相続税実務

小規模宅地の有利判定を簡単に行う方法

小規模宅地の有利判定を簡単に行う方法

住宅に大きな相続税がかかると生活ができなくなることから、被相続人と一緒に住んでいた小規模な土地なら相続税を80%減額する、というのが小規模宅地等の特例です。対象地が複数あり、貸付事業用がある場合には最も有利になるように選択する必要が出てきます。 そこで、小規模宅地の有利判定を簡単に行う方法を見ていきましょう。 1.小規模宅地の有利判定は平米単価で 小規模宅地の特例を適用できる宅地が複数存在し……

記事を見る

特例対象宅地が一部未分割の場合の小規模宅地の特例の適用

特例対象宅地が一部未分割の場合の小規模宅地の特例の適用

被相続人等の住居用や事業用に使われていた宅地を相続する際には「小規模宅地の特例」を適用し、相続税を減額できます。しかし、遺産分割はデリケートな課題であり、問題なく分割が行われるとは限りません。ここでは、対象の宅地が一部未分割の場合、どのように扱うかを紹介します。 1.小規模宅地の特例を適用するには特例対象宅地を取得したすべての相続人の同意が必要 小規模宅地の特例の適用には、面積の上限や相続前の……

記事を見る

宅地比準方式での相続税評価方法

宅地比準方式での相続税評価方法

相続税評価を行う際、宅地比準方式を適用する土地にはどのようなものがあるのか、具体的な計算方法も合わせて種類別に解説していきます。また、評価対象となる土地のなかで、実際は宅地比準方式の適用が難しい場合についても言及していますので、ご参照ください。 1.土地の相続税評価で宅地比準方式を使う場合 1-1.市街地農地と市街地周辺農地 相続する土地のなかで、宅地比準方式によって相続税評価を行うべきもの……

記事を見る

土地評価時に控除が可能な宅地造成費の計算方法

土地評価時に控除が可能な宅地造成費の計算方法

相続の対象となる土地が、市街地農地や市街地周辺農地、市街地山林や市街地原野に該当する場合、宅地比準方式による評価額の算定が可能です。このとき、土地を宅地とみなして計算した評価額から、宅地化に必要となる宅地造成費を控除することができます。 1.宅地比準方式で評価する際に控除可能な宅地造成費 宅地造成費とは、現在宅地ではない土地を宅地化する場合に発生する費用を算定したものです。市街地農地や市街地周……

記事を見る

相当の地代の「改定方式」と「固定方式」の違い

相当の地代の「改定方式」と「固定方式」の違い

土地の賃貸借に関して権利金の授受が行われない場合には、借地権の認定課税が行われます。これを回避するには、土地の所有者に相当の地代を支払うことが必要です。相当の地代は、権利金と地代を包括するものとされ、その額は土地の価格の年6%と定められていますが、計算方法には改定方式と固定方式があります。 1.相当の地代とは? 建物の建築を目的として、土地を所有者から借りる場合、借地権が発生します。借地借家法……

記事を見る

保険の受取人は無理!愛人に財産を遺す方法

保険の受取人は無理!愛人に財産を遺す方法

社会的に地位のある方などは、いわゆる愛人と呼ばれる女性がいることも多いでしょう。妻以外で身の回りのお世話をしてくれた女性にいくらかの財産を遺したいと考える方もいらっしゃるようです。どのような方法を採れば愛人に財産を遺すことができるのでしょうか。 1.生命保険の受取人を愛人に指定するのは無理 かつては、妻以外の女性、いわゆる愛人を死亡保険金の受取人にした生命保険に加入することで、愛人に財産を遺す……

記事を見る

孫養子は相続税が2割加算でかかる

孫養子は相続税が通常よりも2割加算でかかる

遺産を相続するときは、相続税法で定められた税率で相続税が課されます。被相続人と相続人の関係により、2割加算される場合もあります。孫養子も2割加算対象者です。2割加算対象者や節税目的の孫養子に関連した判例についてご紹介します。 1.一親等の血族及び配偶者以外の人が相続したら相続税は2割加算 1-1.2割加算の対象者とは 相続税が2割加算されるのは、一親等の血族及び配偶者以外の人です。一親等の血……

記事を見る

デリバティブ負債・資産(金利スワップ)の相続税評価

デリバティブ負債・資産(金利スワップ)の相続税評価

非上場株式の評価において純資産額価額方式で算定が行われる場合、相続税評価に基づく資産から、負債と評価差額への法人税等相当額を差し引いて評価額を計算しなければなりません。このとき、企業会計上では損金や益金として扱われるデリバティブ負債・資産(金利スワップ)の取扱いについて解説します。 1.デリバティブ負債・資産(金利スワップ)とは? 1-1.デリバティブとは デリバティブとは、金融商品から派生……

記事を見る

書面によらない贈与は履行前なら撤回が可能

書面によらない贈与は履行前なら撤回が可能

贈与は書面によらない贈与契約であっても、成立します。しかし、安易な口約束による贈与のトラブルを防ぐため、書面によらない贈与は履行前なら撤回することが可能です。書面によらない贈与とは何か、また、履行が撤回できるケースとはどういったものか解説していきます。 1.書面によらない贈与とは? 贈与は当事者の合意だけで成立する諾成契約といわれるものであり、贈与者が自己の財産を無償で与える意思表示をし、相手……

記事を見る

遺言執行費用は相続財産から債務控除できない

遺言執行費用は相続財産から債務控除できない

相続税の算出の際は、相続財産から被相続人の残した債務を差し引く「債務控除」が可能です。そのため、債務控除の対象となるものとならないものを判別することが大切です。ここでは、遺言執行費用は債務控除の対象になるか否かについて解説します。 1.遺言執行費用とは? 遺言執行費用とは、被相続人が残した遺言書を正しく執行するためにかかる費用を指します。具体的には、次のようなものが挙げられます。 遺……

記事を見る