事務所経営全般

会計事務所にあったらいいな!福利厚生アイデア10

従業員のことを考えない旧態依然とした昔ながらの会計事務所もまだまだ多いですが、従業員のために変わろうとしている事務所も少なからずあります。 そういった事務所にお役に立てる情報をここで提供できればと思います。 従業員のための福利厚生として会計事務所にあったらいいなと思われる福利厚生のアイデア10個をご紹介したいと思います。 1.税理士試験の前の試験休暇制度 税理士試験の当日は、特……

記事を見る

所長必見!5つの職員との上手い付き合い方のコツ

「経営者は孤独」 よく用いられる表現です。 私も経営者ですが、確かに、“孤独”と感じることはあります。 ただ、“孤独”と感じるのは、当然ですが主観なので、考え方を変えれば孤独じゃないと思うことも可能ですし、さらに経営者であるがゆえに、自分の好きな状態に自分の立場を変えることができます。 私は、2008年に開業しました。当時は2人でスタートしましたが、どんどん人が増えて、2016……

記事を見る

【会計事務所向け】相続対策に関わる税理士報酬の適正な設定方法

お客様から相続対策の相談を受けたときに、報酬を事前に決めて、見積もりを提示するのが難しいとお悩みではないでしょうか。仕事をうける会計事務所側としては、タイムチャージで事後請求できればいいのですが、今の時代、税理士業でそういった報酬の取り方はなかなか難しいでしょう。 税理士法人チェスターは、年間500件以上の相続税申告を受注し、さらに生前対策のご相談も数多く受けております。その経験上、相続対策……

記事を見る

相続専門税理士として今開業しても成功しない理由を説いてみます

まず初めに簡単に自己紹介をします。税理士法人チェスターという相続専門の税理士事務所の代表をしております福留と申します。 今から8年前に相続専門税理士として開業し、現在は所属税理士16名、会計士4名、グループ総勢53名、東京・横浜・大阪に事務所を構えています。 今でも、仕事の99%は相続関連のお仕事で法人の顧問先はほとんど持たず、相続専門を貫いています。 そんな私がこのブログを書こうと……

記事を見る

【税理士向け】相続税申告報酬の適正な決定方法

相続税の申告業務は蓋を開けてみないと、業務全体にどれくらいの稼働がかかるか分らない。かといって、後から稼働がかかったので追加の報酬は請求しにくい。そんなお悩みをお持ちではないでしょうか!? ここでは、税理士の立場から相続税申告報酬を初回の面談時に適正に見積もるための方法論をお伝えしようと思います。 1.遺産総額・不動産の利用区分・相続人の数・非上場株式の数の4要素をベースに 基本的に旧税……

記事を見る

【税理士向け】相続税申告業務の委任契約書作成マニュアル

相続税申告業務にあまり慣れていない税理士の方は、顧客との契約書ってどうやって作ればいいのかと悩まれることも多いと思います。 そこで、年間400件以上の相続税申告の契約を受任している税理士法人チェスターが、自社の実例をご紹介しながら、相続税申告委任契約書の書き方を解説致します。 1.「相続税申告に関する委任契約書」の記載事項の解説 まずは、以下の書式をご覧いただければと思います。これは……

記事を見る

他業種のビジネスモデルを参考に戦略立案

自分の事務所の経営戦略を考えるとき、他業種の成功事例は非常に参考になります。 同じ業界の成功事例は目に付きやすいですが、同じ業界で先行している成功モデルを中途半端に模倣してもうまくいくはずがありません。そこで、私は、よく他業種の成功事例をできるだけ多くインプットして参考にするようにしています。 「相続ビジネス」が参考にできる他業種のビジネスモデル 税理士法人チェスター……

記事を見る

「相続専門」という「マイナスの差別化」で追随を許さない

スターバックスは、すべての店舗で店内は禁煙ということは有名です。この全店舗を統一的に禁煙店舗にするという発想が「マイナスの差別化」です。 業界最大手のドトールは、すでに顧客となっている喫煙者を捨てることはできず、この戦略をいまさら真似することはできません。 この話は有名な話のようですが、これを税理士事務所の差別化に置き換えてみたいと思います。 1.「相続専門」という「マイナスの差別化……

記事を見る

税理士のための相続税申告報酬の決め方【チェスター式】

相続税の申告報酬の見積もりってどうやって決めればよいのかと、お悩みの税理士の方は多いと思います。なぜなら、相続税申告業務は依頼頂く内容によって蓋を開けてみたら「!!」というようなことが往々にしてあり、受任前に正確なお見積りを算定するのは至難の技だからです。 ただ、それは依頼を受ける税理士側の都合であり、顧客からすると依頼する前に報酬が確定していないと不安なことは間違いありません。では、事前の……

記事を見る