使用貸借(しようたいしゃく)とは、“タダ”で貸し借りすること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
使用貸借(しようたいしゃく)とは、“タダ”で貸し借りすること

一般的に、不動産などの貸し借りは賃貸借と言って、対価が発生するものですが、場合によっては使用貸借と言って、対価の発生しない貸し借りが発生することもあります。使用貸借とはどのような状態を言うのか、また使用貸借の状態による土地の相続税評価はどのようにするのかを確認してみましょう。

1.使用貸借(しようたいしゃく)とは?

通常、宅地などを誰かに貸すことによって、対価として現金などを得ることを賃貸借と言います。使用貸借と言うと聞きなれないかもしれませんが、言うなれば、対価を得ずに(タダで)宅地などを貸すことです。

たとえ友人であったとしても対価として現金をもらうと言った手続きがあるのが通常ですよね。しかし、親子など血縁関係があった場合はどうでしょう。必ずしも家を貸すことによって代わりに現金をもらうとは限りません。むしろ、タダで貸すということの方が多いのではないでしょうか。このように、宅地などを無償で貸すことを使用貸借と言います。

2.タダ同然(固定資産税相当額)でも使用貸借

たとえば使用貸借の例として、土地は親のもので、その土地の上に建てた家屋は子のものであったとします。性質的に土地をもらったような形にも考えられますが、使用貸借では借地権についての効力がそれほどないため、贈与税は発生しません。

贈与税は発生しないものの、注意したいのが相続税。使用貸借であっても、しっかりと相続税は加算されるということを忘れてはなりません。

使用貸借(しようたいしゃく)とは、“タダ”で貸し借りすること

相続税に関しては、使用貸借では賃貸借における税務上の優遇措置が受けられないことから、基本的に更地として土地が評価されることになります。更地として評価されるということは、相続税の評価がその分高くなってしまうということです。

贈与税がかからないという利点があっても、相続税の面で大きく税金の評価があがってしまうという点においては、相続前に考えておく余地があるでしょう。

3.個人間であれば使用貸借でも特に問題なし

使用貸借における相続については、トラブルに発展する可能性もあるものと考えられます。ひとつは相続税における評価額も争点と言えるでしょう。これが、法人を交えた契約であれば、さらに大きな問題へと発展する可能性があります。

ですが、使用貸借において取り決めさえしっかりと行っておけば、個人間の使用貸借には大きな問題はないと言えます。たとえば借主が死亡した場合でも引き続き利用できるようにするなどの特約は認められていますので、相続の対象とならない使用貸借であっても、特約によりもしもの時の安心を担保することが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。