相続税のこと

相続税のこと

3年内加算の贈与財産から相続税の債務控除はできない

相続開始前、3年以内に行われた贈与は贈与が無かったことになり、その贈与財産は相続財産にふくまれてしまうことをご存知ですか? また、相続財産に含まれることになった贈与財産は債務控除の対象とならないのです。 3年内加算の贈与財産と債務控除の関係について詳しくご紹介します。 1.3年内加算の贈与財産とは!? 贈与とは生きている人から生きている人への財産の無償移転を言い、渡される財産には贈与税……

記事を見る

全容を大公開!相続税の税務調査パーフェクトガイド【これで安心!聞かれやすい18の質問と対処法】

この記事を読んでいるあなたは相続税の税務調査がすでに来ているか、今後入るかもしれないと心配されていると思います。 実際に税務調査が来たらどんなことを聞かれるのだろう?、何か入られないための対策はないだろうか?、相続税の税務調査に対する不安は多岐に渡るでしょう。 税務署は納税者に不利な指摘をしてくることが多いですが、相続税の税務調査は事前に対処方法や準備をしていれば防ぐことが可能です。 ……

記事を見る

たった1つの名義預金の判定ミスで裁判沙汰にまで発展!意外と重い税理士の責任

「よくわからないし、思い切ってこっちで判定してしまえ」 「時間もないし、しょうがないから、この計算でいこう」 相続税の案件を行う税理士にとっては、意外とありがちな光景かもしれません。 しかし、国家資格である税理士が失態を犯したら、裁判にまで発展するケースがあります。 弊社で実際にお客様から頂いた実例から、どのようなミスが裁判沙汰に発展したのか また防ぐためには何をすべ……

記事を見る

【クイズ】相続税申告作業を効率化させるたった1つの方法とは?

この話は80%以上の先生が相続税申告作業の効率化ができていない最大の理由を解説しています。 なので、注意してよんでください・・・ この話は、荒巻善宏という業界屈指の相続税専門家と言われている税理士のセミナーでの話。セミナーで荒巻は、参加者にこんなクイズを出しました。 「もし私と本日お集まりいただいた先生が 相続税申告の案件を受注したとします。 専門知識は同じレベルとい……

記事を見る

前払費用の相続税評価は財産的価値の有無で判断

1.前払費用とは?前払費用の具体的例示 前払費用とは、一定の契約に基づいて役務の提供を受ける場合に、まだ提供されていない役務に対して支払われた対価のことを言います。具体的には、以下のようなものが該当します。 ・1年分の保険料を前払いしたような場合(前払保険料) ・家賃を一年分前払いしたような場合(前払家賃) ・将来長期にわたる保証料を一括で前払いしたような場合(前払保証料)……

記事を見る

「1か月前に10万円で購入したベッド」の相続税評価はいくら?

突然ですが、相続税の財産評価の問題です。 Question 「相続開始30日前に15万円購入したダブルサイズのベッド一式」 の相続税評価額を計算しなさい。 結論から言うと、相続税の実務においては、“評価ゼロ”となります。 なぜ、そうなるかは順を追って説明します。 【間違った回答例】 ベッド一式は、財産評価基本通達に当てはめると、“一般動産”とな……

記事を見る

【会計事務所向け】相続税申告書作成ソフトの賢い選び方

相続税申告書を作成するためのパソコンのソフトウェアを探しているが、 「年間数件しか相続税申告を行わないので、月額契約は避けたい…」 「最も使いやすいソフトは何か…」 「税務の知識がなくても入力し易いソフトは何か…」 などとお悩みではないでしょうか。この記事では、年間500件以上の相続税申告書を作成している税理士法人チェスターが、相続税申告書のソフトウェアを網羅的にご紹介し、それぞれ……

記事を見る

税理士向け!相続税の意見聴取・税務調査対応マニュアル

相続税の実務経験が少ない税理士にとっては、相続税の意見聴取や税務調査は未知の世界だと思います。 税務署から意見聴取や税務調査の連絡がきても、焦らずに落ち着いて対応できるように、事前に知識を持っておくことは非常に重要です。また、事前に対策を講じることで、税務調査の件数を大幅に減らすことも可能となります。 この記事では、年間500件以上の相続税申告を行っている税理士法人チェスターの代表税理……

記事を見る

専門書にも載ってない!相続税申告の実務の勘所

相続税申告の実務をしていて、不明点があれば、 ・ネットで検索 ・条文、通達、逐条解説を読む ・専門書で確認 ・過去の判例を確認 このような確認をされるかと思います。 ただ、それでも相続税申告実務においては、個々の個別事情が強すぎるため、明確な回答が得られない場合が多々でてきます。 例えば、 ・庭園設備って通達で評価方法が決まっているけどホ……

記事を見る

相続専門税理士が解説! 相続税申告実務におけるマイナンバー対応

平成28年1月1日以降発生の相続に関わる相続税申告から、税務署へ提出する相続税申告書にマイナンバー(個人番号)の記載が必要となっています。また、その添付書類として、マイナンバーカードのコピーもつける必要があります。 亡くなった被相続人のマイナンバーカードはないがどうしたらよいか? 通知カードも紛失してしまっていた場合にはどうしたら良いか等、相続税申告についてのマイナンバー対応で様々なお悩みが……

記事を見る