲介手数料・事務所の内装工事費がかかります。家賃10万の事務所を賃貸した場合でも、総額で100万円を超える費用は必ずかかってくるでしょう。

ただ、レンタルオフィスですと、そういった初期費用が低く設定されているため、助かります。レンタルオフィスにもよりますが、家賃の2〜3ヶ月程度の初期費用で入居が可能ですし、また内装も既に出来上がっている状態ですので、工事費用もかかりません。

2.良いアドレス(住所)がとれる

自宅開業と比べてレンタルオフィスの方がいわゆる良い場所にオフィスを構えられます。
税理士業をするにあたり、場所は重要です。事務所の場所は信頼性にも関わってくるからです。

3.業務拡大した時に、解約がしやすい

もちろん、レンタルオフィスでも解約に関する条件がありますが、通常の事務所賃貸に比べると非常に解約がしやすいです。また、同じレンタルオフィス内でスペースの広いところに移るという選択肢もありますし、そうすれば住所も変わらず、税理士登録の変更手続きも不要です。

1人か2人で開業し、業務が拡大し人を雇用することになり、事務所が手狭になってきた場合、広いところに移る必要がありますが、通常のオフィスでは退去前6ヶ月予告が通常です。また、退去時にはせっかくつくった内装をすべて壊す現状回復工事も必要です。
こういったところを考えると、レンタルオフィスの方が融通が利きます。

4.会議室や共通の受付が使える

開業当初は、事務や受付のスタッフを雇用する余裕はないと思います。しかし、レンタルオフィスで業務を行うことで、共通の受付がありますので、来客時に「いらっしゃいませ」と出迎えてもらえ、会議室にお茶を出してもらうこともできます。
これはレンタルオフィスの大きなメリットだと思います。

5.インフラが整っている

インターネット回線、電話回線、コピー機、机、椅子、などなど開業時には様々なインフラが必要となりますが、レンタルオフィスであればほぼすべてそういったものが整っています。

税務・会計ソフトをインストールしたパソコンが1台あれば、税理士業はスタートできてしまいます。

レンタルオフィスのデメリット

ただ、レンタルオフィスも良いことばかりではありません。
私が思うデメリットをご紹介したいと思います。

1.「レンタルオフィスだ」と思われる

この問題は、開業当初我々もかなり心配しました。
せっかく初回の面談にこぎつけても、オフィスに来られると一発でレンタルオフィスと見抜かれてしまいます…。それで受注がとれなかったらどうしよう…と。

ただ、これは一切心配無用でした。

面談までこぎつけたら、あと、依頼していただけるかどうかは、人間力です!
オフィスがレンタルオフィスだろうが、経験上、あまり関係ありません。

2.賃料の割に狭い…

坪単価は通常のオフィスに比べていろんなサービスが付いている分、当然割高です。
ですので、どうしても執務スペースは狭くなってしまいます。

仕方ないですが、どうしてもやはり閉塞感があります。
できれば、窓のある部屋を利用したいですね。。

ただ、これは我慢と慣れで乗り切ることが可能です。

レンタルオフィスで税理士開業する場合のQ&A

Q.税理士登録はレンタルオフィスで可能か??

開業税理士として税理士登録する際には、事務所の場所を申請しなければなりません。
そして、その事務所もどんな場所でも良いわけではなくある一定の条件を満たしていなければいけません。「税理士事務所としての独立性を確保できるようにする必要」があります。

ただ、レンタルオフィスで個室を借りる場合にはまったく問題ありません。
ただ、フリーアドレスで個室がないようなレンタルオフィスの場合には認められない可能性もありますので税理士会の登録審査部に確認する必要があります。

ひと昔前は、レンタルオフィスというのがあまり一般的ではなく、税理士会によっては認めていないところもあったようですが、現在ではむしろ開業時はレンタルオフィスでスタートする税理士の方が多いように思いますのでまったく問題ないと思います。

税理士開業にお勧めなレンタルオフィス【東京】

ちなみに、税理士法人チェスターが8年前に開業登録したレンタルオフィスは東京駅の八重洲不二ビルというところだったのですが、今現在はビル自体が解体されなくなってしまっています。

お勧めするのに重視しているのは主に以下の点です。

  • 共通の会議室がある
  • 立地が良い
  • 個室が確保されている

▼Open Office (http://www.openoffice.co.jp/)
青山、赤坂、麻布、日本橋、渋谷、新宿、池袋、神保町、新橋に拠点があり、どのオフィスも綺麗な内装です。

▼ハローオフィス(http://www.hello-office.net/
中野、新宿、西新宿、代々木、渋谷、蒲田、青山、水道橋、霞が関、新橋、銀座、浅草、御徒町、秋葉原、錦糸町、神田、東陽町に拠点があり、少人数向けのオフィスが主で比較的リーズナブルな価格帯です。

▼比較的小規模なレンタルオフィス一覧
・レンタルオフィスIndex(http://www.rentalofficeindex.com/
こちらのサイトに、比較的小規模なレンタルオフィスの一覧がまとまっています。

▼参考
・リージャス(https://www.regus-office.jp/
・サーブコープ(http://www.servcorp.co.jp/

この2社は、非常に良いビルに入っていて良いのですが税理士業を営むにあたって1点、致命的な欠点があります。会議室の利用料が高すぎることです。多少交渉で値引いてもらうことはできますが、1時間1万円を超えるような利用料は少し使いにくいです。

まとめ

  • 税理士開業時にはレンタルオフィスがお勧め
  • レンタルオフィスは初期費用が安く融通が聞く
  • 東京には数え切れないほどのレンタルオフィスがある
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【無料プレゼント】相続税申告業務大全

相続税申告件数年間500件を行う税理士法人チェスターの原動力

相続税申告に関する
「専門知識」「実務経験」の全貌を公開

チェスターの所内で実際に行われる評価における計算や判断、
集客から財産評価まで全ての業務フローを解説。

「相続税申告業務大全」

を、無料プレゼント!!

無料ですぐに入手する

SNSでもご購読できます。