代襲相続人が養子であった場合の相続人の数と法定相続分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

相続税対策として孫を養子に迎え入れているという方もいらっしゃると思います。
このようなケースでは、状況によっては二重相続資格者に該当することがあります。
今回は、孫が被相続人の養子と子の代襲相続人の二重身分であった場合の法定相続人の数え方や法定相続分の考え方についてご紹介します。

1.代襲相続人が被相続人の養子である(二重身分)場合

代襲相続人が被相続人の養子である場合とは、以下のような状況を示しています。

このようなケースでは、養子としての相続分、代襲相続人としての相続分、それぞれの相続分を取得することが可能です。

2.二重身分の場合の法定相続人の数の数え方

まず、法定相続人には順位があり、被相続人の配偶者は必ず相続人となります。
それ以外は、第一順位である子(直系卑属)、第二順位である父母(直系尊属)、第三順位である兄弟姉妹という順で相続人が決まります。

2-1.代襲相続の場合の法定相続人の考え方

例えば、以下のようなケースの場合で考えてみましょう。
被相続人には配偶者と子A,、子B、子Cと孫D・Eがいます。相続開始前に子A,が亡くなっています。

このようなケースでは、相続開始前にAが亡くなっている場合、相続人にはAの代襲相続者が含まれます。
そのため、この場合の法定相続人は配偶者、子B・Cと代襲相続者D・Eの5名となります。

2-2.養子がいる場合の法定相続人の考え方

養子縁組には特別養子縁組と普通養子縁組の2つがあります。
特別養子縁組の場合には人数制限はありませんが、普通養子縁組の場合には、被相続人に実子がいる場合といない場合によって法定相続人に含めることができる人数が異なります。
被相続人に実子がいる場合には、1名、実子がいない場合には、2名までが法定相続人の数に含めることが可能です。

上記のようなケースの場合、法定相続人としてカウントできる人数は4名となります。
ただし、養子C養子Dはどちらも法定相続人としての地位は有しているため、未成年者控除や障害者控除等の法定相続人を要件とする特例の適用を受けることは可能です。

2-3.代襲相続人で養子の場合の法定相続人の考え方

上記のように、子Aの子が被相続人の孫養子となり、かつ、子Aがすでに他界している場合、孫は被相続人の養子+代襲相続人という2重の立場となります。
この場合の相続人は配偶者と孫養子、子Bの3名となります。つまり、子Aの代襲相続人である身分と被相続人の養子である身分の2重身分の適用はされないことになります。

また、上記のケースでは、孫養子がみなし実子に該当しており、養子は1人となっているため、養子の数の算入制限はありません。
養子の数の算入制限が関係してくるケースでは以下のような場合が考えられます。

被相続人に実子はおらず養子を3人迎えていた場合、原則としては養子のうち2名が法定相続人の数となります。
上記のケースでは配偶者の他に法定相続人にカウントされる人数は2人となり、法定相続人は合計3名となります。

しかし、養子Aが亡くなっている場合、養子Aの子は代襲相続人となり、被相続人のみなし実子となります。
被相続人に実子がいる場合の法定相続人に含めることができる養子の数は1人です。

すなわち、代襲相続によって、孫がみなし実子という扱いになるため、被相続人の法定相続人に含めることができる養子の人数は1人となり、法定相続人の数は計4名となります。

3.二重身分の場合の法定相続分の計算方法

法定相続分とは、民法で定められて相続人の相続分の割合を示しています。
実際に財産を分ける際には必ず法定相続分の通りに分割しなければならないということではありません。
相続税額を算出する場合や、遺産分割協議が成立しない場合の法律上の目安となる数字です。

法定相続分は、配偶者の取り分を定め、その残りを法定相続人に均等にわける形になっています。
配偶者以外の法定相続人が複数いる場合には、法定相続人が取得できる取り分を人数で分けます。
二重身分の相続人がいる場合、法定相続分の計算に注意が必要です。

3-1.孫養子と代襲相続人の二重身分の場合の法定相続分

代襲相続人で被相続人の養子という二重身分の相続人は、法定相続人の数という段階では二重身分が適用されないとご説明しましたが、法定相続分では二重身分が関係しています。
先ほどの例を使ってご説明します。

上記のケースでの法定相続分は以下のようになります。

孫養子は子Aが本来相続するはずだった相続分と養子としての相続分のどちらも所有していることになるため
法定相続分は1/3になります。つまり、二重身分が適用される形になります。

3-2.実子と養子が夫婦の場合の法定相続分

上記のケースで、両親がすでに他界しており、被相続人がA、AとBの間に子がいない場合には、BはAの配偶者という立場と第三順位となる兄弟姉妹の二重身分となります。
しかし、このケースの場合にはBは配偶者としての相続分のみを取得することになります。

まとめ

二重身分の相続人がいるケースは法定相続人や相続分の考え方が少し複雑になります。
原則としては、法相続人の数は二重身分であっても2人分という考え方はせず、実際に存在する人数で考えられます。
法定相続分に関しては、それぞれの身分の法定相続分を合算することが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。